キリスト教映画「神への信仰」抜粋シーン:懸命に働くことは真に神を信じることと同じか 日本語吹き替え

2018年10月1日

信者の大半は、主の御名を守り、しばしば祈り、聖書を読んで集会に参加し、物を捨て、主のために労を惜しまず働きさえすれば、それが主に対する真の信仰であり、主が再臨される時には天国へと引き上げてもらえるのだと信じていますが、このような見方は正しいでしょうか。この動画があなたに答えを示します。

おすすめ動画:

キリスト教映画「待ち焦がれて」日本語吹き替え 完全な映画のHD2018 

https://jp.godfootsteps.org/videos/Yearning-movie.html

「『網』を突き破る」から、その一「欺きから目覚める」

https://jp.godfootsteps.org/videos/break-through-the-snare-5.html

全能神教会日本語チャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCWAJdQcSA4UUX-fcT-wWvJg

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル