日々の神の御言葉: 人類の堕落を暴く | 抜粋 335

あなたがたの終着点と運命は、あなたがたにとって極めて重要であり、由々しき懸念である。十分注意して行動しなかったならば、それは終着点が無くなり、運命の破滅に等しいとあなたがたは考えている。しかし、努力が自分の終着点のためだけであるならば、それは空しい努力であることにあなたがたはこれまで気が付いたことがあるだろうか。そのような努力は本物ではなく、虚偽である。その場合、自分の終着点のために努力する者は、最終的に失敗するであろう。なぜならば、神への信仰における人々の失敗は偽りに起因するからである。わたしは媚びへつらわれたり、熱狂的に扱われるのを好まないと前に述べた。わたしは、わたしの真理や期待と向き合う正直な者を好む。それ以上に、わたしの心に出来るだけ配慮し、わたしのために全てを捨て去ることの出来る者を好む。わたしの心が慰められるのは、こうした場合のみである。今、あなたがたに関してわたしが嫌う物事はいくつあるであろうか。今、あなたがたに関してわたしが好む物事はいくつあるであろうか。あなたがたが自分の終着点のために示したあらゆる醜悪さに気付いた者は誰も居ないのだろうか。

 わたしの心の中では、肯定的かつ意欲的な心に苦痛を与えることを望まず、またとりわけ忠実に自分の本分を尽くしている者の勢力を減衰させることを望まない。それでもなお、あなたがた一人ひとりに対してあなたがたの不足や心の奥にある汚れた魂に注意を喚起しなければならない。その目的は、あなたがたがわたしの言葉に対峙したときに真の心を捧げられるように望むことである。なぜなら、人間のわたしに対する欺きをわたしは最も嫌悪するからである。わたしの働きの最終段階において、あなたがたが見事な成果を披露でき、完全に献身しており、もはや半信半疑ではないことを望むのみである。無論、あなたがた全員が好ましい終着点を得ることもわたしは望んでいる。それでもなお、あなたがたがわたしに対して排他的かつ最終的な信心を捧げる際に最善の決断を下すことというわたし自身の条件がある。ある者に排他的な信心が無い場合、その者は間違い無くサタンに重宝されるようになり、わたしがその者を使い続けることは無い。わたしはその者を家に帰し、その両親に世話をさせるであろう。わたしの働きはあなたがたにとって極めて有益である。わたしがあなたがたから得ることを望むのは、正直で上昇を求める心であるが、現在に至るまでわたしの手には何も無い。考えて欲しいのだが、将来、わたしが依然として言い尽くせない悲痛な思いをしているとしたら、あなたがたに対するわたしの態度はどのようなものとなるであろうか。今と同じくらい愛想よくするであろうか。わたしの心は現在と同様に安らかであろうか。あなたがたは骨折って畑仕事をしたが一粒も収穫を得なかった者の気持ちが分かるだろうか。強く打たれた者の傷がどれほど大きいか分かるだろうか。希望に満ちていたのに誰かと仲たがいして訣別せねばならない者の苦渋を感じることができるだろうか。挑発された者の怒りを目にしたことがあるだろうか。敵意を向けられ欺かれた者の復讐に満ちた衝動を理解することが出来るだろうか。そうした者たちの精神を理解するならば、神の報復の時の態度を想像するのは困難ではないであろう。最後に、あなたがた全員が自分の終着点のため真剣に努力することを望むが、努力には虚偽的な方法は利用しない方が良いだろう。さもなければ、あなたがたにわたしの心は落胆することになるであろう。こうした落胆の結果、どうなるであろうか。あなたがたは自分をごまかしているのではないだろうか。自分の終着点のことを心配しつつそれを破滅させる者は、最も救いがたい人間である。そうした者が憤慨したとしても、誰が同情するであろうか。とにかく、わたしは依然としてあなたがたが適切かつ良好な終着点を得るよう願うつもりである。それにもまして、あなたがたのうちに災いに陥る者が一人もいないことを願っている。

『言葉は肉において現れる』より引用

神は人が神の言葉に対して誠実であることを望む

あなた方は終着点と運命が極めて重要で、注意しないと、どちらもだめになると信じている。終着点のために尽力しても、徒労に終わることに気づいているのか?それは偽りであり、見せかけだ。終着点のために働く者は失敗するだろう。

人々はその偽りのせいで、信仰において失敗するからだ。神はせがまれ、へつらわれ、熱心に扱われることを嫌い、正直な者が真理と向き合い、期待に応えることを好む、そして全てを神に捧げ、神の心への注意と配慮を示すことを好む。ただこれだけが神の心を慰めるだろう。

神は積極的な向上心を傷つけたり、本分を尽くす者のやる気を削ぐことを望まない。それでも神はあなた方の不足と心の奥の汚れた魂のことを思い起こさせなければならない。神の言葉に真心で向き合うよう神は望んでいる。神が忌み嫌い、蔑むのは、神を欺瞞により扱う者だからだ。

最終段階の働きの中で、神はあなた方が中途半端ではなく、献身的な良き行いをすることを望む。神はあなた方の終着点が良いことを望むが、最善の選択をし、神に忠誠を尽くすことを要求する。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神は人間のいのちの源である」抜粋259

神はこの世を創造し、神がいのちを授けた生けるものである人を、この世にもたらした。次いで、人は両親や親族を持つようになり、もはやひとりぼっちではなくなった。人が最初にこの物質的な世界を見て以来ずっと、人は神の定めの範囲内で存在するように運命づけられた。生けるものひとりひとりを成人に…

日々の神の御言葉「実践(3)」抜粋314

現在、あなたがたが理解するようになったことは、歴史上の完全にされなかった他の誰よりも高度である。それが試練についての認識であろうと神への信仰であろうと、どれも神を信じる他の誰のものよりも高度である。あなたがたが理解しているのは、環境の試練を受ける前に知るようになったことであるが…

日々の神の御言葉「本物の人とは何を意味するのか」抜粋349

人類は、今日まで、何万年もの歴史を通じて発達してきた。しかし、わたしが最初に創造した人類は、はるか昔に堕落へと落ち込んでしまった。彼らはすでにわたしが意図したものではなく、わたしの目にはすでに人類という名前に相応しいものではなくなっている。彼らは、サタンによって略奪された人間のく…

日々の神の御言葉「神の前で心を静めることについて」抜粋421

神の前に来て神の言葉を自分のいのちとして受け入れるには、まず神の前で静まらなければならない。神の前で静まっている時にのみ、神はあなたを啓いて理解させる。神の前で静まれば静まるほど、人は神の啓きと照らしをより一層得ることができる。これらのことには、敬虔さと信仰をもつことが要求される…