真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

全能神の御国の福音の中国における伝播

1995年、全能神の御国の福音の証しをする業が中国本土で正式に開始されました。神に対する私達の感謝と真の愛により、私達は各宗派、各教派の兄弟姉妹に対して、全能神のご出現と御業の証しに立ちました。私達は、そうした兄弟姉妹の指導者からの極度の反抗と中傷を受けるとは、全く予想しませんでした。全能神の御前で熱心に祈り、個人の中で神が御業を行うよう懇願する以外に、私達に為す術がありませんでした。1997年以降、私達は聖霊が大規模な御業を行われているのを見ました。各地の教会で信者数が急増しました。それと同時に、多数のしるしと奇跡が見られ、神の黙示、あるいはそうしたしるしと奇跡を見た結果、各宗派、各教派に属する大勢の人々が全能神の元へと戻りました。聖霊が御業を行っていなかったとしたら、人間には何が出来るでしょうか。そのことにより、私達は、自分が真理を理解していても、人間の力だけでは全能神の証しに立つことは出来なかった、ということを認識させられました。そうした各宗派、各教派の人々が全能神を受け容れた後、そうした人々は、全能神の御言葉を食べ飲みして享受することにより、心の中で次第に全能神を確信し、その後一定期間を経て、そうした人々の中に神の信仰と従順さが生まれました。各宗派、各教派の人々は、こうして王座の御前へと導かれ、そうした人々が想像するように「天に居る主に会う」ことを求められなくなりました。

