キリスト教の歌「神への信仰の格言」MV日本語字幕

2020年4月9日

神への信仰の最も根本的な基礎は

毎日神の言葉を読むことであり

信仰の日課は

神への祈りに勤しみ、自らを省みることだ

神への信仰の焦点は

真理を実践して

自分の行動に原則を持つことであり

持つべき良心は

忠実に自分の本分を尽くし

神の委託をやり遂げることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は、最も誠実で、高潔である

神を愛し、神のために自らを費やすなら

後悔することは決してない

真実に神を愛する人だけが

神を賛美し、証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

救いの道は

真理を求め、神の働きに従うことで

信仰で最も基本的な課程は

神の裁きと刑罰、刈り込みと取り扱いを

受け入れることだ

神への信仰で最も根本的な現実は

真理の現実に入り、誠実になることで

最高の実践原則は

真理に従うことを使命とすることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は、最も誠実で、高潔である

神を愛し、神のために自らを費やすなら

後悔することは決してない

真実に神を愛する人だけが

神を賛美し、証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

神への信仰において最大の失敗は

人に従い、人を崇拝し

人の支配下に陥ることであり

神を信じる人は

神を裏切ったり、神に抵抗したりしないことを

いつも覚えておくべきだ

神への信仰における生涯の道は

神を畏れ、悪を避けることであり

最終的な目標は

神を知り、神を証しすることだ

神を愛することだけが真の信仰であり

神を愛する人は、最も誠実で、高潔である

神を愛し、神のために自らを費やすなら

後悔することは決してない

真実に神を愛する人だけが

神を賛美し、証しすることができる

神を愛することよりも大きな祝福はなく

有意義なことはない

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル