全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

Recital-the-word-appears-in-the-flesh
終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

カテゴリ

Recital-latest-expression
言葉は肉において現れる(続編)朗読

あなたがたは千年神の国のビジョンをどのように捉えているのだろう。ある人たちは、そのことについて大いに考え、千年神の国は地上で千年続くだろうと言う。それなら、教会の年長の信者で未婚の者は、結婚しなければならないのだろうか。私の家族にお金がないから自分は、お金を稼ぐべきだろうか。…千年神の国とは何か。あなたがたは知っているだろうか。人々の目はかすんでおり、そのために随分苦心している。実のところ、千年神の国はまだ公けには到来していない。人々を完全にする過程においては、千年神の国はまだその縮図に過ぎない。神によって語られた千年神の国の時には、人は完全になっているのである。かつては、人々は聖徒たちのようになり、シニムの地にしっかり立つようになると言われていた。人々が完全になる時にはじめて――即ち、神が語るところの聖徒となる時――千年神の国は到来するのである。神が人々を完全にする時、神は彼らを清め、人々は清くなればなるほど、神によってより完全にされる。汚れ、反抗、敵対心、あなたの中にある肉に属するものが取り除かれ、清められる時、あなたは神に愛されるであろう(言い換えれば、あなたは聖徒になるのだ)。あなたが神によって完全にされ、聖徒になった時、あなたは千年神の国に入るであろう。今は神の国の時代である。千年神の国の時代では、人々は神の言葉に依存して生き、あらゆる国の民たちが神の名のもとに集い、神の言葉を読むために来る。その時、電話を使ったり、ファクスを送ったりする人たちもいるだろう…彼らは神の言葉に触れるためにあらゆる手段を用いるだろう。そして、あなたがたも神の言葉の下に集うだろう。これらのすべてのことは、人々が完全にされた後で起こることである。今日人々は言葉を通して完全にされ、精練され、啓発され、導かれている。これが神の国の時代であり、人々が完全にされる段階であり、千年神の国の時代とは全く関連がない。千年神の国の時代では、人々はすでに完全になっており、彼らの中の堕落した性質は清められている。その時、神が語る言葉は人々を一歩一歩導き、天地創造の時から今日に至るまでの神の働きの奥義をすべて明らかにする。神の言葉は、人々にそれぞれの時代と日々の神の業について語り、神がどのように人々を内面から導くか、神が霊界で為す働きについて、また霊界の状態について語る。その時初めて本当に言葉の時代が訪れる。今はその縮図にすぎない。人々が完全にされず、清められなければ、地上で千年も生きるすべはなく、肉体が朽ちることは避けられない。人々の内面が清められ、もはやサタンと肉に属さないなら、人々は地上で生き残れるだろう。今の段階ではあなたはまだ目がかすんでいるから、あなたがたが経験するのは神を愛すること、そしてあなたがたが地上で生きる日々、神のために証しすることである。

「千年神の国の到来」は予言であり、預言者の予言に類似しており、その中で神は将来起こることを予言する。神が将来話す言葉と神が今日話す言葉は同じではない。将来の言葉は時代を導き、一方、今日神が語る言葉は人々を完全にし、精練し、取り扱う。将来の言葉の時代は今日の言葉の時代とは異なる。今日、神によって語られるすべての言葉は――神が語る手段に関係なく――要するに、人々を完全にし、人々の中にある汚れを清め、彼らを神の前に聖別し義とするためのものである。今日語る言葉と、将来語る言葉は二つの別個の事柄である。神の国の時代に語られる言葉は人々をあらゆる訓練に入らせ、人々をすべてのことにおいて正しい道に連れ戻し、彼らの中にある汚れたものをすべて取り除くためのものである。それがこの時代に神がすることである。神は一人ひとりの中に言葉の基礎を創り、言葉をすべての人の命とし、あらゆる時に、言葉よって彼らを内面から照らし導く。人々が神の心に心を留めない時は、神の言葉は内側から彼らを責め懲らしめる。今日の言葉は、他でもない人の命であり、人が必要なものすべてを直接供給する。人の内面に欠けているものは、すべて神の言葉によって満たされ、神の言葉を受け入れる者たちは皆神の言葉を飲食することによって教え導かれる。未来に神によって語られる言葉は、全宇宙の人々を導く。今日、これらの言葉は中国でしか語られていないので、全宇宙で語られている言葉を代表するものではない。神は千年神の国が到来する時に初めて全宇宙に向けて語るのである。今日神によって語られる言葉はすべて人々を完全にするためであることを承知しなさい。この段階で神が語るによって語られる言葉は、人々の必要を満たすためであって、あなたが神の奥義を知ったり、神の奇跡を見るようになるためではない。神が多くの手段を通して語るのは人々の必要を満たすためである。千年神の国の時代はまだ到来していない――ここで言う千年神の国の時代とは神の栄光の日である。ユダヤにおけるイエスの働きが完了した後、神は働きを中国本土に移し、もう一つ別の計画を創り出した。神はあなたがたに対してその別の働きを行う。つまり、神は言葉で人々を完全にする業を行い、言葉を使って人々に多くの苦痛を体験させ、また多くの恵みを得させる。その過程における業は勝利者たちを生み出す。神がその勝利者たちを創った後、彼らは神の業を証しできるようになり、現実をその通りに生きることができるようになり、本当に神を満足させ、死に至るまで神に忠実でいることができ、このようにして神は栄光を受ける。神の栄光がたたえられ、神がこの人々の一団を完全にする時、千年神の国の時代になるのだ。

イエスが地上にいたのは33年半であり、十字架の業を成し遂げるために地上に来た。イエスの磔刑を通して、神は部分的に栄光を受けた。神が肉となって来た時は、へりくだり、目立たつことはなく、途方もない苦しみに耐えることができた。イエスは神自身であったが、それでもあらゆる辱めと悪口雑言に耐え忍び、また贖いの業を完了するために十字架に釘付けにされるという激痛に耐えた。この段階の働きが終了した後、人々は神が大いなる栄光を受けるのを見たが、それは神の栄光のすべてではなかった。それは神の栄光のほんの一部分であり、神はそれをイエスによって得たのである。イエスは、あらゆる困難に耐え、へりくだり、目立たず、神のために磔刑につくことを成し遂げたが、神は栄光の一部を得ただけで、その栄光はイスラエルで得た。神にはさらに別の栄光がある。それは、地上に来て実際に働き、一つの会衆を完全にすることである。イエスは彼の働きにおいて超自然的なことをいくつか為したが、その段階の働きは、しるしと奇跡を行うためだけでは決してなかった。それはおもに、神のために苦しみ、十字架にかかることができることを示すためであった。神を愛するが故にイエスは極度の苦痛に耐えることができ、神がイエスを見捨てたにもかかわらず、神の意志のために喜んで命を犠牲にすることを示すためであった。神がイスラエルでの働きを終え、イエスが十字架に釘付けにされた後、神は栄光を受け、神はサタンの前で証しした。あなたがたは、神が中国でどのように肉となったのかは知らないし、見てもいない。どうしてあなたたちが、神が栄光を受けるのを見ることができようか。神があなたがたに対して多くの征服の働きをし、あなたがたがしっかりと立つならば、神のこの働きは成功であり、これは神の栄光の一部となる。あなたがたが見るのは唯一このことである。そして、あなたがたはまだ神によって完全にされていないし、あなたがたはまだ心を完全に神に捧げていない。あなたがたはまだこの栄光の全容を見ていない。神がすでにあなたがたの心を征服したこと、あなたがたは決して神から離れることはできず、最後の最後まで神に従い、あなたがたの心は変わらないことを知るだけである。これが神の栄光である。あなたがたはどこに神の栄光を見るのか。人々の中に働く神の業の成果に、それが表されているのである。人々は、神がとても愛すべき存在であることを知り、心の中に神を抱き、神から離れることを望まないこと。即ちこれが神の栄光である。教会の兄弟姉妹たちの力が生じて、心から神を愛し、神の働きの絶大な力、神の言葉の比類のない力を見ることができる時、それは神の栄光となる。また、神の言葉には権威があり、神が中国本土のゴーストタウンでその働きを始めることができるのを見る時、また、人々がその弱さにもかかわらず、心を神の前にへりくだらせ、すすんで神の言葉を受け入れる時、あるいはまた、彼らが弱く、不相応であるにもかかわらず、神の言葉はすばらしく、大切にするに値するものであることが理解できる時、それは神の栄光となる。人々が神によって完全にされ、神の前に身を委ねることができ、完全に神に従うことができ、自分たちの将来性や運命を神の手に委ねることができる時、神の栄光の第2の部分が完全に獲得される。つまり、実際に神が携わる働きが完結した時、中国本土における神の働きは終了するだろう。言い換えれば、神によって予め定められ、選ばれた人々が完全にされた時、神は栄光を受けるであろう。神は、第二の栄光を東方にもたらしたと語ったが、これは肉眼では見ることはできない。神はその働きを東方にもたらした。神がすでに東方に到来したこと、それこそが神の栄光である。今日、神の働きはまだ完成していないが、一度神が働くことを決めたからには、必ず成し遂げるであろう。神はこの働きを中国で完成させる決心をし、あなたがたを完全なものにしようと決意した。従って、神はあなたがたに逃れる道を与えない。神はすでにあなたがたの心を征服したのだ。だから、あなたは、望もうが望むまいが、進み続けなければならない。そして、あなたがたが神のものとなる時、神は栄光を受ける。今日、神はまだ全ての栄光は受けていない。何故ならあなたがまだ完全にされてないからである。あなたの心は神のもとに立ち返ったかもしれいないが、あなたの肉の内にはまだ多くの弱点がある。あなたは神を満足させることはできず、神の心を心に留めることができない。また、あなたがたから取り除かなければならない消極的な事柄がたくさんある。

