真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています
キリスト教映画「火のバプテスマ」ハイライト集:主のために働き、物を捨て去り、自分自身を費やすのは、本当に神に服従することなのかキリスト教映画「火のバプテスマ」ハイライト集:主のために働き、物を捨て去り、自分自身を費やすのは、本当に神に服従することなのか キリスト教映画「火のバプテスマ」ハイライト集:真に神に従順になり、神によって救われるにはどうすべきかキリスト教映画「火のバプテスマ」ハイライト集:真に神に従順になり、神によって救われるにはどうすべきか クリスチャン映画「神への信仰2 教会が崩れて」映画クリップ 終わりの日のパリサイ人の檻から自由になり、主の再臨をお迎えするクリスチャン映画「神への信仰2 教会が崩れて」映画クリップ 終わりの日のパリサイ人の檻から自由になり、主の再臨をお迎えする クリスチャン映画「神への信仰2 教会が崩れて」映画クリップ 「迫害する者のために祈れ」とおっしゃることで主は何を意味したのかクリスチャン映画「神への信仰2 教会が崩れて」映画クリップ 「迫害する者のために祈れ」とおっしゃることで主は何を意味したのか キリスト教映画「私の家はどこに」映画クリップ 神のみが人類を救い、苦痛から解放してくださるキリスト教映画「私の家はどこに」映画クリップ 神のみが人類を救い、苦痛から解放してくださる キリスト教映画「待つ」抜粋シーン(4)主の再臨を拒む者達の末路   日本語吹き替えキリスト教映画「待つ」抜粋シーン(4)主の再臨を拒む者達の末路 日本語吹き替え クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(1)東方閃電が宗教界を震撼させるクリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(1)東方閃電が宗教界を震撼させる 聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(1)主をお迎えするうえで一番大切な事は何でしょう聖書に関する映画「戸をたたく」抜粋シーン(1)主をお迎えするうえで一番大切な事は何でしょう クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(5)牧師の宗教的観念に対するクリスチャンの戦いクリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(5)牧師の宗教的観念に対するクリスチャンの戦い クリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(4)権力者に従うことは神に従うことと同じではないクリスチャンの証し「対話」抜粋シーン(4)権力者に従うことは神に従うことと同じではない クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(2) イエス・キリストの再臨の福音を受け入れることは背教になるのでしょうか?クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(2) イエス・キリストの再臨の福音を受け入れることは背教になるのでしょうか? クリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(1)主の御心に叶うためには東方閃電をどう扱うべきなのでしょうクリスチャン映画「邪魔しないで」抜粋シーン(1)主の御心に叶うためには東方閃電をどう扱うべきなのでしょう ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(5)宗教界の牧師や長老は本当に主によって選ばれた者なのかゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(5)宗教界の牧師や長老は本当に主によって選ばれた者なのか ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(6)牧師や長老たちへの服従は、神への服従と同じだろうかゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(6)牧師や長老たちへの服従は、神への服従と同じだろうか キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(4)神様を信仰してインターネット中毒に打ち勝った経験と証しキリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(4)神様を信仰してインターネット中毒に打ち勝った経験と証し キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(1)若者のインターネット中毒に打ち勝つ道はあるキリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(1)若者のインターネット中毒に打ち勝つ道はある キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(2)なぜ世の中は暗く悪に満ちているかキリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(2)なぜ世の中は暗く悪に満ちているか キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(3)神だけが人をインターネット中毒から救い出せるキリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」抜粋シーン(3)神だけが人をインターネット中毒から救い出せる キリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(1)束縛を退け、真の道を学びなさい   日本語吹き替えキリスト教映画「足枷を解いて走れ」抜粋シーン(1)束縛を退け、真の道を学びなさい 日本語吹き替え ゴスペル  キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(2)中国共産党と宗教界が非難する道は正しい道ではないか  日本語吹き替えゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(2)中国共産党と宗教界が非難する道は正しい道ではないか 日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(1) 権威を持つ者への服従は神への服従と同じか  日本語吹き替えゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(1) 権威を持つ者への服従は神への服従と同じか 日本語吹き替え ゴスペル    キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか  日本語吹き替えゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え ゴスペル    キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(3)神の働きと出現は教団になにをもたらすか   日本語吹き替えゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(3)神の働きと出現は教団になにをもたらすか  日本語吹き替え ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(6)神に対する真の信仰とは何を意味するのか 日本語吹き替えゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(6)神に対する真の信仰とは何を意味するのか 日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(1)宗教界はバビロンへと堕落した  日本語吹き替えキリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(1)宗教界はバビロンへと堕落した  日本語吹き替え キリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(5)宗教的バビロンは神の怒りによって堕ちると定められている 日本語吹き替えキリスト教映画「滅びゆく都」抜粋シーン(5)宗教的バビロンは神の怒りによって堕ちると定められている 日本語吹き替え キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(2) 主は再臨される時、人に啓示を与えられるのか?キリスト教映画「敬虔の奥義」抜粋シーン(2) 主は再臨される時、人に啓示を与えられるのか? 「戻ってきたその方は誰だろう」から、その七「神様の御言葉が人の命になることの意義」「戻ってきたその方は誰だろう」から、その七「神様の御言葉が人の命になることの意義」 「愛の使命」から、その一「どうやって再臨の主イエスを 知るか?」「愛の使命」から、その一「どうやって再臨の主イエスを 知るか?」 「終電に乗る」から、その一「主の足跡を捜す」「終電に乗る」から、その一「主の足跡を捜す」 「いにしえは刺の如く」 から、その五「心を開く」「いにしえは刺の如く」 から、その五「心を開く」 「いにしえは刺の如く」 から、その四「パウロの本性の本質に対する認識」「いにしえは刺の如く」 から、その四「パウロの本性の本質に対する認識」 キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(4)終わりの日における神様の裁きの働きは勝利者の一団を生み出したキリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(4)終わりの日における神様の裁きの働きは勝利者の一団を生み出した キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(3)「聖霊が宿り、二つの霊が混ざり合う」という言葉の誤謬を暴くキリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(3)「聖霊が宿り、二つの霊が混ざり合う」という言葉の誤謬を暴く キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(2)「神様のお姿を生きる人は神様になれる」という言葉の不条理を解剖するキリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(2)「神様のお姿を生きる人は神様になれる」という言葉の不条理を解剖する キリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(1)「神人論」の誤謬を暴くキリスト教映画「危うく引き上げられる」抜粋シーン(1)「神人論」の誤謬を暴く 主の再来を考察するには、神の御声を聴くべき | キリスト教映画「玉座から命の川の水が流れ出る」抜粋シーン(3)主の再来を考察するには、神の御声を聴くべき | キリスト教映画「玉座から命の川の水が流れ出る」抜粋シーン(3)

ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え

特集映画クリップ   688  

あらすじ

ゴスペル キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン(5)労を惜しまずに働くことは 主に対する信仰の現れか 日本語吹き替え

信者の大半は、主の御名を守り、しばしば祈り、聖書を読んで集会に参加し、物を捨て、主のために労を惜しまず働きさえすれば、それが主に対する真の信仰であり、主が再臨される時には天国へと引き上げてもらえるのだと信じていますが、このような見解は正しいのでしょうか?主イエスは、「その日には、多くの者が、わたしにむかって、『主よ、主よ、わたしたちはあなたの名によって預言したではありませんか。また、あなたの名によって悪霊を追い出し、あなたの名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか』と言うであろう。そのとき、わたしは彼らにはっきり、こう言おう、『あなたがたを全く知らない。不法を働く者どもよ、行ってしまえ』。」(マタイによる福音書7章22-23節)と仰いました。全能神は、 「わたしは、あなたの大いなる努力がどれほど賞讃に値するか、あなたの資格がどれほど素晴らしいか、どれほど忠実にわたしに従っているか、あなたの姿勢がどれほど改善されたかは問わない。あなたがわたしの要求した物事を行わない限り、あなたは決してわたしの賞讃を得ることができないであろう。」と仰っています。

おすすめ動画:

キリスト教映画「待ち焦がれて」神は天の御国の降臨の奥義を明かす日本語吹き替え 完全な映画のHD2018

https://jp.godfootsteps.org/videos/Yearning-movie.html

「『網』を突き破る」から、その一「欺きから目覚める」

https://jp.godfootsteps.org/videos/break-through-the-snare-5.html

[東方閃電]全能神教会は、主イエスの再臨である終わりの日のキリスト全能神の現れと働きによって創られました。当教会は、終わりの日の全能神の働きを受け入れ、神の言葉によって征服され救われるすべての人々によって成り立っています。当教会は、全能神ご自身によって全てを創られ、全能神ご自身によって導かれ牧養されています。決して人によって創られたものではありません。キリストは道であり、真理であり、いのちなのです。神の羊は神の御声を聞きます。全能神の言葉を読めば神が現れられたのを見ることができます。

無料でアプリをダウンロードする

素晴らしいビデオの数々が神様の働きの理解へと導きます

無料でアプリをダウンロードする

素晴らしいビデオの数々が神様の働きの理解へと導きます