日々の神の御言葉「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」抜粋500

神は現実と事実を用いて、人々を完全にする。神の言葉は、人間を完全にするための働きの一部であり、これは導きの働き、道を開かれるということなのだ。いわば、神の言葉によって人は実践の道を見出し、ビジョンに対する認識を見出さなければいけないのだ。これらのことを理解していれば、実践の中に道とビジョンを得、神の言葉によって啓くことができよう。これらのことは神から出たものであると理解し、多くを識別できる。理解した後、ただちにこの現実に入り、神の言葉によって、現実の生活において神を満足させなければならない。神は、あらゆることであなたを導き、実践の道を示し、神のすばらしさを感じさせ、神の働きのあらゆるもの全ては、あなたを完全にするためのものであることが理解できるようにしてくれる。もし神の愛を知りたいのなら、もし神の愛を真に体験したいのなら、現実に深く入らなければならず、現実の生活に深く入らなければならない。そして、神のすることはみな愛であり、救いであり、人間が汚れたものを捨て去り、内にある神の心を満たすことのできないものを練られるようにするためだということを理解しなければならない。神は、人間にいのちを供給するために言葉を用いる。また、人間が体験できるよう、現実の環境を創る。そして、もし人間が神の言葉を多く飲食するならば、それを実践したとき、神の言葉を用いれば、現実の問題をみな解決できる。つまり、現実を深く入るには、神の言葉を身につけていなければいけないということなのだ。神の言葉を飲み食いしなければ、また、神の働きがなければ、生きるうえでの道を見いだすことがない。神の言葉を飲み食いすることがなければ、何か起こった時に惑うことになる。神を愛することだけを知り、識別することを知らなければ、また、実践の道を知らなければ、あなたは惑い、混乱して、時には肉の欲求を満たすことが神の心にかなうことだと思い込む。こうしたことはみな、神の言葉を飲み食いしていないから起こることなのだ。つまり、神の言葉を助けにすることなく、現実の中で手探りしているだけでは、根本的に実践の道を見出すことができないのだ。こうした人は、神を信じるということがどういうことなのかを全く知らず、まして、神を愛するということがどういうことかを理解していない。もし神の言葉の啓きと導きとに従ってしばしば祈り、探り、求め、それによって実践すべき事柄を見いだし、聖霊の働きの機会をみつけ、真に神と協力し、惑い混乱することがないなら、現実の生活に道を見出し、本当に神を満足させることになる。神を満足させれば、あなたの心の内に神の導きがあり、神から格別の祝福を受ける。すると、喜びを覚える。あなたは神を満足させたことを特に光栄に感じ、特に内に光を感じ、心は明瞭で安らかである。意識は穏やかで、責められることがない。また、兄弟姉妹を見ると、心楽しい。これが神の愛を享受するということであり、これだけが真に神を喜ぶということなのだ。神の愛を享受するということは経験によって得られる。苦難を経験し、真理を実践し、神の祝福を受ける。神が本当に愛してくれると神は人々に重い代価を払い、神は忍耐強く、やさしく多くの言葉を話し、いつでも人々を救ってくれると口にするだけなら、あなたが言うこれらの言葉は神にある喜びの一面に過ぎない。もっと現実的な喜びは、真理を現実の生活で実践することだ。そうすると、心は安らかで明晰になり、内に深い感動を覚えるだろう。そして、神はほんとうにすばらしいお方で、自分の払った代価は十分に価値あるものだと感じるだろう。大きな代償を払って努力したあなたは、とりわけ明るい気持ちになるだろう。自分が真に神の愛を受けていて、神が人々に救いの働きをし、神が人々を練るのは清めるためであり、神が人々を試すのは、本当に神自身を愛しているかどうかを調べるためだということがわかるのだ。もしあなたがいつでもこのように真理を実践するなら、徐々に神の働きについての明確な認識を身につけ、そうしたときいつでも、神の言葉が水晶のように明瞭であると感じるようになる。多くの真理を明確に理解できるなら、すべてのことは容易に実践でき、問題を乗り越え、誘惑に打ち勝てると感じ、また、困難なことは何もないとわかる。そうすると、ほんとうに解放され、自由な状態になる。そのとき、あなたは神の愛を享受し、神の真の愛があなたのものになる。神はビジョンを持つ者、真理を得、認識を得、心から神を愛する者を祝福する。神の愛を得たいのなら、日々の生活の中で真理を実践しなければいけない。進んで苦痛に耐え、愛するものを捨てて神を満足させ、たとえ涙することがあっても、神の心を満足させるのでなければいけない。そうすれば、神は必ずあなたを祝福する。そして、もしそうした困難を耐え忍ぶなら、聖霊の働きが行われるだろう。現実の生活の中で神の言葉を経験することで、人々は神の愛すべきことがわかるのであり、神の愛を経験してはじめて、人は真に神を愛せるのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の愛を実生活で味わなければならない

