日々の神の御言葉「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋159

 あなたたちは神の働きのビジョンを知り、神の働きが一般的にどの方向に向かっているかを把握しなければいけない。これが正しくいのちの道に入るということだ。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたがその過程を歩み始めるのは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心は堅固で、明確なビジョンをもち、成長と追求の目標を持つことになる。そのようにして、あなたの内の経験と認識のすべてがより深くなり、さらに練られる。ひとたびこの全体像を完全に把握すれば、あなたは、いのちにおいて何も失わない。また、あなたは失われることがない。こうした働きの段階を知らないでいれば、あなたはそのどれも失う。あなたはほんの数日だけで方向転換することはできない。たとえ数週間経っても正しい進路に戻ることはできないだろう。それは、後退することではないのか。あなたたちが身につけるべき、よい行いや習慣は、たくさんある。だからあなたは、神の働きのビジョンについて次のような幾つかの点を把握していなければならない。即ち、神の征服の働きの意義、将来完全にされるための道、試練や患難を経験することによって何が達成されなければならないか、裁きと刑罰の意義、聖霊の働きの原則、完全になることと征服の原則などである。こうしたことはみな、ビジョンの真理である。その他のことは、働きの三つの段階、つまり、律法の時代、恵みの時代、神の国の時代、と将来の証しである。これらもまた、ビジョンに関する真理であり、最も基本的であるとともに、最も大事なことである。現在のところ、あなたたちが入るべきことと実践すべきことはあまりに多い。そしてそれらは今、重層的でより詳細になっている。もしあなたがこれらの真理について何の認識も持っていなければ、それは、あなたがまだ入っていない証拠だ。たいていの場合、人間の真理についての認識はあまりに浅く、ある種の基本的な真理を実践することができず、ほんの些細なことでさえどう対処すればよいのか分からない。人間が真理を実践できないのは、その反抗的な性質のためであり、また、今日の働きについての認識があまりに表面的で一面的だからだ。これでは人間が完全にされるのは、容易なことではない。あなたの反抗心は強すぎて、古い自己をあまりにも多くもち続けている。あなたは真理の側に立つことができないし、最も明らかな真理も実践できない。このような人間は救われないし、また、まだ征服されていない人々なのだ。もしあなたの過程に詳細も目標も欠けているなら、あなたの成長は遅々として前へ進まないだろう。もしあなたの成長の過程にほんのわずかの現実性もなければ、あなたの努力は虚しく終わるだろう。もしあなたに真理の実質内容が分かっていないのなら、何も変わらないままだろう。人間のいのちの成長と人間の性質の変化はみな、現実に入ることによるのであり、さらに、詳細な経験に入ることによるのだ。もしあなたが、成長の過程に多くの詳しい経験をし、実際の認識と成長の過程を豊かに持つなら、あなたの性質は速やかに変化する。たとえあなたが、今のところ実践においてそれほど目が開かれていなくとも、少なくとも、働きのビジョンについて明察を得ていなければならない。もしそうでなければ、あなたは入ることができない。まず初めに真理についての認識がなければ、そうすることはできない。聖霊があなたの経験の中で導き示してはじめて、あなたは真理についてより深い理解を得て、より深く入れる。あなたたちは神の働きを知らなければならない。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋263

初めて社会科学の考えを持つようになってから、人の精神は科学と知識に占領されてしまった。それからすぐ、科学と知識は人類を支配する道具となり、もはや人が神を礼拝する充分な余地はなくなり、神を礼拝する好ましい条件もなくなった。人の心の中で占める神の位置はどこまでも低められていった。…

日々の神の御言葉「神の最新の働きを知り、神の歩みに従え」抜粋395

現在、あなたがたは神の民になることを追い求め、正しい道への全面的な入りを始めるべきである。神の民になることは、神の国の時代へ入ることを意味する。今日、あなたがたは神の国の訓練へと正式に入り始め、あなたがたの未来の生活は以前のように怠慢でいい加減なものではなくなる。以前のように生き…

日々の神の御言葉「聖書について(3)」抜粋272

今日、聖書は神であり、神は聖書であると人々は信じている。また、聖書のすべての言葉は神が語った唯一の言葉であって、それらはどれも神によって述べられたと信じている。神を信じる人々は、旧約と新約の六十六書はすべて人間が書いたものだが、みな神から霊感を受けており、聖霊の発言を記録している…

日々の神の御言葉「神と人は共に安息に入る」抜粋599

全然信仰心のない子供、親戚を教会の中に引き込む人たちは、自己中心的すぎ、親切心を示している。このような人たちは、彼らが信じるかどうかあるいはそれが神の意志であるかどうかを考慮せず、愛だけを強調する。一部の人たちは、彼らの妻を神の前に引っ張ってきたり、父母を神の前に引っ張ってき…