キリスト教の歌「神が肉体の中に来て働く主な目的」MV

2016年7月31日

1.神が肉体の中に来たのは、主に人に神の実際の業を見せるためであり、形も姿もない霊を肉体の中に実際化して、人が触れることも見ることもできるようにするためである。こうしてこそ、神に完全にされる人が彼を生かし出す人、神に得られ、神の心にかなう人になることができる。

2.もし神がただ天で言葉を言い、声を発し、実際に地上に来なければ、人はやはり神を知ることができず、空疎な理論で神の業を言い伝えることしかできず、神の言葉を実際とすることはできない。神が地上に来た主な目的は、神に得られる人のために、手本、模範となることである。こうしてこそ、人は実際に神を知り、神に触れ、神を見ることができ、本当に神に得られることができる。神が地上に来た主な目的は、神に得られる人のために、手本、模範となることである。こうしてこそ、人は実際に神を知り、神に触れ、神を見ることができ、本当に神に得られることができる。

『言葉は肉において現れる』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル