日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十章」抜粋582

わたしの言葉がすべて終わった後、わたしの国は徐々に地に形を現し、人間は次第に正常に戻り、そうして、地上にわたしの心の国が築かれる。その国では、神の民全員が正常な人間の生活を取り戻す。凍える冬は去り、春の訪れた町々の世界となり、一年中春が続く。もはや人々は暗く惨めな人間世界に臨まない。もはや人間世界の凍える寒さを耐えることがない。人々は互いに戦うことなく、国々は互いに戦争を仕掛けることがない。もはや大虐殺が行われて血が流されることはない。地はすべて幸福に満たされ、どこも人と人とのぬくもりが満ちる。わたしは世界を動き回り、玉座の上から楽しむ。わたしは星々の間で暮らす。そして、天使たちがわたしに新しい歌や踊りをささげる。天使たちは、もはや自身のもろさに涙がほほを伝うことはない。もはや天使がわたしの前ですすり泣くのを聞くことがない。そして、もはや誰も苦難をわたしに訴えることがない。今日、あなたがたはわたしの前で生きている。明日、あなたがたはみな、わたしの国で暮らすようになる。これは、わたしが人間に与える最大の祝福ではないか。あなたがたは、今日支払う代価のために、将来の祝福を相続し、わたしの栄光の中で生きることになる。あなたがたはまだ、わたしの霊の本質と関わりたくないのか。あなたがたは、まだ自分を殺したいのか。人間は、それがはかないものであっても、自分の目に見える約束は追い求めたがる。しかし、それがたとえ永遠のものであっても、明日の約束を受け入れようとする者は誰もいない。人間の目に見えるものを、わたしは根こそぎにする。人間には感知できないことを、わたしは成し遂げる。これが神と人との違いである。

『言葉は肉において現れる』より引用

神が人に授ける最高の祝福

神の言葉が完成するにつれて、神の国は徐々に地に形を現し、人間は次第に正常に戻り、そうして、地上に神の心の国が築かれる。

神の国では、神の民全員が正常な人間の生活を取り戻す。今日、あなたがたは神の前で生きている。明日、あなたがたはみな、神の国で暮らすようになる。地はすべて幸福に満たされ、どこも人と人のぬくもりが満ちる。神の国がこの地上にある。神の国がこの地上にある。

凍える冬は去り、春の訪れた町々の世界となり、一年中春が続く。もはや人々は暗く惨めな人間世界に臨まない。もはや人間世界の凍える寒さを耐えることがない。

人々は互いに戦うことなく、国々は互いに戦争を仕掛けることがない。もはや大虐殺が行われて血が流されることはない。明日、あなたがたはみな、神の国で暮らすようになる。地はすべて幸福に満たされ、どこも人と人のぬくもりが満ちる。神の国がこの地上にある。神の国がこの地上にある。

神は世界を動き回り、玉座の上から楽しむ。神は星々の間で暮らす。そして、天使たちが神に新しい歌や踊りをささげる。天使たちは、もはや自身のもろさに涙がほおを伝うことはなく、神に新しい歌や踊りをささげる。神に新しい歌や踊りをささげる。もはや天使がわたしの前ですすり泣くのを聞くことがなく、神に新しい歌や踊りをささげる。神に新しい歌や踊りをささげる。

そして、もはや誰も苦難を神に訴えることがない。今日、あなたがたは神の前で生きている。明日、あなたがたはみな、神の国で暮らすようになる。これは、神が人間に与える最大の祝福ではないか。

神の国では、神の民全員が正常な人間の生活を取り戻す。今日、あなたがたは神の前で生きている。明日、あなたがたはみな、神の国で暮らすようになる。地はすべて幸福に満たされ、どこも人と人のぬくもりが満ちる。神の国がこの地上にある。神の国がこの地上にある。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十八章」抜粋228

明るい月が昇ると、直ちに夜の静寂が破られる。月は欠けているが、人間は意気高く、月光の下で、光に照らされた美しい風景を眺め、穏やかに座っている。人間は自分の感情を表現できない。まるで、過去のことを振り返るようだ。未来を見たがっているようだ。現在を楽しんでいるようだ。人間の顔に笑みが…

日々の神の御言葉「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」抜粋500

神は現実と事実を用いて、人々を完全にする。神の言葉は、人間を完全にするための働きの一部であり、これは導きの働き、道を開かれるということなのだ。いわば、神の言葉によって人は実践の道を見出し、ビジョンに対する認識を見出さなければいけないのだ。これらのことを理解していれば、実践の中に道…