日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 144

現在、あなた方はみな、この終わりの日にあって、「ことばは人となり」、神がそれを成し遂げられたというのが第一の事実であるということが明確になっていなければいけない。神はその地上での実際の働きにおいて人間が神を知り、関わり、実際の業を見るようにした。神はしるしや不思議を示せるが、そうすることのできない場合がある。それは時代によるのだ、ということが人間にはっきりわかるようにする。このことから、神はしるしや不思議を示すことができないのではなく、そのなすべきことによって、時代によって、働き方を変えるのだということがわかる。現在の働きの段階では、しるしや不思議は示さない。イエスの時代に神がそうしたしるしや不思議を示したのは、その時代の働きは異なっていたからだ。神はその働きを現在はしない。そこで、しるしや不思議を示すことができないと思ったり、しるしや不思議を示さないのは、神ではないからだと考えたりする人々がいる。それは誤りではないのか。神はしるしや不思議を示せるのだが、異なった時代に働いているから、そうした働きをしないのだ。今は別の時代であって、今は神の働きは別の段階にあるから、神が明らかにする業もまた異なっている。人間の神への信仰は、しるしや不思議へのものではないし、奇跡についてのものでもない。新たな時代の現実の働きを信じるものである。人間は神の働き方によって神を知り、この知識が神への信仰を生み出した。つまり、神の働きと業についての信仰である。今の段階の働きで、神は話すことを主にする。しるしや不思議を待っていてはならない。それは見られない。あなたは恵みの時代に生まれたのではないのだから。もし恵みの時代に生まれたのだったら、しるしや不思議を見られただろうが、終わりの日に生まれたのだから、あなたが見られるのは神の現実性と正常だけだ。終わりの日に超自然のイエスを見ることを期待してはいけない。あなたが見られるのは、普通の人間と変わるところのない、受肉した実践の神だけだ。それぞれの時代、神は異なった業を明らかに示す。それぞれの時代、神はその業の一部だけを明らかにする。各時代の働きは神の性質の一部、神の業の一部だけを示す。神が明確に示す業はその働く時代によって異なる。しかし、どれもみな、人間が神についてより深い知識、より現実的で真実に近い信仰を得られるようにする。人間が神を信じるのは、神の業すべてのためであり、神がまことに驚くべきで、偉大だからであり、神が全能で測り知れないからだ。もし神がしるしや不思議を示し、癒やし、悪魔を追い払えるから信じるというのなら、その見方は誤っている。「邪悪な霊もまたそういうことができるのではありませんか」という人々がいるだろう。それは神の姿をサタンの姿と取り違えているのではないか。今日、人間の神への信仰は、神の多くの業、神の多くの働き方と話し方による。神はその言葉によって人間を征服し、完全にする。人間が神を信じるのは、神の数多くの業によるのであり、しるしや不思議を見せられるからではない。そして、人間は業を見て神を理解できるだけだ。神の実際の業、神がどう働くか、神がその知恵を用いる方法、その話し方、どう人間を完全にするか──こういう面を知ることによってだけ──あなたは、神の実在性と性質を理解できる。神は何が好きで、何が嫌いか、神はどのように人間に働きかけるか──神の好き嫌いを理解して、あなたは物事の是非を区別できるようになり、また、神についての知識により、いのちの成長がある。つまり、神の働きについての知識を得なければいけない、神への信仰についての考え方を正さなければいけないのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の働きと人間の実践」抜粋157

神の働きがある段階に達し、神の経営がある段階に達するとき、神の心にかなう者たちはみな、神の要求を満たすことができる。神は自身の基準と、人間が達成可能なことに従って、人間に対する要求を行なう。神は、自身の経営について話しつつ、それと同時に人間のために道を示し、人間に生存への道を与え…

日々の神の御言葉「キリストと相容れない人は疑いなく神の敵である」抜粋305

あなたがたは常にキリストの姿を見たいと思っているが、あなたがたは自分を過大評価しないように勧める。何人もキリストの姿を見ることができるが、キリストの姿を見るにふさわしい者はただ一人としていない。人間の本性は悪、傲慢、反抗に満ちているため、あなたがキリストの姿を見た時、あなたの本性…

日々の神の御言葉「聖霊の働きとサタンの働き」抜粋445

日常生活で自分に何かが起きる際、それが聖霊の働きに由来するものなのか、サタンの働きに由来するものなのか、どのように識別すべきだろうか。状態が正常であれば、その人の霊的生活と肉における生活は正常であり、理知も正常で秩序がある。このような状態にあるとき、彼らが経験し、自分の中で知る…

日々の神の御言葉「神と人は共に安息に入る」抜粋598

追い求める人々と追い求めない人々は今や、2つの異なるタイプの人々であり、彼らは2つの異なる終着点をもつ2つのタイプの人々である。真理に関する知識を追求し、真理を実行する人々は神に救われる者である。真の道を知らない人々は、悪魔であり敵である。彼らは、天使長の後裔であり、滅ぼされ…