神の愛を実生活で味わなければならないもしあなたが神の愛を見出し、体験したいと願うなら、現実の中へ深く入り、神の行うことは全て救いと愛であり、神の意志を満たせない内なるものをすべて精錬し、あなたにけがれを捨てさせるためであることを知らなければならない。もしあなたが神の愛を見たいと願うなら、あなたは真理を実生活で実践し、自ら進んで痛みに耐え神を満足させるために、あなたの愛するものを捨てなければならない。そうすれば、目に涙が浮かんでも、あなたは神の心を満たすことができる。こうして、あなたは神に祝福される。聖霊はあなたがこのような困難に耐えたのち、働くだろう。

もし神の言葉の啓示や導き、また探求や祈りを通して、聖霊が働く機会とあなたが実践すべきことを見つけ、ほんとうに神と協力し、当惑することも混乱することもなければ、あなたは実生活の中で道を見つけ、神を満足させるだろう。もしあなたが神の愛を見たいと願うなら、あなたは真理を実生活で実践し、自ら進んで痛みに耐え神を満足させるために、あなたの愛するものを捨てなければならない。そうすれば、目に涙が浮かんでも、あなたは神の心を満たすことができる。こうして、あなたは神に祝福される。聖霊はあなたがこのような困難に耐えたのち、働くだろう。

あなたが神を満足させた時、神の導きがあなたの内にあるだろう。あなたは神にとても祝福され、心から喜びを感じるだろう。あなたは神の意志を満たしたことをとても光栄に思うだろう。あなたの良心は慰められ、あなたの心は平安で晴れやかであろう。あなたは兄弟姉妹に会う時、うちに喜びを感じるだろう。これが神の愛を味わうということだ。そしてこれこそが本当に神を楽しむことだ。もしあなたが神の愛を見たいと願うなら、あなたは真理を実生活で実践し、自ら進んで痛みに耐え神を満足させるために、あなたの愛するものを捨てなければならない。そうすれば、目に涙が浮かんでも、あなたは神の心を満たすことができる。こうして、あなたは神に祝福される。聖霊はあなたがこのような困難に耐えたのち、働くだろう。

神の素晴らしさは実生活と神の言葉のすべてを通してわかる。あなたは神がどれほど愛すべき方か。神の言葉を経験することによって知ることができる。あなたが神の愛を味わいさえすれば、あなたは神をまことに愛するだろう。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「序文」抜粋281

神と人を同等なものとして語ることはできない。神の本質と神の働きは人にとって最も深遠で理解しがたい。神が人の世でみずから働きを行わず、言葉を話さなかったら、人は決して神の意志を理解することはできないし、全生涯を神に捧げてきた人々でさえ、神の承認を得ることはできない。神の働きがな…

日々の神の御言葉「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋5

人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を作り出す…

日々の神の御言葉「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋285

当時のユダヤ人はみな旧約聖書を読んでいて、男の子が飼い葉桶の中で生まれるというイザヤの預言を知っていた。それにもかかわらず、なぜ彼らはイエスを迫害したのか。彼らの反抗的本性と聖霊の働きに対する無知のためではないだろうか。当時、パリサイ人は、イエスの働きは預言された幼児について彼ら…

日々の神の御言葉「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋3

神は被造物に対して悪意はなく、サタンを負かすことだけを願っている。神の働きのすべては――それが刑罰であろうと裁きであろうと――サタンに向けられている。それは人類の救いのために実行され、すべてサタンを負かすためであり、目的はひとつである。それはサタンと最後まで戦うことである。そして…