日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 3」抜粋136

神の権威に服従することを望む者の適切な姿勢と行動

神の権威と、神が人間の運命を統治しているという事実を、人間はどのような姿勢で知り、扱うべきであろうか。これはあらゆる者が経験する難題である。実生活の問題に対処する時、神の権威と神による統治をどのように知り、理解すべきであろうか。こうした問題をどのように理解し、取り扱い、経験すべきかを知らない場合、どのような姿勢で神による統治と計画に従っている自分の意向、願望、そして事実を示すべきであろうか。あなたは、まず待つこと、次に追究すること、その後に従うことを覚える必要がある。「待つ」とは、神の時を待つことであり、あなたのために神が計画した人々、出来事、物事を待つことであり、また神の旨が徐々に明示されてゆくのを待つことである。「追求する」とは、神が計画した人々、出来事、物事により、あなたに対する神の入念な旨を観察し、理解すること、それらの物事により真理を理解すること、人間が達成すべき物事や従うべき道を理解すること、人間に対して神がどのような結果を実現しようとしているか、人間に対して何を達成しようとしているかを理解することである。当然ながら、「従う」とは、神が計画した人々、出来事、物事を受け入れ、神による統治を受け入れ、それにより創造主が人間の運命をどのように支配しているか、どのようにして神が人間に神のいのちを与えるか、神はどのようにして人間に真理を備えさせようとしているかを知ることである。神の采配と統治の下にある全ての物事は自然の法則に従っているので、自らの全てを神の采配と支配に委ねるとあなたが決心したのであれば、あなたは待つこと、追究すること、そして従うことを覚える必要がある。それが神の権威に服従することを望む者全てが取るべき姿勢であり、神による采配と計画を受け入れることを望む者全てに備わっているべき基本的な資質である。そのような姿勢を取り、そのような資質を備えるには、一層の努力が必要である。そうした努力をして初めて、あなたがたは本当の現実に入ることが出来る。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の権威に服従するには

神の権威や人の運命を支配する事実を人はどう知り見なすべきか?全人類の問題。問題に直面した時、神の権威や支配を理解し、あなたはどう味わうのか?何も理解できない時、問題に直面した時、神に従う意志をどう示すのか?

あなたは待つべき、人や事象、事物について、神が定めた時を少しずつ意志を示すだろう。神の思いやり深さは、人や物を通して探し、知るべきだ。あなたは真理と歩むべき道が分かるだろう。神は獲得したい成果を目の前に示すだろう。

神の支配と全てに従い受け入れなさい。神がどう運命を導き、あなたをいのちと真理で満たすのか。味わい知るために。万物は神の計画と支配のもとで自然界の法則に従う。もしあなたが決意して神に全てを導き定めさせるなら、あなたは待ち、求め、従わなければならない。神の前にひざまずく全ての人に、この姿勢は求められる。このような性質を持つために、労苦する者は真の現実に届く。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 6」抜粋161

今は終わりの日における神の働きの時となり、神はもはや最初のように恵みと祝福を人間に与えるのみではなく、また人間をなだめることもありません。この働きの間に、人間は経験した神の働きのあらゆる側面から何を認識したでしょうか。人間は、神の愛と神の裁きと刑罰を認識したのです。この時、神は人…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋87

第五の日、様々な生物の命により、創造主の権威が様々な形で示された 聖句には、「神はまた言われた、『水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ』。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋49

ヨブの日々の生活に完全さ、正しさ、神への畏れ、悪を避ける生き方を見ることができる  ヨブについて語ろうとするならば、「ヨブのように全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかる者の世にない。」という神自身の言葉によるヨブの評価をまず知らなくてはならない。  まずヨブの完全さと義について…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋57

もし人の心が神に敵対するのなら、どうして神を畏れ悪を避けることができようか  今日の人々がヨブと同じ人間性を持っていないのであれば、人々の人格の実体と神に対する姿勢はどのようなものだろうか。人々は神を畏れているだろうか。悪を避けているだろうか。神を畏れず悪を避けることもない人々は…