本物の人とは何を意味するか

人を経営する(救う)ことは私の仕事であり、私が人を征服するのは尚の事、私が世界を創造したときに決められていた。人々は、終わりの日に私が彼らを完全に征服することを知らず、私がサタンを打ち負かす証拠は、不従順な人間たちを征服する為のものだということにも気づいていない。しかし私は、私の敵が私と戦ったとき次のことを伝えた。即ち、私は、サタンに奪われ、久しくその子となり、サタンの家を見守る忠僕となった人たちの征服者になる。征服する本来の意味は、打ち負かす、辱しめることである。イスラエルの人々の言い方では、それは完全に打ち負かすこと、破壊すること、そして人をもうこれ以上私に抵抗できない状態にすることである。しかし今日、あなた方の間で用いられる意味は、普通に征服することである。人類の邪悪であるものを完全に根絶させ、破滅に至らせ、そうすることによって、もはや私に反逆することはできなくなり、まして、私の働きを妨害したりかき乱したりする為の命を持つことができないようになることが私の意図であることを、あなた方は知るべきである。従って、人間に関する限り、征服とは、そのことを意味する。この言葉の含意するところのものが何であれ、私の働きは人類を打ち負かすことである。なぜなら、人類は私の経営に付属するものであることは確かだが、もっと正確に言うなら、人類は私の敵以外の何ものでもない。人類は、私に抵抗し従わない邪悪な者である。人類は、私によって呪われた邪悪な者の子孫以外の何ものでもない。人類は、私を裏切ったかの大天使の末裔以外の何ものでもない。人類はすでに、私によって嫌悪され捨てられ、私と対立するようになった悪魔の遺産以外の何ものでもない。全人類の上にかかる空は、暗く陰鬱であり、澄み渡った明るさなど微塵もない。人間の世界は漆黒の闇であり、そこで生きるとき、人は伸ばした自身の手を見ることができないし、顔を上げても太陽を見ることはできない。足の下の道路は、ぬかるみ、くぼみだらけであり、更に曲がりくねっている。全土に死骸が散乱している。暗がりの隅は遺骸で溢れている。冷たく暗い、奥まった場所は、居を定めている大勢の悪魔たちが群がっている。人類がいる至る所に、悪魔の群れもまた行ったり来たりしている。汚れにまみれた無数のけだものの子孫が残忍な戦いの中で競い合っている。そしてその音が人を震え上がらせる。そのような時代、そのような世界、そしてそのような「地上のパラダイス」において、人は人生の至福を探し出すのにどこへ向かうだろうか。人は、人生の終着点を見出すのにどこへ向かうだろうか。遠い昔にサタンに踏みつけられた人類は、サタンの似姿で行動し続けてきた――それどころかサタンの化身でさえあった。彼ら自身がサタンの明確な証人である証拠だ。そのような人類、そのような人間のくず、或いは、そのような堕落した人間家族の子孫――彼らがどうして、神の証しに立つことができようか。どこから私の栄光は現れるのだろうか。私の証しに立てるものはどこにいるのか。私に敵対し人類を堕落させている敵はすでに、私が創造し、私の栄光と私の生きることで満ち溢れた人類に汚点を残した。敵は私の栄光を奪ってしまった。そしてそれが人に吹き込んだものはサタンの醜悪さで並々と飾られた毒と善悪の知識の木の果実からの汁に他ならない。はじめに私は人類を造った。即ち、私は人類の先祖であるアダムを造った。彼は形作られ、命に溢れ、活力に溢れ、更に私の栄光とともにあった。それは私が人を造った輝かしい日であった。続いてエバがアダムの体から生み出された。彼女も人の祖先である。そうして、私が生み出したこの人たちは、私の命の息で満たされ、私の栄光で溢れんばかりであった。アダムはもともと私の手によって形作られ、私の形を表現したものであった。