真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

Recital-the-word-appears-in-the-flesh
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

カテゴリ

Recital-latest-expression
言葉は肉において現れる(続編)朗読

わたしは地上でわたしに従う者たちを多く求めてきた。その従う者たちの中には、祭司として奉仕する者たち、指導する者たち、神の子となる者たち、民を構成する者たち、そして奉仕をする者たちがいる。わたしは彼らがわたしに示す忠誠心に従って、これらの幾つかの種類に分ける。あらゆる人が種類によって分類されるとき、つまり、それぞれの人の性質が明らかにされるとき、わたしは一人一人を適切に分類し、その人たちを適切な場所に配置しよう。そうすることでわたしは人類の救いの目的を実現できるからである。順番に、わたしが救ってわたしの家に戻したいと願っている人たちのグループを呼び、それから終わりの日のわたしの働きを受けいれることを許す。それと同時に、わたしは種類に従って人を種類分けし、その人の行いに応じてそれぞれに報酬か罰を与える。それらがわたしの働きを構成する段階である。

今わたしは地上で生活し、人々の中で生きている。すべての人はわたしの働きを体験し、わたしの発言を観察している。それと共に、わたしはわたしに従って来る人たちすべてに真理を授け、その結果彼らがわたしからいのちを受け、自分の辿る道を得るようにする。というのは、わたしはいのちを与える神であるからだ。長年のわたしの働きで、人は多くを受け取り、多くを捨ててきたが、やはりわたしは、人がわたしを忠実に信じていないと言う。なぜなら、人はわたしが神であることを単に口先で認めるだけで、わたしが話す真理には同意せず、ましてやわたしが彼らに求める真理を実践することは尚更ない。つまり、人は神の存在を認めるだけで、真理の存在は認めない。人は神の存在を認めるだけで、いのちの存在は認めない。人は神の名を認めるだけで、神の本質は認めないのである。人は熱心であるがゆえに、わたしには忌まわしい存在となってしまった。人はわたしを欺くために、耳に心地よい言葉を用いているだけで、だれもわたしを心から礼拝しない。あなたがたの言葉には蛇の誘惑がある。更には、あなたがたの言葉は極端に傲慢で、大天使による正真正銘の声明である。さらに、あなたがたの行いはズタズタで恥ずかしいほどちぎれており、あなたがたの度を過ぎた願望や強欲なもくろみは聞くに不快である。あなたがたはすべてわたしの家で蛾になり、嫌われて捨てられる対象となった。あなたがたの誰も真理を愛する者たちではなく、むしろ祝福を欲し、天に昇るのを欲し、キリストが地上で権力を振るう荘厳な姿を見たいと欲する人でしかない。あなたがたのように酷く堕落してしまっていて、神という存在を全く知らない人間が、神に従う価値があるかどうかを考えたことはあるか。あなたがたがどのようにして天に上げられることができるだろうか。あなたがたは、先例のないほどに輝く、荘厳なものを見るにふさわしいと言えるのか。あなたがたの口は欺きと卑猥な言葉、裏切りと傲慢な言葉で満ちている。あなたがたはわたしの言葉を経験しても、一つとして誠実な言葉も、聖い言葉も、服従の言葉も語ったことがない。あなた方の信仰は最終的にどのようなものになるだろうか。あなたがたの心は欲求と富で満ちており、あなたがたの頭の中は物質的なもので満ちている。あなたがたは日々、わたしから何かを得ようと計算しており、獲得した富と物質がどれくらいあるかを計算している。毎日、あなたがたはもっと祝福が施されるよう待っている。その結果もっと大きな、もっと良いものを楽しめるかもしれないからである。いつもどんな時もあなたがたの考えにあるのは、わたしでもわたしから来る真理でもなく、むしろ夫(妻)、息子や娘たちや、食べたり、着たりするもの、そしてどうやってもっと楽しく過ごすかということである。たとえお腹が一杯になっても、あなたがたは依然として死体ほどでしかない存在ではないか。たとえあなたがたの外見を立派に着飾っても、いのちのない、歩く死体に過ぎないのではないか。あなたがたは白髪が生えるまで、腹を満たすために一生懸命働くが、だれもわたしの働きのためにうぶ毛一本さえ犠牲にしようとはしない。あなたがたは自分の肉のため、息子娘たちのためにいつも働きづめで、体を酷使して頭を悩ますが、だれもわたしの旨に配慮を示すことはない。あなたがたはわたしからこれ以上何を得たいと思っているのか。

わたしは決して自分の働きを急ぐことはない。人がどのようにわたしに従っても、わたしはそれぞれの段階に合わせて、わたしの計画通りに働きをする。だから、あなたがたがどれほどわたしに反抗しても、わたしは自分の働きを止めることはなく、わたしが思う通りに話し続ける。わたしがあらかじめ定めておいた人たちをすべてわたしの家に招き、わたしの言葉の聴衆とし、わたしの言葉に従い、慕い求める人たちすべてを玉座の前に置く。わたしの言葉に背を向ける者たちや、またわたしに従い服従することをしない者たちや、公然とわたしに反抗する人たちは彼らの最後の罰を待つためにわきに投げ捨てられるだろう。あらゆる人たちは堕落のただ中に生き、悪魔の手の下で生活をしているので、わたしに従っている多くの人たちが実際真理を慕い求めているわけではない。すなわち、わたしを真の心で、あるいは真理をもって礼拝している人たちはほとんどおらず、むしろ堕落、反抗、欺きの方法でわたしの信頼を獲得しようとしている。だから、わたしが「招かれる者は多いが、選ばれる者は少ない」というのだ。招かれた人たちはみな酷く堕落しており、同じ時代に生きているが、選ばれる人たちは真理を信じ認め、真理を実践するだけである。これらの人たちは全体のほんの少しで、これらの人たちから、わたしはさらに栄光を受けるだろう。これらの言葉に照らし合わせて、あなたがたは選ばれた人たちの中にいるかどうかわかるだろうか。あなたがたの行く末はどうなるだろうか。

わたしに従う者はたくさんいるが、わたしを真の心で愛すものは少ないとわたしはすでに言った。おそらく、ある人たちは「もしあなたを愛していなかったら、私はあれほどの代価を払ったでしょうか。もしあなたを愛していなかったら、ここまであなたに従ったでしょうか」と言うだろう。確かに、あなたには多くの理由がある。そして確かに、あなたの愛は非常に大きいが、あなたのわたしに対する愛の本質は何だろうか。「愛」とは、そう呼ばれるように、純粋で汚れのない感情のことで、心を用いて愛し、感じ、そして思いやりを持つことを意味する。愛には条件も、障害も、距離もない。愛には、疑いも、欺きも、ずる賢さもない。愛には、距離もなく汚れた物は何もない。もしあなたが愛しているなら、あなたは欺くことも、不満を言うことも、裏切ることも、反抗することも、強要することも、何かを得るために求めることも、特定の量を得るために求めることもしない。もしあなたが愛しているなら、あなたは喜んで犠牲にし、困難に耐え、わたしに味方するだろう。わたしのためにあなたの家族や、将来や、青春や、結婚などすべてを放棄するだろう。そうでなければ、あなたの愛は全く愛ではなく、欺きで裏切りである。あなたの愛はどんな愛だろうか。それは真の愛だろうか。偽りの愛だろうか。あなたはどれだけ捨てただろうか。どれだけ捧げてきただろうか。わたしはあなたからどれだけ愛を受けただろうか。あなたは知っているだろうか。あなたがたの心は悪と裏切りと欺きで満ちている。そうであれば、あなたがたの愛にはどれだけ不純物が含まれるだろうか。あなたがたはわたしのためにもう十分断念して来たと思っている。あなたがたのわたしに対する愛はもう十分だと考えている。だがそれならなぜ、あなたがたの言葉や行動はいつも反抗と欺きを伴っているのか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしの言葉を認めていない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、わたしをわきに寄せている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、わたしを信頼していない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしの存在を受け入れることができない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでもわたしをわたしとして取り扱わず、あらゆる節目で、わたしが多くの事で困るようにしている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに従っているが、それでも、あらゆる事に関してわたしをごまかそうとし、わたしを欺こうとしている。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはわたしに仕えているが、わたしを畏れていない。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたはすべての点で、またすべてのことにおいてわたしに反対している。これは愛と考えられるだろうか。あなたがたが多くを犠牲にしたことは本当だが、わたしがあなたがたに求めたことを全く実践して来なかった。これを愛と考えることはできるだろうか。注意深く計算してみると、あなたがたの中には少しもわたしに対する愛が暗示されていないことがわかる。わたしが提供してきた長年の働きと多くの言葉から、実際あなたがたはどれだけを得てきただろうか。これは振り返る価値があるのではないか。わたしはあなたがたに忠告する。わたしが招く人たちは一度も堕落したことがない人たちではない。そうではなく、わたしが選ぶ人たちはわたしを真に愛している人たちである。だから、あなたがたは言葉と行いにおいて油断することなく、あなたがたの意図や考え方を吟味し、一線を超えないようになければならない。この終わりの時、わたしの前にあなたがたの愛を捧げることができるよう最善を尽くしなさい。さもないと、わたしの怒りがあなたがたから離れることはない。

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

神の現れによる新時代の到来 神は人のいのちの源である 神の裁きと刑罰に神の出現を見る 神の経営の中でだけ人は救われる 七つの雷が轟く -- 神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である キリストに味方しない者は確実に神の敵だ 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない キリストと融和する道を探せ あなたは本当に神を信じているのか キリストは、真理を以て裁きの働きを行う 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか 終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる あなたは誰に忠実か 三つの忠告 神の性質を理解することの並ならぬ重要性 神は全人類の運命を支配する 全能者のため息 信者はどんな見解を持つべきか 堕落した人間は神を体現することができない 宗教奉仕を取り締まるべきである 神を信じているなら神に従うべきだ 完全にされた人々への約束 悪人は罰せられなければならない 現実をどのように知るか 神の心にかなう奉仕とは 千年神の国は訪れた 実践的な神は神自身であることを知るべきである 今日の神の働きを知るということ 神の働きは人間が想像するほど簡単か あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである 肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い 神の信仰は宗教的儀式でなく現実に焦点を合わせるべきである 今日の神の働きを知る人々のみ神に仕えることができる 神の国の時代は言葉の時代(前半) 神の国の時代は言葉の時代(後半) すべてが神の言葉によって達成される(前半) すべてが神の言葉によって達成される(後半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (前半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (後半) 「千年神の国は訪れた」についての短い話 神を知る者だけが、神の証人となることができる ペテロはどのようにイエスを知るようになったか 神を愛する者たちは永遠に神の光の中に生きる あなたは生かされたか 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである 二度の受肉が受肉の意義を完成させる 三位一体は存在するのか(前半) 三位一体は存在するのか(後半) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート1) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート2) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート3) 将来の使命にどのように取り組むべきか 神について何を理解しているのか 本物の人とは何を意味するか あなたは信仰について何を知っているか 肉なる者は誰も怒りの日を逃れることはできない 福音を広める働きは、人を救う働きでもある 律法の時代における働き 贖いの時代における働きについての真実 あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (前半) あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (後半) 呼び名と身分について(前半) 呼び名と身分について(後半) 自己の観念で神を規定している人がどうして神の啓示を受けることができるだろうか 神とその働きを知る者だけが神の心にかなう 受肉した神の職分と人間の本分の違い( 前半) 受肉した神の職分と人間の本分の違い ( 後半) 神はすべての被造物の主である 神の働きと人の働き(前半) 神の働きと人の働き (後半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(前半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(後半) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている (パート1) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている (パート2) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている(パート3) 神の宿る肉の本質 (前半) 神の宿る肉の本質 (後半) 神の業と人間の実践(前半) 神の業と人間の実践(後半) キリストの本質は父なる神の心に従うことである 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (前半) 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (後半) 神と人は共に安息に入る(パート1) 神と人は共に安息に入る(パート2) 神と人は共に安息に入る(パート3) 祈りの実践について 新時代の戒め 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋 (パート1) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート3) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート4) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋( パート1) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋 パート2 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート1) 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋( パート1) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋 (パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート3) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート4) 神の国の時代に神に選ばれし人々が従わなければならない行政命令10項目 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 パート1 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 (パート2) 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋( パート3) 四番目の言葉 五番目の言葉 六番目の言葉 七番目の言葉 八番目の言葉 九番目の言葉 十番目の言葉 十一番目の言葉 十二番目の言葉 十三番目の言葉 十四番目の言葉 十五番目の言葉 十六番目の言葉 十七番目の言葉 十八番目の言葉 十九番目の言葉 二十番目の言葉 二十一番目の言葉 二十二番目の言葉 二十三番目の言葉 二十四番目の言葉 二十五番目の言葉 二十六番目の言葉 二十八番目の言葉 二十九番目の言葉 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている (後半) 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている(前半) 地上の神をどのように知るか 神の働きを経験する者のみが真に神を信じる 完全にされた者だけが意義ある人生を送ることができる 二十七番目の言葉

00:00
00:00

0件見つかりました