日々の神の御言葉「終着点のために十分な善行を積みなさい」抜粋584

わたしはあなたがたの間で多くの仕事を成し遂げ、もちろん、何度も言葉を発して来た。しかし、わたしの言葉やわたしの働きは、終わりの日のわたしの働きの目的を完全に達成していないと感じる。終わりの日には、わたしの働きは特定の人や人々のためではなく、わたしの本来の性質を現わすためにある。しかし、無数の理由から―おそらく、時間が足りず、多忙を極めた仕事のスケジュールなどの理由で―わたしの性質により人がわたしのことを少しでも知るようにさせるには至らなかった。ゆえに、わたしの新しい計画、わたしの最後の働きへと前進してわたしの働きの新しいページを開き、その結果、わたしを見る者たちはみな、わたしの存在ゆえに胸をたたいて、とめどなく泣くだろう。それは、わたしはこの世に人類の最後をもたらし、その後、わたしの性質をすべて人類の前に公布するからだ。そうして、わたしを知っている人たちもわたしを知らない人たちもすべて「喜んで見つめる」。そして、確かに、わたしが人間の世界に現れ、全てのものが増える地上に来たことを知るのである。これはわたしの計画であり、わたしの人類の創造以来、たったひとつの「告白」である。あなたがたにわたしの一挙一動だけを見つめて欲しいと願う。わたしの杖はもう一度、人類に、わたしに敵対する者たちすべての近くに押しつけられているからだ。

 天と共に、わたしは自分がしなければならない仕事を始める。そのため、わたしは人々の流れの中を曲がりくねって進み、天と地の間を動いて行く。だれもわたしの動きに注目する者はおらず、わたしの言葉に気づく者はいない。ゆえに、わたしの計画は依然として順調に進んでいる。あなたがたの感覚があまりにも麻痺してしまったため、わたしの仕事の段取りがあなたがたには少しも分からないだけである。しかし、いつの日か必ず、あなたがたはわたしの意図を理解するだろう。今日、わたしはあなたがたと共に生き、共に苦しんでいる。わたしは人間のわたしに対する態度を長い間理解して来た。これ以上明瞭にすることは望まず、ましてやあなたがたを辱しめるために、さらに事例を挙げてあえて痛みを感じるようなことはしたくない。わたしの唯一の願いは、あなたがたが行ったことすべてを心の内に留め、再会した日にはそのひとつひとつをわたしの前で数え上げることができるようにすることである。わたしはあなたがたの誰にも濡れ衣を着せたくない。わたしは常に正しく、公正に、また責められるところがなく行動して来たからである。勿論、わたしはあなたがたも心を開いた度量の大きい者であり、天と地、またあなたがたの良心に逆らうようなことを何一つしないようにと願っている。これが唯一、わたしがあなたがたに願うことである。多くの人たちは自分たちが犯した甚だしい過ち故に、心が落ち着くことはなく、穏やかでない。また多くの人たちはたった一つの良い行いすらしてこなかったことを恥じている。しかし、自分たちの罪を恥ずかしいとは全く思わず、ますます悪くなる者たちも多く、まだ完全に暴露されていない自分たちの醜い顔の覆いを完全に引き剥がし、わたしの性質を試そうとする。わたしは、誰かの行動を気にすることも注意深く見ることもない。むしろ、情報収集であれ、地上を歩き回ることであれ、興味のあることであれ、わたしはわたしがしなければならないことをする。大切な時には、一秒も遅れることも、早まることもなく、計画通りに人々の中でわたしの働きを進め、それは楽々とまた素早く行われる。しかし、わたしの働きの各段階で、捨て去られる人たちもいる。わたしは彼らが見かけばかりであることや、彼らの見せかけのへつらいを軽蔑するからである。わたしが忌み嫌う者たちは意図的であろうがなかろうが確実に捨てられる。つまり、わたしはわたしが軽蔑する全ての者が離れていくことを望んでいる。言うまでもなく、わたしの家に留まっている悪い者たちを見逃すことはしない。人を懲罰する日が近づいているため、あのような卑劣な魂を全て急いで投げ捨てようとは思わない。なぜなら、わたし自身の計画があるからだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

神はこの世に人類の最後をもたらす

終わりの日には、神の働きは特定の人や人々のためではなく、神の本来の性質を現すためにある。しかし、無数の理由から おそらく、時間が足りず、多忙を極めた仕事のスケジュールなどの理由で神の性質により人が神のことを少しでも知るようにさせるには至らなかった。

神はその新しい計画と最後の働きへと前進して働きの新しいページを開き、神を見る者たちはみな、神の存在ゆえに胸をたたいて、とめどなく泣くだろう。

神はこの世に人類の最後をもたらし、神の性質をすべて人類の前に公布するからだ。そうして、神を知っている人も神を知らない人もすべて「喜んで見つめる」。確かに、神が人間の世界に現れ、全てのものが増える地上に来たことを知るのである。これは神の計画であり、神の人類の創造以来、たったひとつの「告白」である。

あなたがたに神の一挙一動だけを見つめて欲しいと願う。神の杖はもう一度、人類に、神に敵対する者たちすべての近くに押しつけられているからだ。

神はその新しい計画と最後の働きへと前進して働きの新しいページを開き、神を見る者たちはみな、神の存在ゆえに胸をたたいて、とめどなく泣くだろう。

神はこの世に人類の最後をもたらし、神の性質をすべて人類の前に公布するからだ。そうして、神を知っている人も神を知らない人もすべて「喜んで見つめる」。確かに、神が人間の世界に現れ、全てのものが増える地上に来たことを知るのである。これは神の計画であり、神の人類の創造以来、たったひとつの「告白」である。

終わりの日には、神の働きは特定の人や人々のためではなく、神の本来の性質を現わすためにある。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋190

神の経営の六千年の働きは、律法の時代、恵みの時代、神の国の時代と3段階に分かれている。これら3段階の働きはすべて人の救いのためである。すなわち、それらはサタンによってひどく堕落していた人類の救いのためである。しかし、それと同時に、神がサタンと戦うためでもある。そのため、救いの働…

日々の神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋355

初めて社会科学の考えを持つようになってから、人の精神は科学と知識に占領されてしまった。それからすぐ、科学と知識は人類を支配する道具となり、もはや人が神を礼拝する充分な余地はなくなり、神を礼拝する好ましい条件もなくなった。人の心の中で占める神の位置はどこまでも低められていった。…

日々の神の御言葉「本物の人とは何を意味するのか」抜粋348

人を経営する(救う)ことはわたしの仕事であり、わたしが人を征服するのは尚の事、わたしが世界を創造したときに決められていた。人々は、終わりの日にわたしが彼らを完全に征服することを知らず、わたしがサタンを打ち負かす証拠は、不従順な人間たちを征服するためのものだということにも気づい…

日々の神の御言葉「神と人は共に安息に入る」抜粋93

終わりの日の神の裁き、懲らしめの働き、すなわち、最後の清めの働きの中でゆるがず耐え抜ける人たちが、神と共に最後の安息の中に入る人たちである。したがって、安息の中に入る人はみな、神の最後の清めの働きを経て初めて、サタンの支配から振りほどかれ、神によって得られたに違いない。最終的に神…