従って、「アダム」の元の意味は、「私の息を吹き込まれ、私の栄光を吹き込まれ、有形ですばらしい形をとり、そして霊と息をもつ、私の創造物」である。アダムは私を表すことができ、私のかたちをもつことができ、私の命の息を受け取り、霊を賦与された唯一の創造物であった。はじめにエバは、私が造ることを決めていた、命の息を与えられた2番目の人であって、「エバ」の元の意味は、「私の栄光を持続する為の創造物」であり、私の生命力で満たされ、更には私の栄光が賦与された。エバはアダムから生れた。従って、彼女もまた私の似姿をとっていた。なぜなら、彼女は私をかたどった2番目の人であったからである。「エバ」の元の意味は、「霊を与えられ、肉と骨で存在し、私の2番目の証であると同時に人類における私の2番目の形である生きた存在となる」というものである。彼らは人類の祖先であり、純粋で貴重な宝であり、生来霊をもって生きている存在であった。しかし、邪悪なる存在が人類の祖先の子孫を踏み潰し略奪し、人間の世界を暗闇にした。その結果、子孫たちはもはや私の存在を信じない。なお一層いまいましいのは、この邪悪なるものが人々を堕落させ踏み潰すと同時に、残酷にも、私の栄光、私の証しとなるもの、私が人々に授けた生命力、私が彼らに吹き込んだ息や命、人間世界における私の全ての栄光、更には、私が人類に注ぎ込んだ骨身を惜しまない努力の全てを奪い去ってしまうことである。人類はもはや光の中にはおらず、私が彼らに与えた全てのものを失ってしまった。そして、私が授けた栄光を捨ててしまった。一体彼らはどうやって、私が創造主であることを認めることができるだろうか。どうやって天上の私の存在を信じることができようか。地上で私の栄光が現れるのを、どうやって見出すことができようか。どうやって、この孫息子や孫娘たちは、彼らの先祖たちが崇めた神を彼らの創造主と理解することができようか。この哀れな孫息子や孫娘たちは、私がアダムとエバに授けた栄光も姿も、証となるものも、更に彼らが寄り掛かっている授けられた命をも、その存在をほんの少しも顧慮することもなく邪悪なるものに、気前よく、「差し出してしまった」。そして、私の栄光の全てを邪悪な者に与えてしまった。だから「人間のくず」と言われるのではないだろうか。そのような人類、そのような邪悪な悪魔、そのような歩く屍、そのようなサタン、そのような私の敵が、どうやって私の栄光を得ることができようか。私は、私のものであった栄光、人々の間での私の証しとなるものや遠い昔人類に与えたものである、かつて私に属していたもの全てを取り戻し、人類を完全に征服する。しかしあなたは、私が造った人間が私の似姿と栄光を伴う聖なる人であったことを知らなくてはならない。彼らはもともとサタンのものではなく、サタンに踏みつけられる対象でもなく、サタンの毒の痕跡すらない、純粋に私が現れたものであった。それだから私は、私の手によって造られた、他の何ものにも属したことのない私の最愛の聖なる人間たちだけを欲することを全ての者に知らせる。更に、私は彼らに喜びを感じ、彼らを私の栄光として見る。しかし私が欲するのは、サタンによって堕落させられ、今日サタンに属しているような人類ではない。彼らはもはや、私の本来の創造物ではない。私は人間の世界で私の栄光を再び得ることを望んでいるから、サタンに対する私の勝利による私の栄光の証拠として、人類の生き残りどもを完全征服する。私は、私に対する証を私の結晶化としてしか受け止めず、喜びとしてしか受け止めない。私の意図はそのようなものである。

人類は、今日まで、何万年もの歴史を通じて発達してきた。しかし、私が最初に創造した人類は、はるか昔に堕落へと落ち込んでしまった。彼らはすでに私が意図したものではなく、私の目にはすでに人類という名前に相応しいものではなくなっている。彼らは、サタンによって略奪された人間のくず、そしてサタンが中に住み、外側を覆っている腐敗した歩く屍と言うに相応しい。人々は、些かといえども私の存在を信じず、私の到来を歓迎もしない。人類はただ渋々と私の要求に応え、一時的にそれらの要求に合意する。彼らは人生の喜びや悲しみを心から私と共有したりしない。人々は私を不可解な存在と見るので、渋々私に微笑むふりをし、権力に擦り寄る姿をうっかり見せてしまう。これは、人々が私の働きについて、ましてや今日の私の意図について何の知識も持ち合わせないからである。私はあなた方全てに正直に言う。その日が来ると、私を崇める全ての人の苦しみは、あなた方の苦しみほどではないだろう。あなた方の信仰は実際、ヨブのそれを超えていない──ユダヤのパリサイ人の信仰ですら、あなた方の信仰を上回る──従って、差し迫る、火で焼かれる日にあなた方は、イエスに非難される時にはパリサイ人達よりも多くの苦しみを受け、モーセに抵抗した250人のリーダーよりも多くの苦しみを受け、滅びのときに焼けるような炎の下に置かれたソドムよりも重い苦しみを受けるだろう。モーセが岩を打ち、ヤーウェが授けた水がほとばしり出たのは、モーセの信仰によるものである。ダビデが私ヤーウェを賛美する音楽を奏でたとき――彼の心は喜びで満たされていたが――それは彼の信仰によるものであった。ヨブが多くの家畜を失い、膨大な家族の財産を失い、体が腫物で覆われたとき、それは彼の信仰があったからであった。彼が、私ヤーウェの声を聞くことができ、私ヤーウェの栄光を見ることができたのは、彼の信仰によるものであった。ペテロがイエスキリストに付き従うことができたのは、彼の信仰によるものであった。彼が私の為に十字架に釘づけにされ、素晴らしい証となったのは、彼の信仰によるものであった。ヨハネが人の子の輝かしい姿を見たのは、彼の信仰によるものであった。彼が終わりの日の幻を見たのは、なおさら彼の信仰によるものであった。いわゆる異邦人の国の人々が私の啓示を受け取り、私が肉となって帰ってきて人々の間で働きをするのが分かっているのは、また彼らの信仰によるものである。私の厳しい言葉によって打ちのめされ、そうして慰められ救われた人は全て、彼らの信仰のゆえにそうされたのではないだろうか。私を信じ、困難に苦しむ人たちも、世の拒絶を受けるのではないだろうか。私の言葉の外で生き、試練を逃げている人々、彼らは世界を漂っていないだろうか。彼らはあちらこちらへひらひらと揺れる秋の葉のようで、休む場所もなく、ましてや私の慰めの言葉などない。私の刑罰や精錬が彼らの後を追うことはないが、彼らは天国の外の通りをあてもなくさまよう乞食ではないだろうか。世界は真に、あなたの安息の場所だろうか。あなたは本当に、私の刑罰を避けることでこの世から安堵の微笑みを得ることができるだろうか。あなたは本当に、つかの間の楽しみで隠しおおせない空虚さを覆うことができるだろうか。あなたは自分の家族ならだますことはできるだろうが、私をだますことは到底できない。あなたの信仰は貧弱なので、命が与える喜びを今日まで見出すことができないままだ。私はあなたに助言する――人生の全てを平凡で肉の為の多忙な日々として送り、耐え難い苦しみを耐えて生きるより、その半分を私の為に真心から生きるようにと。私の刑罰から逃げるほどまで、自身を大事にして何の役に立つのだろうか。永遠の苦難、永遠の刑罰の報いをただ取り込んでしまう為に私の一時的な刑罰から自身の身を隠すことは何の為に役立つのだろうか。私は、実際には誰も強制的に私に従わせることはしない。もし人が、私の全ての計画に喜んで従うなら、私はその人を粗末には扱わない。