日々の神の御言葉「悪人は必ず罰を受ける」抜粋328

あなたが行なう全てのことにおいて義を実践しているかどうか、またあなたの全ての行動が神によって観察されているかどうかを調べることは神を信じる者たちの行動原則である。あなたがたが神に満足してもらうことができるので、そしてあなたがたが神の配慮と守りを受け入れるので、あなたがたは義と呼ばれるだろう。神の目には、神の配慮、守り、完全にされることを受け入れることができる人たち全て、そして神のものとされた人たち全ては義であり、神によっていつくしみをもって見られる。あなたが神の言葉を直ちに受け入れれば受け入れるほど、神の心を受け入れて理解することができ、それによって、あなたはもっと神の言葉を生き、神の要求を満足させることができるだろう。これは神があなたがたに託されたことで、あなたがたが達成しなければならないことである。神がまるで変わりのない粘土像であるかのように、あなたがたが神を評価し、描写するために既成概念を用いるなら、また、あなたがたが神を聖書の中だけに限定してしまい、神を働きの限定範囲内に閉じ込めるなら、これはあなたがたが神を罪に定めていることを証明することになる。彼らの心の中には、旧約時代のユダヤ人たちが神を偶像の型に投じ、まるで神はメシヤとしか呼ばれないかのように、またメシヤと呼ばれる者だけが神であり、彼らはまるで神は(生のない)粘土像であるかのように、神に仕え礼拝し、彼らは当時のイエスを十字架に釘づけし、死を宣告し、罪のないイエスを罪に定めたのである。神は何の罪も犯さなかったのに、人は神を容赦なく、断固たる決心をもって神に死を宣告した。そうして、イエスは十字架にかけられた。人はあたかも神の経営を見通してきたように、また神が行う全てのことは人の手中にあるかのように、人は常に神は変わらないと信じ、聖書によって神を定義している。人々は極端にばかげており、極度に傲慢であり、仰々しい雄弁の才を持っている。神に対するあなたの認識がどんなに大きいとしても、あなたは神を知らないし、あなたほど神に反抗している人たちは誰もおらず、またあなたは神を罪に定めているとわたしはやはり言おう。というのは、あなたは神の働きに従い、神によって完全にされる道を歩くことは全く不可能だからである。神はなぜ決して人の行動に満足しないのだろうか。なぜなら、人は神を知らず、人は多くの先入観を持っており、現実に応じる代わりに、神に対する人の認識は融通性がなく柔軟性がなく全てよく似ているからである。このように、今日神は地上に来て、再び人間によって十字架に釘づけされた。人類とはなんと残酷で残忍だろうか!狡猾で陰謀を企て、互いに争い、名声や富の為に争い会い、殺し合う――そのようなことは一体いつ終わるのだろうか。神は何十万の言葉を話したのに、誰も理解しなかった。彼らは自分たちの家族や、息子や娘たちのために、また自分たちの職業や将来、地位、虚栄心、金銭のために、また衣服や、食物、肉のために働いて来た――誰の行動が真に神のためなのだろうか。神のために行動している者たちにしても、神を知る者たちはほとんどいない。自分たちの利益のために行動していない人たちは一体何人いるだろうか。自分たちの地位を維持するために周りの人たちを圧迫も差別もしない人たちは何人いるだろうか。このように、神は数えきれないほど何度も力ずくで死の宣告を受け、数えきれないほど野蛮な裁判が神に有罪判決を下し、もう一度神を十字架に釘づけにした。神のために真に働いたので、義人と呼ばれる人たちが何人いるだろうか。

 神の前で、聖なる人、義なる人へと完全にされるのはたやすいだろうか。「この地上には、義人はいない。この世には義人はいない」というのは自明の理である。あなたがたが神の前に来るときは、着る物を考え、一言一行、あなたがたの考え方や発想の全て、そしてあなたがたが毎日見る夢さえも考えなさい――それらはすべて自分のためである。これはすべて本当の事ではないだろうか。「義」とは施しをする事でもなく、あなたの隣人を自分自身のように愛することでもなく、喧嘩しない、議論しない、強盗しない、盗まないということでもない。義とは主イエスが行った全てのことのように、いつどこにいようとも、神の委託をあなたの義務と考え、神の采配や取り決めを天から送られた使命として従うことを意味する。これこそまさに神によって語られた義である。ロトは自分が得することも失うことも気にかけず、神が送った2人の天使を救ったので義人と呼ぶこともできる。しかし、当時彼が行ったことを義と呼ぶことはできるが、彼を義人と呼ぶことはできない。それはロトは神を見たので、天使たちの代わりに自分の2人の娘たちを与えただけである。しかし、過去の全ての彼の行いが義を顕しているわけではない。よって、わたしは「この地上に義人はいない」と言おう。たとえ快復の流れにある人たちの中にも、誰も義人と呼べる人はいない。あなたの行動がどんなに良くても、あなたがどんなに神の名に栄光を帰すように見えても、人をたたいたり罵ったりせず、彼らから強奪したり盗んだりしなくても、そのようなものは普通の人が持っているものなので、やはりあなたが義と呼ばれることはあり得ない。今日、鍵となるのはあなたが神を知らないということである。今日、あなたは少し正常な人間性を持ってはいるが、神が語った義を持ってはおらず、あなたがすることでは何もあなたが神に対する認識を証明することはできない。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の国の時代は言葉の時代である」抜粋402

人間はいのちを求めるとき、急いで成功しようとしてはいけない。いのちの成長は、ほんの一日や二日で成し遂げられるものではない。神の働きは普通で実際的なもので、これは必要な過程を経なければいけない。受肉したイエスが、磔刑の業を完了するまでに33年半を経る必要があったのなら、人のいのちに…

日々の神の御言葉「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」抜粋408

神との間に正常な関係を築きたければ、自分の心を神に向けなければならない。それを土台として、他の人たちとも正常な関係をもてるようになる。神との正常な関係がなければ、他の人たちとの人間関係を維持するために何をしようと、どれほど努力しようと、どれほどの労力を費やそうと、それはやはり…

日々の神の御言葉「あなたは信仰について何を知っているか」抜粋322

人は信仰という不確かな言葉だけは知っているが、人は何が信仰を構成しているかを知らないし、ましてやなぜ信仰を持っているのかも知らない。人はあまりにも少ししか理解していないし、あまりにも欠乏している。人はあまり考えず知識もないままわたしに信仰を持っている。人は信仰とは何かもなぜわ…

日々の神の御言葉「神の働きと人間の実践」抜粋14

聖霊の業の各段階には、それと同時に人間の証が必要とされる。業の各段階は、神とサタンとの戦いであり、戦いの相手はサタンである一方、その業より完全にされるのは人間である。神の業が結実するかどうかは、人間の神の証しへの立ち方により決まる。この証は、神に付き従う者に対して神が要求する物事…