日々の神の御言葉「信者は世界の悪しき風潮を見通すことから始めなければならない」抜粋376

どれほど多くの真理を理解しているか、どれだけ本分を尽くしてきたか、本分を尽くす中でどれほど多く経験してきたか、霊的背丈の大小がどの程度か、自分がどのような環境にいるかにかかわらず、何をなすにしても神を仰ぎ、神に頼ることが不可欠です。これこそがもっとも偉大な知恵なのです。もっとも偉大な知恵とわたしが言うのはなぜですか。数多くの真理を理解するようになったとしても、神に頼らなければ何の役に立ちますか。中には、少しだけ長く神を信じたあと、真理をいくつか理解するようになり、二、三の試練を受けた人がいます。そのような人は実際の経験を少しは積んできたかもしれませんが、神に頼ることを知らず、いかに神を仰いで神に頼るべきかも理解していません。そのような人は知恵を有していますか。彼らはもっとも愚かな人であり、自分のことを賢いと思っているような人です。彼らは神を畏れず、悪を避けません。中には、「わたしは多くの真理を理解し、真理現実を自分のものにしている。原則に沿ったやり方で物事を行えばそれでいい。わたしは神に忠実だし、どうやって神に近づけばよいかを知っている。真理に頼れば十分ではないか」と言う人がいます。教義の面から言えば、「真理に頼る」のは立派なことです。しかし多くの場合、あるいは多くの状況において、人は真理とは何か、真理原則とは何かを知りません。実際の経験がある人はみなこのことを知っています。たとえば何らかの問題に遭遇したとき、その問題に関係する真理がどのように実践されるべきか、どのように適用されるべきかをあなたは知らないでしょう。このようなときに何をすべきですか。どれほど実際の経験を積んでいようとも、あらゆる状況において真理を自分のものにすることはできません。何年にわたって神を信じてきたとしても、どれだけ多くのことを経験したとしても、そしてどれだけ多くの刈り込みや取り扱い、あるいは懲らしめを経験したとしても、あなたは真理の源泉なのですか。中には、「わたしは『言葉は肉において現れる』という本にある有名な発言や文章をすべて暗記している。神に頼る必要も、神を仰ぐ必要もない。その時が来ても、神のこれらの言葉に頼るだけでうまくやっていけるはずだ」と言う人がいます。あなたが暗記した言葉は静的なものですが、あなたが遭遇する環境、それにあなたの状態は動的なものです。言葉の文字どおりの意味を把握したり、多くの霊的な教義について話したりしても、真理の理解には達しませんし、ましてやあらゆる状況において神の旨を理解することにもなりません。したがって、ここには学ぶべきとても重要な教訓があります。それは、万事において神を仰ぐ必要があるということ、またそうすることで、神を頼れるようになるということです。神に頼ることでのみ、人は辿るべき道をもちます。そうでなければ、物事を正しく、真理原則と一致する形で行なえたとしても、神に頼らなければ、あなたの行為は人間の行ないに過ぎず、必ずしも神を満足させません。真理に関する人の理解はかくも浅薄なので、様々な状況に直面してもこの同じ真理を用いて規則に従い、字句や教義にあくまで固執するでしょう。真理原則とおおむね合致する形で多くの物事が成し遂げられる可能性もありますが、そこに神の導きは見られず、聖霊の働きも見られません。そこには深刻な問題があります。つまり、人は自分の経験、自分が理解した規則、あるいはある種の人間的な想像に依存して多くの物事を行なうのです。最高の成果は、神を仰ぎ、神に祈って神の旨を理解すること、そうして神の働きと導きに頼ることから生じるものですが、人はそうした成果をほとんど挙げられません。だからこそ、最大の知恵とは万事において神を仰ぎ、神に頼ることだとわたしは言うのです。

『終わりの日のキリストの言葉の記録』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「実践(4)」抜粋439

揺るぎなく証しするということは何を意味するのか。中には今のように付き従っていくだけで、いのちを得られるかどうかは考えていないと言う者もいる。彼らはいのちを追い求めていないが、後戻りすることもなく、この段階の働きが神によって行なわれていることだけを認めている。これは証しに失敗したと…

日々の神の御言葉「神の三つの段階の働きを認識することは神を認識する道である」抜粋5

人類を経営する働きは三つの段階に分けられるが、それは人類を救う働きが三つの段階に分けられることを意味している。これら三つの段階には、天地創造の働きは含まれず、むしろ、律法の時代、恵みの時代、そして神の国の時代の三つの段階の働きのことである。天地創造の働きは、人類全体を作り出す…

日々の神の御言葉「神は自身の心にかなう者を完全にする」抜粋546

神を信仰する者になるというのは、自分が行なうすべてのことを神の前に示し、神の吟味に晒さなければならないということである。自分が行なうすべてのことを神の霊の前に示せても、神の肉の前に示せないのであれば、あなたが神の霊による吟味に晒されていないことを示す。神の霊とは誰のことか。神が証…

日々の神の御言葉「若者と老人に向けた言葉」抜粋344

わたしの働きはあなたがたにとってとても助けとなるものだが、わたしの言葉はいつもあなたがたには浸透せず、あなたがたの内には何も残らない。わたしが完全なものとする対象を見つけることは難しく、今日わたしはあなたがたへの希望を失いかけている。何年もかけてわたしはあなたがたのもとで探してき…