しかし、私は、全ての人が、ヨブが私ヤーウェを信じたように私を信じることを要求する。もしあなた方の信仰がトマスのそれを超えているなら、私の称賛を得、あなた方の忠誠心は私の喜びを得、あなた方の日々において私の栄光を見出すだろう。しかしこの世を信じ、悪魔を信じる人たちの心はソドムの町の人々の心のように頑なになり、その目には砂粒が吹き込み、口には悪魔の捧げ物を含んでいる。彼らの心は欺かれ、世界を略奪した邪悪なものによってとうの昔に所有され、その考えのほとんど全てが古代の悪魔に奪われてしまった。従って、人類の信仰は風に吹き飛ばされ、彼らは私の働きに気づかない。彼らはサタンの毒に占拠されてしまっている為、彼らができることはざっと対応するか分析することが全てである。

私は人類 を征服する。彼らはかつて私によって造られ、そして更には、豊富な私の創造物を十分楽しんできたからだ。しかし、彼らは私を拒絶し、彼らの心に私はいない。彼らは私を人生への重荷として見ている。なお悪いことに、人々ははっきりと私を見たにも関わらず私を拒絶し、私を打ち負かすあらゆる方法を考えた。人々は私が彼らを真剣に取り扱ったり厳格な要求を課したりすことを許さず、彼らの不義に対する裁き或いは刑罰も許さない。彼らはそのような取り扱いに興味はなく、むしろ苛立たしく感じる。かくして、私の仕事は、私を食べて飲みそして楽しむが、私のことを知らない人類を打ち破ることである。私は、彼らの武器を取上げ、それから私の住んでいる場所へ、私の使いと私の栄光と共に帰る。なぜなら、人々の行動は、ずっと前に全く私を失望させ、私の働きを粉々に砕いてしまったからである。私は喜んで歩き去る前に邪悪なものが奪い去った栄光を取り戻したい。人類がそのまま生き続けるようにさせ、「平和な生活と仕事」を継続させ、「自分達の畑を耕し」続けさせ私の干渉から人間を解き放つ。だが今私は、私の栄光を全て邪悪なものから取り戻し、世界の創造のときに人間に造り上げた栄光を全て持ち帰る。そして2度とそれを地上の人間に授けない。なぜなら人々は、私の栄光を保持するのに失敗しただけでなく、それをサタンの姿へと変換しているからである。人々は、私の到来を喜ばず、私の栄光の日々を尊びもしない。彼らは、私の刑罰を喜んで受け入れることはなく、ましてや私の栄光を私に復させようなどとはせず、悪魔の毒を進んで投げ捨てようとすることもない。人々は常に私をだまし、いつでも明るい微笑と幸せそうな顔を装う。彼らは私の栄光が去った後に直面する暗闇の深さに気づかず、とりわけ、私の日が人類全体にやってくるとき、彼らの日々はノアの時代の人々のそれよりもなお一層厳しいことに気づいていない。なぜなら、彼らは私の栄光がイスラエルを去ったときの暗さがどれほどだったかを知らない。人は夜明けが訪れると、夜の真っ暗闇を通り抜けることがいかに厳しいかを忘れる。太陽が再び隠れ、夜の暗闇が人の上にのしかかるとき、彼は暗闇の中で再び、悲嘆にくれ歯ぎしりする。私の栄光がイスラエルから別れた時、イスラエルの人たちがその困難の中でどれほど苦しんだかを、あなた方は忘れたのか。今や、あなた方が私の栄光を見る日であり、あなた方が私と共に栄光の日を過ごしている時でもある。私の栄光がこの汚れた土地を去るとき、人は暗闇の中で嘆き悲しむだろう。今は私が私の働きを行っている栄光の日である。そして、私が人類を苦しみから免除している日でもある――私は人類と共に苦しく苛酷な日を通り抜けることがないからだ。私はただ、人類の完全な征服と、人類の邪悪なるものを根こそぎ打ち破ることを望む。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する