ゴスペル音楽「受肉した人の子は神自身である」Lyrics

ゴスペル音楽「受肉した人の子は神自身である」Lyrics

193 |2020年6月28日

神の神性が実在の血肉となった時

神はおぼろげでなく

人が見て近づける存在となった

人は人の子の言葉、業、行いを通じ

ご意志を吟味し

神の神性を理解できた

人間性を通し人の子は神の意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ神を

見ることが出来るようになった

だから受肉した人の子は神の身分や地位、性質を

人間らしく形あるものにしたのだ

人間性、神性、どちらにしても

人の子が神の地位や身分を示すことを否定できない

この期間、ずっと神は肉を通して業を行い語った

人の子としての身分で人類の前に立ち

人間の間に御言葉と業をもたらし

神の神性と卑しさの中にある偉大さを知らせた

人は神の現実性を感じ実在を体験する

人はそれらの意味を把握する

人間性を通し人の子は神の意志と神性を示した

そして神の意志と性質を見せて

触れられず見えない霊の世界の神を示した

人びとは肉と実在を持つ神を

見ることが出来るようになった

主イエスの働き、やり方、語りの視点は

霊の世界での神の真の姿とは異なるが

今まで見られなかった神の姿を現した

これは否定できない

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

#キリスト教 #キリストの福音 #キリストの御言葉 #朗読 #聖書 #神の救い #神の働き #神の審判 #終末審判 #神の現れ #イエスの再臨 #キリスト教

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル