日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋103

人間は腐敗しているものの、創造主の権威による支配下で生活している

 サタンは、これまで数千年にわたって人間を腐敗させてきている。サタンは無数の邪悪を働き、何世代もの人々を騙し、また世界中で凶悪な罪を犯してきた。サタンは人間を虐げ、騙し、誘惑して神に謀反を起こさせ、何度も神の経営(救いの)計画を混乱させ、妨害してきた。それでもなお、神の権威の下で、万物やすべての被造物は神により定められた律法を遵守し続けている。神の権威に比べれば、サタンの邪悪な性質とその蔓延は極めて醜く、不愉快であり、卑劣であり、取るに足りず、脆弱である。サタンは神により造られた万物の中を歩んでいるが、神の命令を受けた人間や物事に対して、ほんの僅かな変化さえも与えることができない。数千年が経過した現在、人類は神から授かった光りと空気を享受し、神自身から授かった息を呼吸し、神が造った花々や鳥たち、魚や昆虫を楽しみ、神から授かった全てを享受している。昼と夜が引き続き交互に入れ替わり、四季は通常通り移ろいでおり、今年の冬には、空を舞うガンの群れが渡り去ってゆき、次の年の春に舞い戻り、魚は河川や湖沼以外へと移動して生活の場とすることなく、夏の日中にはセミが魂を歌い上げ、秋には鈴虫が草の間で風に合わせて優しい歌を口ずさみ、ガンは群れを成し、鷹は単独で行動し、ライオンの群れは狩りを行うことで生命を維持し、ヘラジカは草原の草花から立ち去ることが無い。万物のなかでも、動物は、すべて行き来を繰り返しており、無数の変化が一瞬にして発生する。しかし、その本能と生存のための律法は不変である。動物は神の施しと糧により生きており、動物の本能を変えることや、動物の生存の律法を妨害することは、誰にもできない。万物の中で生きる人間はサタンにより腐敗し、騙されたものの、人間は依然として、神により造られた水、空気など、神により造られた全ての物を差し控えることができず、また人間は依然として神により造られた空間で生活し、繁殖している。人間の本能は、依然として不変のままである。人間は、見ることを眼に、聞くことを耳に、考えることを脳に、理解することを心に、歩くことを脚に、業を行うことを手に、それぞれ依存している。神の施しを人間が受け取れるように神が人間に授けられた本能や、人間が神と協力するために必要な能力、創造物としての義務を履行するために必要な能力は変わっておらず、人間の霊的な必要性、人間が自分達の起源を知りたいという願望、創造主による救いに対する人間の切望は、変わっていない。以上が、神の権威の下で生活し、サタンによる残酷な破壊を幾度となく経験してきた人間の現況である。人間はサタンによる抑圧を受けてきており、また人間はもはや創造された時のアダムとエバのようではなく、知識、想像、自分の意志など、神に反対する物事や、サタンのような腐敗した性質に満たされているが、神の観点から見ると、人間は依然として神が造った時と同じ人間である。人間は依然として神により支配され、指揮され、神が定めた生涯から逸脱することなく生活しているので、神の観点から見ると、サタンにより腐敗させられた人間は、埃をかぶったようなもの、つまり空腹でお腹が鳴り、反応が少し遅くなり、従前よりも記憶力が悪くなり、少し年老いたに過ぎず、人間の機能と本能は、全く損傷していない。これが、神が救済しようとしている人間である。しかし、人間は創造主の呼ぶ声や言葉を聞くだけで、立ち上がってその言葉がどこから聞こえているかを探しまわるであろう。人間は、創造主の姿を見ただけで、その他のことは全く心に無くなり、全てを投げ出して、自らを神に捧げ、神のために命すら捧げるであろう。人間の心が、創造主の心からの言葉を理解したとき、人間はサタンを拒絶し、創造主の味方となるであろう。また人間が身体の穢れを完全に洗い流し、創造主による施しと糧を授かったとき、人間の記憶が蘇り、その時人間は、真に創造主の支配下に戻るであろう。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の権威の下ではサタンは何も変えられない

何年、いや何千年、サタンは多くの悪を行って、人間を堕落させ、どの世代もサタンに騙されてきた。多くの恐ろしい犯罪をサタンはこの世で行い、人間を扇動して、神と闘わせ、虐待し、欺き、神の救いの計画を壊そうとした。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、ほんのわずかも人や物を変えることは出来ない。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、神の定めの下では何一つ変えられない。神の定めの下では何も変えられない。

神の権威の下では、万物は神の原則に従い、全ての生物は神が定めた法則に服従している。神の偉大な権威に比べ、サタンの悪の本質は卑しく、荒々しく、醜く、軽蔑すべきものであり、そして非常に小さくてもろいものだ。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、ほんのわずかも人や物を変えることは出来ない。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、神の定めの下では何一つ変えられない。神の定めの下では何も変えられない。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、ほんのわずかも人や物を変えることは出来ない。サタンは神に造られた物の間を歩き回っているが、神の定めの下では何一つ変えられない。神の定めの下では何も変えられない。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋91

言葉を用いて人間との契約を立てる神 (創世記9:11-13)「わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」 さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいる…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 6」抜粋157

伝統文化と迷信には、多くの類似点がありますが、具体的な伝説や暗示、典拠などがあるのは、伝統文化のみです。サタンは民間伝承や歴史書にある物語を数多く作り上げて、人間に伝統文化や迷信の登場人物などを深く印象付けています。例としては、中国の八仙過海、西遊記、玉皇大帝、ナーザの大暴れ、封…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋11

神が人間の結末を決定する方法とその基準  あなたは、自分自身の意見をまとめたり結論を出したりする前に、まず神のあなたに対する姿勢と神の考えを理解し、その後に自分自身の考えが正しいかどうかを判断する必要がある。神は、ある者の結末を決定する際に、時間の単位を用いたり、その者が経験し…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 3」抜粋123

成長:第二の節目 人間は、生まれた家庭により異なる様々な環境で育ち、自分の両親から様々な教えを受ける。これにより、ある者が成長して大人になるまでの条件が決定され、成長は個人の人生における第二の重要な節目となる。この節目においても、人間には選択の余地が無いことは言うまでも無い。こ…