日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋64

 神の中にある物事や神の存在に関する理解を深めることを望む場合、旧約聖書や律法時代に留まることは不可能であり、神が業における段階を先へと進むのに合わせて先へと進む必要がある。それゆえ、神が律法時代を終え、恵みの時代を開始するのに従って、人間もまた、恵みと贖いに満ちた時代である、恵みの時代へと進んだ。この時代では、再び神が初めての重要な事を行った。この神と人間の両者にとっての新時代における業は、新たな出発点であった。この新たな出発点もまた、神が初めて行なった新たな業であった。この新たな業は、神が行なった前代未聞の事柄であり、また人間や全ての被造物が想像できないものであった。その業とは、現在においては、すべての者に知られていることであるが、神は初めて人間の姿になり、初めて人間の姿で、人間として業に着手した。この新たな業により、神が律法時代の業を完了し、神がその後、律法に基づいて業を行うことも、言葉を述べることもないことが示された。神は、それ以後に律法という形あるいは律法という原理や規則に従って言葉を述べることも業を行うこともなかった。すなわち、律法に基づく神の業は永遠に止まり、それ以後継続することはなかった。なぜなら、神は新たな業を開始し、新たな行動を実施することを望んでおり、神の計画は、再び新たな出発点に立ったからである。そういうわけで、神は人間を次の時代へと導く必要があった。

 このことが人間にとって喜ぶべきであるか、忌むべきであるかは、人間の本質が何であるかにより決まる。このことは、一部の人々にとっては嬉しい知らせではなく忌むべき知らせであった。なぜなら、神が新たな業を開始した時、律法と規則に従うのみであった人々、教義に従うのみで神を畏れることのなかった人々は、神の従前の業をもって新たな業を非難しようとする傾向にあった。こうした人々にとって、このことは悪い知らせであったのに対し、汚れなく率直であり、神に対して誠実であり、神の贖いを喜んで受けた人々にとっては、神の最初の受肉は極めて喜ばしい知らせであった。人間が創られて以来、神が霊ではない形で現れ、人間とともに生活したのはこれが初めてであり、神は人間として生まれ、人の子として生活し、人々の中で業を行った。この「初めての出来事」は、人々の観念を破壊し、あらゆる想像を越えるものであった。さらに、神の信者は、実質的な利益を得た。神は旧時代のみならず、神の旧来の業の方法と方式をも終わらせた。すなわち神は、使者に神の旨を伝えさせることを止め、もはや雲間に隠れることもなく、「いかずちの光」により現れ、人間に命令口調で語ることはなくなった。それ以前とは異なり、人間にとって想像もつかず、理解することも受け入れることも極めて困難な方法、すなわち身体を持つという方法で、人の子となり、その時代の業を展開した。この段階は、人間にとって驚異であり、また不快なものであった。なぜなら、神はまたしても、神がそれまで行ったことのない業を始めたからである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 8」抜粋173

4.光 四番目は、人間の目に関係しています。それは光です。光もまた極めて重要です。眩しい光を見て、その光の明るさがある程度に達すると、人は失明します。つまるところ、人間の目は、肉の目なのです。損傷に耐えられません。誰か太陽の光を敢えて直視しますか。中には試した人がいます。サングラ…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋18

神を畏れることは、神を神として扱うことから始まる  ある者から質問があった。その質問は、現在人間は、ヨブよりも神に関する認識が多いにもかかわらず、人間が神を畏れられないのは何故か、ということである。この問題については、先般少しだけ触れたであろう。事実、この問題の本質、すなわちヨブ…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋10

神を畏れず、邪悪を避けないことは、神への反逆である。  現在、あなた方は、神や神の言葉と面と向かっているような状態である。あなた方の神に関する認識は、ヨブの認識よりも遙かに多い。わたしがこのことを取り上げたのは何故だろうか。わたしがこう述べるのは何故であろうか。あなた方に、ある…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 10」抜粋192

未信者について、神の業の背後にある原則は、善を讃えて悪を懲罰するものですか。例外はありますか。(ありません。)神の業に原則があることを理解しましたか。未信者は実際に神を信じておらず、神の指揮に従うこともありません。加えて神の統治を認識しておらず、ましてや神を認めることなどありませ…