御国の福音の伝播が始まって以来、私達は中国政府による捜索と拘束、残虐な迫害を受けました。それ以上に悲劇的なことに、私達はカトリック教会その他全てのキリスト教宗派、教派から酷評され、罪に陥れられ、非難され、拒否されました。そのことにより、私達は大規模な困難に見舞われ、福音の業を一時休止するまでに達しました。こうした問題に直面した私達はどうすることも出来ず途方に暮れました。それはあたかも四方を包囲されたかのようでした。それと同時に、私達に対する非難は倍増しました。私達は素晴らしい神の救いを授かり、多くの真理を知りましたが、福音を伝道出来ませんでした。私達は神の証として不相応であり、神託に恥じない行動が出来ませんでした。こうした心境において、私達は皆、自らの本分を尽くし損ねたと感じ、その後の方向性を見失い、神に対してどう申し訳をすればよいか分からず、ましてや神の警告や委託と向き合えばよいかなど、全く分かりませんでした。私達は茫然としていたものの、依然として神の御心が私達を呼ばれ、神が得ることを望まれる羊それぞれを呼ばれていると感じました。従って、私達は皆、負債と罪を負い、神に祈り、自らの心のたけを打ち明けること渇望して、神の御前に来ました。「神よ、私達があなたの羊を全て見つけられるよう、私達に強さと知恵を授けてくださいますように。あなたの御旨が私達に行われ、あなたの御国の福音が広まりますように。あなたの御言葉により一層多くの人々があなたの家に導かれますように。私達があなたの福音を広められる限り、たとえ私達が命を犠牲にしなければならなくても、私達は大いなる苦難を受けることを望みます。私達があなたに祈るのは、あなたが私達に一層の強さを授けられることのみです。私達は、あなたの段階的な導きに協力させていただくことを望みます。神よ、私達は器量が小さく、弱いので、あなたの委託を円滑に完了できません。あなたが、あなたの福音の伝播を阻害する敵対勢力を縛られ、あなたの者ではない悪魔の血を呪われ、あなたの福音の伝播を阻む全ての障害を一掃され、私達のために道を拓かれますように。」私達は、自らの祈りが神の耳へ届いたと考えています。なぜなら、私達の懇願は神の御旨に付き従うものであり、神の御旨のために行われたからです。間も無くして、神は本当に大いなる御業を行われ、それによって私達は嘗て無い歓喜を感じました。神は私達に知恵を授け、信念と強さを与えられたので、福音の業は急速に広がり、最高潮に達しました。私達は皆、それが神が私達に伝えられた福音であった事、そしてそれが神の私達に対する激励と報いであった事を知り、それにも増してそう信じています。私達が受けた苦難は報われました。私達は、「ただ神のみがその働きを行うことができる。」という御言葉の本当の意味を一層深く、心の底から理解しました。神は最初に、いくつか小さな試練を私達に与えられたに過ぎません。私達は神の導きと助け、そして配慮と守りを、喜びとともに心の底から感謝しました。それと同時に、私達は神の御業の偉大さ、神のご性情の高貴さを知り、そしてそれ以上に神の義、人間による侵害を神が容赦されないことを知りました。なぜなら、神は人間を救われると同時に、神を拒んだ数多くの敵に罰を与えられたからです。中国本土の24の省や市にある全ての教派の指導者のうちには、躍起になって全能神に反抗し、全能神を非難し、冒涜したことに対する罰を受けた者の典型的な事例があります。その人数は、律法の時代に神の御業を拒んだために罰を受けた人々の数を遙かに上回ります。終わりの日に、人間は極度に堕落させられ、神に対する反抗に一層熱心になったと考えられます。極めて多数の人間が罰を受けて排除され、「招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない」という聖書の預言が完全に満たされました。仮に、聖霊がそのような大いなる御業を行わなかったとしたら、人間は御国の福音を伝道する業を行う力が無かったでしょう。神の御業と、御国の福音を伝道する業は、最初から最後まで、中国共産党すなわち赤い大きな竜による強烈な反抗と残忍な迫害を受けてきました。全能神教会の信者のうち、10万名以上が拘束されて監禁され、ありとあらゆる略奪や拷問を受けました。中国共産党により、多くの者が指名手配されて捜索され、拘束されました。そうした者は帰宅できずに、神のために費やして彷徨うほかありませんでした。極めて多くの者が監視を受けたため、自らの本分を尽くすことが出来ませんでした。極めて多くの者が中国共産党により支配され、自宅から外出出来ませんでした。… 神の御業に反抗し、神の御業を失敗させようとするにあたり、赤い大きな竜はありとあらゆる卑劣な手段で大規模な人的、経済的資源を費やして来ました。赤い大きな竜は悪質かつ狡猾な手段を尽くしているにもかかわらず、決して神の御業の進捗を止めることは出来ません。神は、自らの御旨を満たすことに資するあらゆる物事を操られます。赤い大きな竜は完全に神の指揮下にあり、神により右往左往させられて完全に混乱し、そこから抜け出す術はありません。赤い大きな竜は何度も全国的な捜索、拘束を実施する寸前まで達しましたが、その計画は神の采配により阻まれました。赤い大きな竜は全能神教会を滅ぼそうと手を伸ばしましたが、それは失敗に終わりました。赤い大きな竜は何度も神の御業を阻むために一層大規模な措置を講じようとしましたが、神の統治と操作により、失敗に終わりました。そうした時、赤い大きな竜は怒って捨て鉢になりましたが、何も手を講じることが出来ませんでした。それゆえ、赤い大きな竜は、天が味方しない不運を認めなければなりませんでした。それはまさに、天が中国共産党を滅ぼすということです。御国の福音を伝道することにより、私達は神の全能性を目の当たりにしてきました。サタンの配下にある権力者がどれほど残忍であるかを問わず、またそうした者がいかに協力して神の御業に反抗するかを問わず、それは失敗に終わります。僅か10年あまりの間に、御国の福音は中国本土全域に伝播しました。神の御言葉と神の御名は数億世帯に伝播し、数百万名の人々が全能神の御名の下に来ました。中国本土の各教派のうち、真理を追求し、真に神を求める者の大部分が、全能神の御前に還りました。数百万名が全能神の御言葉を授かり、神の御業と救いを受け、神の奇しき御業を讃えています。神は中国の克服者の集団を結成され、神と心をひとつにする者の集団を得られました。それによって、神の公衆の面前へのご出現への道が拓かれました。神の御業は、遂に栄光のうちに終わりました。神は大きな赤い龍に罰を与え始められ、その後神は世界各国の各地の公衆の面前に現れられるでしょう。

1992年、全能神であられる終わりの日のキリストは、正式に神の元来の身分において御言葉を述べられ始めました。神は数百万に上る御言葉を述べられ、中国国内の神の選民を全て征服され、救われました。その後、中国本土において、終わりの日における神の御業の証が急増し、聖霊の御業は神の選民と共にありました。各教派の人々の多くが神の御言葉により征服され、それが完全に神の御言葉であることを認め、完全に確信しました。神の羊は、遂に神の声を聞き、神の御前へと戻りました。この時期において、聖霊は多数のしるしと奇跡を行われ、神の選民が各教派から全能神の家へ還るのを導きました。神の選民が日々還ってくるにつれ、各教派は崩壊し、消滅し、それはあたかも宗教界が一掃されたかのようでした。

