日々の神の御言葉「神の国の時代は言葉の時代である」抜粋401

千年神の国の時代、あなたがこの新たな時代に入っているかどうかは、神の言葉の現実に入ったか、神の言葉があなたのいのちの中で現実となっているかどうかにかかっている。神の言葉がすべての人に告げられているのは、最後には、すべての人が言葉の世界に生きて、神の言葉がすべての人の内で導き示し、照らすためである。この間に、神の言葉を急いで不注意に読んでいて、神の言葉に何の興味ももたないのなら、それは、あなたの状態が何か間違っていることを示している。言葉の時代に入れないというのなら、聖霊はあなたの内で働いていない。あなたがこの時代に入っているのなら、聖霊はその働きをする。この言葉の時代の始まりにあって、聖霊の働きを得るために今あなたができることは何だろうか。この時代に、神はあなたがたの間で、すべての人が現実的に神の言葉の通りに生き、真理を実践し、心から神を愛することができるようにする。すべての人が神の言葉を基礎とし現実として、神に対して敬虔な心を持つことができるようにする。そして、神の言葉を実践することによって、人間は神と共に統治できる。神が成し遂げるのは、この働きだ。あなたは、神の言葉を読まずに生きていけるだろうか。今日、神の言葉を読まずには、ほんの一日や二日でもやっていけないと感じている人が大勢いる。人々は毎日言葉を読まずにはいられない。そして、もし読む時間がなければ、聞くことで十分である。これが聖霊の人間に与える感覚であり、聖霊はこのようにして人を動かし始める。つまり、神は言葉によって人を統治して、人間が神の言葉の現実へと入れるようにするのだ。もしあなたが神の言葉を飲み食いすることなくほんの一日を過ごしただけで、闇と渇きとを感じ、それを受け入れ難く感じるなら、それは、聖霊によって動かされており、聖霊があなたから離れていないことを示している。それならば、あなたは、この流れの中にいる。しかしながら、一日、二日、神の言葉を飲み食いしないで過ごして、全く渇きを覚えないのなら、そして何も変化を感じないのなら、それは聖霊があなたから離れたことを意味している。これは、あなたの心の内が正しい状態ではないということだ。あなたは言葉の時代に入っておらず、脱落したものである。神は言葉を用いて人を統治する。神の言葉を飲み食いすると、よい心持ちになる。もし神の言葉を飲み食いしないならば、従うことができない。神の言葉は人間の食物になり、人を動かす力となる。聖書には、「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言で生きるものである」とある。これが、今日神が成し遂げる業である。神はこの事実をあなたがたの内に実現する。過去の人間が何日も神の言葉を読まずにいて、それでも食べて働くことができたのは、どういうわけだろう。そして、それが今は違っているのは何故だろうか。この時代、神はおもに言葉を使ってすべてを統治する。神の言葉を通して人間は裁かれ、完全にされる。そして最終的に神の国に連れて行かれる。神の言葉だけが人のいのちを与えることができ、とりわけ神の国の時代には、神の言葉だけが光と実践の道を与えることができる。あなたが日々言葉を飲み食いして、神の言葉の現実から離れないでいる限り、神はあなたを完全にすることができる。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の国の時代には神は言葉によって人を完全にする

この時代に神は、皆が神の真理を実行し、神の言葉によって生き、心を尽くして神を愛することをあなたたちの中で実現する。神の言葉は生活の基盤ゆえ、皆神を畏れ、神の言葉に従い、共に支配し治める事を実現する。神の言葉のみ人に命を与える。実践の道を指し示しながら、神の言葉のみ人に光をもたらす。神の国の時代にはこれがより現実のものとなる。

神の言葉、それは人を治め、そして食物であり、力である。それを食べると気分が良くなり、食べないと行き先を失う。「人はパンだけでなく、神の口から出る言葉によって生きる」と聖書にあるように、神は今あなたの中でこれを実現する。神の言葉のみ人に命を与える。実践の道を指し示しながら、神の言葉のみ人に光をもたらす。神の国の時代にはこれがより現実のものとなる。この時代では、神がおもに言葉によって全てを治める。人々は裁かれ完全にされ、神の国に入ることができる。全ては神の言葉のおかげで、神の言葉のみ人に命を与える。実践の道を指し示しながら、神の言葉のみ人に光をもたらす。神の国の時代にはこれがより現実のものとなる。日々神の言葉を飲み、そして食べよ、その中の真理から離れなければ、あなたは完全にされる。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「序文」抜粋281

神と人を同等なものとして語ることはできない。神の本質と神の働きは人にとって最も深遠で理解しがたい。神が人の世でみずから働きを行わず、言葉を話さなかったら、人は決して神の意志を理解することはできないし、全生涯を神に捧げてきた人々でさえ、神の承認を得ることはできない。神の働きがな…

日々の神の御言葉「神と人は共に安息に入る」抜粋595

万物の終わりが近づいたということは、神の働きが終わったことを示し、人類の発展の終わりを示す。このことは、サタンによって堕落させられたときの人類は発展の終わりを迎えた、そしてアダム、エバの子孫たちは、彼らそれぞれの終焉に向かって増えていったことを示し、さらに、サタンに堕落させられた…

日々の神の御言葉「働きと入ること(9)」抜粋252

人間の働きのために神は多くの眠れぬ夜を過ごした。神は、遥かな高みから深淵へ、人間が生活する生き地獄まで降りて、人間と共に過ごし、決して人間の卑しさに不平を漏らしたり、人間の不従順を咎めたりせず、自ら働きを行いながら最大の屈辱に耐えている。どうして神が地獄に居られたのだろうか。どう…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第十四章」抜粋366

わたしは日々、宇宙の上に立ち、観察し、人間の生活を経験するために、わたしのすみかに謙虚に身を隠し、人間の行いすべてをよく観察する。誰一人、本当に自身をわたしに捧げたことがない。誰一人、真理を追求した者はない。誰一人、わたしに良心的であった者はない。誰一人、わたしの前で誓いを立て、…