日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 508

人がサタンの影響下に陥ると、その人の中に神への愛はなく、それまでのビジョン、愛、そして決意は消え去ってしまう。人々はかつて、自分は神のために苦しまなければならないと感じていたのに、今はそうすることを恥と考え、不平不満に事欠かない。これがサタンの働きであり、人がサタンの支配下に陥ったしるしである。この状態に陥ったならば祈りを捧げ、できるだけ早くそれをひっくり返さなければならない。そうすればサタンの攻撃から守られる。人がサタンの支配下に最もたやすく陥るのは苦しい精錬のさなかである。では、そのような精錬において、あなたはどのように神を愛するべきなのか。自分の意志を奮い立たせ、自分の心を神の前で晒し、自分の時間を残らず神に捧げるべきである。神がどのようにあなたを精錬しても、あなたは真理を実践して神の旨を満たし、自ら神を求め、交わりを求めるべきである。そのようなときは消極的になればなるほど否定的になり、容易に後退してしまう。自分の役割を果たすことが必要なときは、たとえうまくそれを果たせないにしても、ただ神への愛を使ってできる限りのことを行ないなさい。あなたがうまく行ったとか失敗したなどと他人は言うだろうが、他人が何を言おうとあなたの意図は正しく、あなたは独善的ではない。あなたは神のために行動しているからである。他人があなたを誤解しても、あなたは神に祈り、このように言うことができる。「ああ、神よ。他人が私に寛容であることも、私をよく扱うことも私は願いませんし、私を理解したり認めたりすることも願いません。心の中であなたを愛することができ、心穏やかになり、良心が澄み切っていることだけを願います。他人が私を賞賛することや高く評価することを私は願いません。あなたに満足していただくことを心から願うだけです。私はできる限りのことを行なって自分の役割を果たします。私は愚かで分別がなく、素質に乏しく盲目ですが、あなたが素晴らしいことはわかっておりますので、私がもつすべてのものを喜んであなたに捧げます」。このように祈ったとたん、神に対するあなたの愛が現われ、あなたの心は大いに安心する。これが神への愛を実践するということである。経験を重ねるにつれ、二回失敗しても一回成功し、五回失敗しても二回成功するようになるだろう。このように経験を重ねるうち、あなたは失敗の中でのみ神の素晴らしさを理解し、自分に欠けているものを見出すだろう。次にこのような状況に遭遇したら、自分自身に注意を払い、歩みを加減し、より頻繁に祈るべきである。そうすれば、そのような状況で勝利する力を徐々に得るだろう。そうなったとき、あなたの祈りには効果があったのである。今回勝利したのがわかれば、あなたは内なる喜びを感じ、祈るときに神を感じることができ、聖霊の存在が自分のもとを去っていないことがわかるだろう。そのとき初めて、自分の中で神がどのように働くのかがわかるのである。このように実践することで、あなたは経験に至る道を得る。真理を実践しなければ、あなたの中に聖霊の存在はない。しかし、ありのままの物事に遭遇した際に真理を実践すれば、たとえ内側で傷ついても、その後は聖霊があなたと共にいて、祈りの際に神の存在を感じることができ、神の言葉を実践する力をもつ。そして、兄弟姉妹との交わりにおいて、あなたの良心の重荷となるものはなくなり、あなたは平安を感じる。このようにして、自分が行なってきたことを明らかにできるのである。他人が何を言おうと、あなたは神との正常な関係をもつことができ、他人に制約されず、あらゆるものを超越する。そしてその中で、神の言葉の実践が効果的であったことを実証するのである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「真理を実践しない人への警告」抜粋605

進歩のために努力しない人は、他の人も自分同様に消極的で怠惰であることを常に望む。真理を実践しない人は、真理を実践する人に嫉妬しており、頭が混乱している人や分別がない人をいつも惑わそうとする。彼らが放つものはあなたを堕落させ、引きずり落とし、異常な状態を引き起こし、闇で満たすこと…

日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 141

今日神の働きを知るということは、大方は、終わりの日の受肉した神を知ること。神の主要な務めが何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来、去る前に模範を示すと述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地のいたるところ…

日々の神の御言葉「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」抜粋397

神に従う中で最も重要なのは、すべては神の現在の言葉に拠らねばならないということである。いのちへの入りを追い求めているのであれ、神の旨を成就させることを追い求めているのであれ、すべては神の現在の言葉を中心にしなければならない。あなたが交わり、そして追い求めるものが神の現在の言葉を…

日々の神の御言葉「聖書について(3)」抜粋271

聖書にあることがみな、神が自ら語った言葉の記録というわけではない。聖書はただ、神の働きのうち以前の二段階を記載しているに過ぎない。その一部は預言者たちによる預言の記録で、別の一部は各時代で神に用いられた人々の経験と認識である。人間の経験には人間の意見や認識が紛れ込んでいるが、それ…