御国の福音を伝道する最中は、神に反抗していた様々な悪魔やキリスト教反対論者が、神の義なる罰を受けました。こうして、人々は神に反抗することの結末を見ました。赤い大きな竜は神の業を潰して消し去ろうとしましたが、最終的にそれは失敗に終わりました。神に反抗したあらゆる邪悪な権力が、完全に恥辱を受け、失敗しました。赤い大きな竜は、最終的に奉仕を終え、神の罰を受け始めました。嘗て、全能神は「あなたがたは、ほんとうに赤い大きな竜を憎んでいるのか。ほんとうに、心から竜を憎んでいるのか。なぜわたしは、こんなに何度も尋ねているのか。なぜわたしは、この問を何度も繰り返しているのか。あなたがたは、赤い大きな竜について、どんな印象をもっているのか。それはほんとうに除かれたのか。ほんとうに、竜を自分の「父」とは考えていないのか。すべての人は、わたしの問の中にわたしの意図を理解しなければならない。これは、人々を怒らせようというのではなく、人々の間に反乱を起こさせようというのでもない。また、人間に自分で解決法を見つけさせようというのでもない。すべての人が赤い大きな竜の縛めから自由になれるようにと、していることなのだ。しかし、誰も心配することはない。すべてはわたしの言葉で成し遂げられる。誰一人手を出すことはできない。また、誰一人、わたしのしている働きをすることは、できない。わたしは全地の空気をきれいに拭い、地上にいる悪魔たちの痕跡を一掃しよう。わたしはすでに始めている。そして、わたしの刑罰の働きの第一段階を赤い大きな竜のすみかで始める。そうして、わたしの刑罰が全宇宙に及ぶと、赤い大きな竜とあらゆる不浄な霊が無力で、わたしの刑罰を免れないことがわかる。わたしは全地を調べるのだから。地上でのわたしの働きが完了すると、つまり、裁きの時代が終わると、わたしは正式に赤い大きな竜を刑罰する。わが民は、わたしが赤い大きな竜に与える義の刑罰を見る。人々は、わたしの義のゆえにたたえをささげ、わたしの義のゆえに、永遠にわたしの聖なる名を称える。そこで、あなたがたは、正式に本分を果たし、全地で正式にわたしをたたえる。永遠に絶えることなく。

裁きの時代のさなか、わたしは働きを終えることを急がない。そうではなく、刑罰の時代の「証拠」を折り込み、その証拠が、わが民みなに見られるようにする。すると、そこからすばらしい実が結ばれるだろう。この「証拠」は、わたしが赤い大きな竜を刑罰する手段であり、わたしは、わが民がその目で見るようにする。彼らがわたしの性質をよりよく知るようにするためである。わが民がわたしを享受する時は、赤い大きな竜が刑罰される時である。赤い大きな竜の民が立ち上がり、竜に逆らい背くようにするのがわたしの計画であり、それにより、わが民を完全にする。これはまた、わが民すべてが、いのちにおいて成長する、すばらしい機会である。」(『言葉は肉において現れる』より)と述べられました。

御国の福音の伝播は過去最高の状態に達しています。数百万名が全能神の御名の下に来ました。全能神の御名が中国本渡全域に広まり、全能神教会は各省、各地方に出現しました。全能神の御業を受け容れた者は、全員神の御言葉による導きを授かり、神の救いの御業を経験しています。嘗て全能神が「宇宙の隅々までわたしはわたしの働きを行っている。東方では、雷のような轟音が終わることなく発生し、すべての宗派や分派を震わせている。すべての人々を現在に連れて来たのはわたしの声である。わたしはわたしの声が人を征服するようにする。彼らはみなこの流れに落ち、すべての者はわたしの前に帰服する。わたしはずっと前に全地からわたしの栄光を取り戻し、東方で新たにそれを発したからである。わたしの栄光を見ることを願わない者がいるだろうか。わたしが戻ってくるのを心待ちにしない者がいるだろうか。わたしが再び現れることを渇望しない者がいるだろうか。わたしの愛らしさを懐かしがらない者がいるだろうか。光の元へ来ようとしない者がいるだろうか。カナンの地の豊かさを見ようとしない者がいるだろうか。「贖い主」が再び来るのを待ち望まない者がいるだろうか。偉大なる全能者を敬慕しない者がいるだろうか。わたしの声は全地の隅々まで広められなければならない。わたしはわたしに選ばれた者にもっと話しかけたいと願う。わたしが発する言葉は強大な雷のように山々や川を震わせる。わたしは全宇宙と人類へ話しかける。そしてわたしの言葉は人の宝になり、すべての人々はそれらを大切にする。稲妻が東から西へひらめき渡る。わたしの言葉は、人が決して手放したくないもの、そして測り難いものであるが、それ以上に彼らに喜びをもたらすものである。生まれたての赤児のように、すべての人々は喜びに満ち、わたしの到来を祝う。わたしはすべての人々を、わたしの声によってわたしの前へ連れて来る。その時から、わたしは正式に人々の中へ入る、人々がわたしを礼拝するために。わたしから放たれる栄光とわたしの言葉によって、人々はみなわたしの前へ来るようになり、稲妻が東方から閃くこと、またわたしが東方の「オリーブ山」に降ったことも知るようになる。彼らはわたしがずっと前からすでに地上にいたことを知り、「ユダヤ人の息子」ではなく、東方の稲妻だと知るだろう。なぜならわたしはずっと前に復活し、人々の中から去って、その後栄光と共に再び人々の中に現れたからである。わたしは幾時代も前に崇拝された神であり、幾時代も前にイスラエル人によって見捨てられた「赤児」である。それだけでなく、わたしは今の時代の栄光に満ちた全能神である。すべての者をわたしの玉座の前に来させ、わたしの栄光に満ちた顔を見せ、わたしの声を聞かせ、わたしの業を見せなさい。これがわたしの心の全てである。これがわたしの計画の結末であり、クライマックスであると同時に、わたしの経営の目的でもある。すべての国々にわたしをひれ伏させ、すべての人にその言葉でわたしを認めさせ、すべての人にわたしを信頼させ、またすべての人がわたしに服従するようにしなさい。」(『言葉は肉において現れる』の「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」より)と述べたように。