終わりの日のキリストの語られる言葉(選集)朗読

神の働きを経験する者のみが真に神を信じる 神の現れによる新時代の到来 神は人のいのちの源である 神の裁きと刑罰に神の出現を見る 神の経営の中でだけ人は救われる 七つの雷が轟く -- 神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言 救い主はすでに「白い雲」に乗って戻って来た あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である キリストに味方しない者は確実に神の敵だ 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない キリストと融和する道を探せ あなたは本当に神を信じているのか キリストは、真理を以て裁きの働きを行う 神が人々の間で偉大な業を成し遂げたことを知っているか 終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる 終着点のために、善行を十分積まなければならない あなたは誰に忠実か 三つの忠告 神の性質を理解することの並ならぬ重要性 地上の神をどのように知るか 神は全人類の運命を支配する 全能者のため息 信者はどんな見解を持つべきか 堕落した人間は神を体現することができない 宗教奉仕を取り締まるべきである 神を信じているなら神に従うべきだ 完全にされた人々への約束 悪人は罰せられなければならない 現実をどのように知るか 神の心にかなう奉仕とは 千年神の国は訪れた 実践的な神は神自身であることを知るべきである 今日の神の働きを知るということ 神の働きは人間が想像するほど簡単か あなたは神を信じているので真理のために生きるべきである 肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い 神の信仰は宗教的儀式でなく現実に焦点を合わせるべきである 今日の神の働きを知る人々のみ神に仕えることができる 真心で神に従う者は確かに神のものとされる 神の国の時代は言葉の時代(前半) 神の国の時代は言葉の時代(後半) すべてが神の言葉によって達成される(前半) すべてが神の言葉によって達成される(後半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (前半) 神を愛することだけが本当に神を信じることである  (後半) 「千年神の国は訪れた」についての短い話 神を知る者だけが、神の証人となることができる ペテロはどのようにイエスを知るようになったか 神を愛する者たちは永遠に神の光の中に生きる あなたは生かされたか 性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである 二度の受肉が受肉の意義を完成させる 三位一体は存在するのか(前半) 三位一体は存在するのか(後半) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート1) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート2) ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識(パート3) 将来の使命にどのように取り組むべきか 神について何を理解しているのか 本物の人とは何を意味するか あなたは信仰について何を知っているか 肉なる者は誰も怒りの日を逃れることはできない 福音を広める働きは、人を救う働きでもある 律法の時代における働き 贖いの時代における働きについての真実 あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (前半) あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである (後半) 呼び名と身分について(前半) 呼び名と身分について(後半) 完全にされた者だけが意義ある人生を送ることができる 自己の観念で神を規定している人がどうして神の啓示を受けることができるだろうか 神とその働きを知る者だけが神の心にかなう 受肉した神の職分と人間の本分の違い( 前半) 受肉した神の職分と人間の本分の違い ( 後半) 神はすべての被造物の主である 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている(前半) 成功するかどうかはその人の歩む道にかかっている (後半) 神の働きと人の働き(前半) 神の働きと人の働き (後半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(前半) 神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である(後半) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている (パート1) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている (パート2) 堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている(パート3) 神の宿る肉の本質 (前半) 神の宿る肉の本質 (後半) 神の業と人間の実践(前半) 神の業と人間の実践(後半) キリストの本質は父なる神の心に従うことである 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (前半) 人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く (後半) 神と人は共に安息に入る(パート1) 神と人は共に安息に入る(パート2) 神と人は共に安息に入る(パート3) 祈りの実践について 新時代の戒め 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋 (パート1) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート3) 「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート4) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋( パート1) 「聖書について」に関する神の言葉四節からの抜粋 パート2 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート1) 「征服の働きの内なる真実」についての神の言葉四節からの抜粋(パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋( パート1) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋 (パート2) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート3) 「働きと入ること」についての神の言葉十節からの抜粋(パート4) 神の国の時代に神に選ばれし人々が従わなければならない行政命令10項目 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 パート1 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋 (パート2) 「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋( パート3) 四番目の言葉 五番目の言葉 六番目の言葉 七番目の言葉 八番目の言葉 九番目の言葉 十番目の言葉 十一番目の言葉 十二番目の言葉 十三番目の言葉 十四番目の言葉 十五番目の言葉 十六番目の言葉 十七番目の言葉 十八番目の言葉 十九番目の言葉 二十番目の言葉 二十一番目の言葉 二十二番目の言葉 二十三番目の言葉 二十四番目の言葉 二十五番目の言葉 二十六番目の言葉 二十七番目の言葉 二十八番目の言葉 二十九番目の言葉

00:00
00:00

0件見つかりました