日々の神の御言葉「神の前で心を静めることについて」抜粋419

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。

 1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。

 2.神の前で静まった心で、神の言葉を飲み食いし、享受する。

 3.心で神の愛について黙想・沈思し、神の働きについて熟考する。

 まず祈ることから始めなさい。精神を集中して、決められた時間に祈りなさい。時間的にどれほど切迫していても、どれほど多忙でも、またどんなことがあっても、いつものように日々祈り、神の言葉をいつものように飲み食いしなさい。神の言葉を飲み食いしている限り、周りの状況がどうであれ、霊はひときわ喜びを覚える。また、周囲の人や出来事や物事に悩まされることもない。常時神のことを心の中で黙想していれば、それ以外の出来事に煩わされることはない。それが、霊的背丈があるということである。まず祈りから始めなさい。神の前で安静に祈るのが最も効果的である。その後は神の言葉を飲み食いし、神の言葉に思いを巡らせ、光を得て、実践の道を見出し、神が発した言葉の目的を知り、偏ることなく理解するよう努めなさい。普段から、外部の物事に心を乱されることなく、心の中で正常に神へと近づき、神の愛について黙想し、神の言葉を熟考しなさい。熟考できるほど心が安らいでおり、どのような環境にいようとも、心の中で神の愛について黙想し、本当に神に近づき、最終的に心の中で神を讃美する程度に達したなら、それは祈りにも勝ることであり、その点においてあなたはある程度の霊的背丈を有している。以上の状態に達することができるなら、それはあなたの心が神の前で真に静まっている証拠である。それが第一段階であり、基本的な訓練である。神の前で静まることができて初めて、人は聖霊によって感動し、聖霊から啓きと照らしを受けることが可能となる。またその時初めて真に神と交わることや、神の旨と聖霊の導きを把握することが可能となる。その際、人は自分の霊的生活において正しい道を歩きだしたことになる。神の前で生きる訓練をしてある程度に達し、それによって自分自身に反抗し、自分自身を忌み嫌い、神の言葉の中で生きられるようになれば、それがまさに神の前で自分の心を静めるということである。自分を忌み嫌い、呪い、自分に反抗することができるのは、神の働きが達成する成果であるが、人間には不可能である。したがって、神の前で自分の心を静めることは、人がただちに入るべき課題である。普段から神の前で自分の心を静めることができないだけでなく、祈る時でさえ心が静まっていない者もいる。これは神の基準からまったくかけ離れ過ぎている。自分の心を神の前で静められなければ、聖霊によって感動することがあり得ようか。神の前で静まることができないのであれば、誰かが来ると気が散り、人が話していても気が散ってしまい、他人が何かをしていれば心がそれに惹きつけられ、ゆえにあなたは神の前で生きる者ではない。あなたの心が神の前で本当に静まっているのであれば、外の世界で何が起きていようとそれに煩わされず、どんな人や出来事や物事にも心を奪われることはない。あなたがこのような境地に入るなら、それらの否定的な状態や、人間の観念、処世哲学、人間同士の異常な関係、意見や考えなどといったすべての否定的なものは自然となくなるだろう。あなたは常に神の言葉を熟考し、あなたの心はいつも神に近づき、神の実際の言葉で満たされているので、そうした否定的な物事は無意識のうちに取り去られる。肯定的な新しい物事があなたの心を占めるとき、否定的な古い物事が入る余地はなくなるので、そうした否定的な物事に注目してはならない。そうした物事を操ろうとして努力する必要はない。神の前で静まることに注意を払い、神の言葉をもっと飲み食いして享受し、もっと多くの賛美歌を歌って神を讃え、神があなたに働きかける機会を与えなさい。なぜなら、神は今自ら人々を完全にすること、そしてあなたの心を獲得することを求めているからである。神の霊はあなたの心を感動させる。そしてあなたが聖霊の導きに従って神の前で生きるならば、あなたは神を満足させるだろう。神の言葉の中で生きることに心を配り、聖霊の啓きと照らしを得るべく真理に関する交わりにより専念するなら、それらの宗教的観念や独善、自惚れは消え去り、神のためにどう自分を費やし、どのように神を愛し、どのように神を満足させればよいかを知るだろう。神以外の物事は、その時無意識のうちに忘れられる。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。