中国本土における神の御業は、遂に栄光のうちに終わりました。神は、世界各国の各地において、公衆の面前に出現されようとしています。各国の各地に居る者で、神のご出現を待ち望んでいた者は、公衆の面前へのご出現を待ち望んでいた神が、既に密かに中国に来られて征服と救いの業のうち、ある段階を行っているとは、夢にも思いませんでした。中国における神の御業を非難する者や、中国本土における聖霊の御業に対して、依然として冒涜している者が、未だに極めて多数存在します。神が公衆の面前に来られた時になって初めて、そうした者はあたかも夢から醒めるように目ざめて、良心の呵責に満たされ、「私が反抗していた全能神は、まさしく再来された主イエスであられるとは、夢にも思わなかった。」と言うでしょう。しかし、そうした人々は、闇ですすり泣き、歯ぎしりするしかありません。このことは、聖書の黙示録にある聖句を完全に満たしました。すなわち、「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう。」(ヨハネの黙示1:7)大きな白い王座の裁きが遂に開始されました。

全能神は「わたしの国では、無数の被造物がよみがえりを始め、生気を取り戻す。地上の状態が変化したため、地と地の境界にもまた、変化が起こる。以前、わたしは預言した──地が地から離れ、地が地とつながると、そのとき、わたしは国々を打ち砕くと。このとき、わたしはすべての被造物を新たにし、全宇宙を区切りなおす。それにより、全宇宙を秩序立て、古い状態を新しいものに変える。これがわたしの計画だ。これらがわたしの業だ。国々と世界の人々がみな、わたしの玉座の前に戻ると、わたしは天の富をすべて人間の世界に与え、わたしによって、比類ない富にあふれるようにする。しかし、古い世界が存続する間、わたしは国々の上に怒りを投げつけ、わたしの行政を全宇宙に公布し、違反する者には刑罰を下す。わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行ってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けてひれ伏す。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽と月は新たになる──空はもはや以前のものではない。地上の無数の物事が新たになる。すべては、わたしの言葉により完全になる。全宇宙の多くの国々は、新たに区切られ、わたしの国に置き換わる。地上の国々は永遠に消え去り、わたしを崇める一つの国になる。地上のすべての国々は破壊され、存在しなくなる。全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。サタンを礼拝する者はみな、わたしの燃える炎に倒れる──つまり、今、流れの中にいる者以外は、灰になるのだ。わたしが多くの民を罰するとき、宗教界にいる者は、わたしの業に征服され、程度の差はあれ、わたしの国に戻る。彼らは「聖なる方が白い雲の上に乗って」降臨するのを見たからである。人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける。わたしに敵対した者たちは、みな滅びる。地上での行いがわたしと関わりのなかった人たち、その人たちは、自分たちの行いによって、地上にわたしの子らとわが民の支配下で存在を続ける。わたしは無数の人々と無数の民族にわたしを現し、わたしは自ら声を発して地上にわたしの大いなる働きの完了を告げ、全人類が自分たちの目でそれを見られるようにする。」(『言葉は肉において現れる』より)と述べられました。