日々の神の御言葉「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」抜粋523

ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は従順ではなく、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きを喜び、あなたが私を求められなくとも、あなたの裁きの中に、あなたの聖く義なるご性質を見ます。あなたが私を裁かれる時、あなたの裁きにおいて他の者があなたの義なるご性質を見ることができるならば、私は満足です。その裁きにより、あなたのご性質が示され、あらゆる生き物があなたの義なるご性質を見ることが出来るようになり、あなたに対する私の愛が一層けがれなくなり、義なる者の像を得ることができるのであれば、あなたの裁きは良いものです。なぜならそれがあなたの慈悲深い心だからです。自分には未だに反抗的な部分が多く、あなたの御前に来るには不適であることは分かっています。敵対的環境や大いなる苦難により、あなたが私を一層裁かれることを望みます。あなたが私をどのように裁かれても、私にとってそれは貴いものです。あなたの愛は極めて大きく、私は一切不平を言わずに自らをあなたの憐れみに委ねることを望みます。」それは、神の業を経験した後におけるペテロの認識であり、神に対するペテロの愛の証しでもある。現在、あなたがたは既に征服されているが、その征服は、あなたがたにどのようにして表されているであろうか。「私が征服されたことは、神による至高の恵みであり、賞讃である。人生は空虚であり、何も意味が無いものであることが、今になってやっと分かった。生きることは無意味であるので、死んだ方が良い。人間は人生を多忙にして過ごし、何世代にもわたって子どもを産み育てるが、結局人間には何も残らない。現在、神により征服されて初めて、私はこのように生きることが無価値であることを知った。そうした人生は本当に無意味だ。私達は、そのような人生を死んで終わらせた方がよい。」と言う者も居る。そうした神により征服された人々は、神のものとされる可能性があるだろうか。そうした者は規範となり得るであろうか。そうした人々は消極性の教訓であり、全く熱意を持たず、向上しようと努力しない。そうした人々は征服された者に含まれるが、完全にされることは不可能である。ペテロは、人生晩期に完全にされた後、「神よ、もし私の余命があと数年であるならば、あなたに対する一層清く深い愛を達成することを望みます。」と述べた。ペテロは、磔刑にされる直前に、心の中で「神よ、あなたが私のために用意された時が、ついに来ました。私は、あなたのために十字架に架けられ、この証しに立たねばなりません。私の愛があなたの要求を満たし、一層清くなることを望みます。今日、あなたのために死ねること、十字架に架けられることは、私にとって安らぎとなり、励みとなります。なぜなら、あなたのために磔刑にされ、あなたの望みを満たし、自らをあなたに捧げ、私の命をあなたに捧げることができる以上の喜びは無いからです。神よ、あなたは極めて愛しいお方です。もし、私が生きることをあなたが許されるならば、私は一層あなたを愛することを望むでしょう。私が生きている限り、私はあなたを愛すでしょう。私は、あなたを一層深く愛することを望みます。あなたは私を裁かれ、刑罰を与えられ、私を試されました。なぜなら私が不義であり、罪を犯したからです。そして、あなたの義なるご性質が一層明瞭に理解できるようになります。それは私にとって祝福です。なぜなら、私はあなたを一層深く愛し、あなたが私を愛されなかったとしても、私はあなたをこうして愛することを望むからです。私はあなたの義なるご性質を見ることを望みます。なぜなら、そうすることにより、私は有意義な人生を行動で示すことが出来るようになるからです。私の人生は一層有意義であると感じます。なぜなら、私があなたのために十字架に架けられ、あなたのために死ぬことは有意義だからです。しかし、私には未だに不満があります。なぜなら、私はあなたのことを殆ど知らず、私はあなたの望みを完全に満たせず、あなたに殆ど報いなかったからです。私は人生において私自身のすべてをあなたに返すことが出来ずに居り、それには遠く及びません。今、振り返ってみると、私はあなたに極めて大きな負債があり、自分の過ち全てを正し、私の愛であなたに報いるために、私にはこの瞬間しかありません。」と祈りを捧げた。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。