日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 381

ほとんどの人が、神を信じるにあたって振る舞いに特別な重点を置いており、その結果、振る舞いにある種の変化が生じます。神を信じ始めた後、そうした人は他者と対立すること、人を侮辱したり争ったりすること、および喫煙や飲酒を止め、釘1本であれ、あるいは板切れ1枚であれ、公共の財産を盗まなくなります。またそれにもまして、自分たちが損害を被ったり不当な扱いを受けたりしても、そのたびに訴訟を起こさなくなります。そうした人たちが振る舞いにおいて何らかの変化を経たことに、疑いの余地はありません。ひとたび神を信じると、真の道を受け入れることで気分がひときわよくなり、また聖霊の働きの恵みを味わったので、彼らの熱意は特に高まり、捨て去れない物事や耐えられないことさえなくなります。それにもかかわらず、3年、5年、10年、30年と信じた後、いのちの性質に変化がないため、結局は以前の状態に戻ります。傲慢さや高慢さがますます深刻になり、権力や利益を求めて競い始め、教会の金銭に目がくらみ、自分の利益に資することなら何でも行い、地位や快楽を切望し、神の家の寄生虫になってしまうのです。特に、指導者として仕える人の大半は、人々に見捨てられます。これらの事実は何を証明していますか。振る舞いの変化だけでは持続できないということです。人のいのちの性質に変化がなければ、遅かれ早かれ、悪意ある側面が自然と表れるでしょう。そうした人たちの振る舞いの変化の根源は情熱であり、そこにその時点における聖霊の何らかの働きが組み合わされるので、いとも簡単に情熱的になったり、つかの間の優しさを示したりします。「善行を1度だけ行うのは容易である。困難なのは、善行を一生涯行うことである」と未信者が言う通りです。人は生涯を通じて善行を行うことができません。人の振る舞いはいのちによって主導され、人のいのちがどのようなものであれ、それがその人の振る舞いとなり、自然と明かされるものだけがそのいのちと、人の本性を表します。虚偽の物事は長続きしません。神が人を救うために働きを行う時、それは人を善行で飾り立てているのではありません。神の働きの目的は、人の性質を変化させ、新しい人として生まれ変わらせることです。したがって、人間に対する神の裁き、刑罰、試練、精錬はどれも、その人の性質を変化させ、そうすることでその人が神に対する完全な服従と献身を成し遂げ、正常に神を崇拝するようにさせるためなのです。これが神の働きのねらいです。良い振る舞いをすることは、神に服従することと同じではなく、ましてやキリストと相容れることに等しいわけではありません。振る舞いの変化は教義に基づき、情熱から生じます。それは神に関する真の認識や真理に基づくものではなく、ましてや聖霊の導きに基づくものではありません。人間の行動には聖霊に導かれているものもありますが、それはいのちの表出ではなく、神を知ることなどではもちろんありません。人の振る舞いがどれほど立派であっても、それは神に服従しているという証明にも、真理を実践しているという証明にもなりません。振る舞いの変化は一瞬の幻想に過ぎず、その人の熱心さの現れに他なりません。いのちの表出として数えられることなどできないのです。

『終わりの日のキリストの言葉の記録』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉: 終着点と結末 | 抜粋 598

追い求める人々と追い求めない人々は今や、2つの異なるタイプの人々であり、彼らは2つの異なる終着点をもつ2つのタイプの人々である。真理に関する知識を追求し、真理を実行する人々は神に救われる者である。真の道を知らない人々は、悪魔であり敵である。彼らは、天使長の後裔であり、滅ぼされ…

日々の神の御言葉: 神の出現と働き | 抜粋 61

東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしが話し始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るその瞬間、天空全体が照らされ、すべての星々が変化し始める。全人類に正しい清めと分類が行われているかのようだ。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混乱し、動きがとれずにいる…

日々の神の御言葉: 神の性質、および神が所有するものと神そのもの | 抜粋 236

今、わたしはあなたがたに行政命令を公布する(これは公布したその日から有効であり、人々に応じてそれぞれの刑罰を割り当てる)。 わたしは約束を守り、すべてはわたしの手の中にある。疑う者は誰でも必ず殺される。考慮の余地はない。彼らはただちに根絶やしにされ、わたしの心からは嫌悪が取り除か…