日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十五章」抜粋371

わたしの目には、人間はすべての支配者だ。わたしは人間に少なからぬ権威を与えた。地上のすべてを扱わせた──山々の草、森の動物たち、そして、水の中の魚。しかし、それで幸福でいるどころか、人間は不安にとらわれている。人間の生涯は苦しみに満ち、走り回り、むなしさに楽しみを加え、全生涯に何の発明も創造もない。誰一人、このむなしい人生から自由になることができず、誰一人、意味ある人生を見出せず、誰一人、真の人生を経験していない。今日の人々はみな、わたしの輝く光の下で生きているが、天での生活について、何も知らない。もしわたしが人間に対して憐み深くなくて、人間を救うことをしなければ、すべての人はむなしく生まれることになり、地上で無意味に生き、何一つ誇りに思うことなしに、無益に死んでいく。あらゆる教派、社会の領域、国家、宗派はみな、地上のむなしさを知っており、彼らはみな、わたしを求め、わたしの戻るのを待っている──しかし、わたしが到着したとき、誰がわたしを知ることができるのだろう。わたしはすべてを創った。わたしは人間を創り、今日、人間たちの間に降り立った。しかしながら、人間はわたしに殴り返し、仕返しをする。わたしが人間にしている働きは、人間のためになっていないのだろうか。わたしは、人間を満足させることができないのだろうか。なぜ人間はわたしを拒むのか。なぜ人間は、わたしに対してあれほど冷たく無関心なのか。なぜ地上は死体に覆われているのか。これは、わたしが人間のために創った世界の状態なのか。なぜ、わたしは人間に比類のない富を与えたのに、人間はお返しに空っぽの手を差し出すのか。なぜ人間はほんとうにわたしを愛さないのか。なぜ人間はけっしてわたしの前に来ないのか。わたしの言葉はみな、ほんとうに無駄だったのか。わたしの言葉は水の熱のように消えたのか。なぜ人間は、わたしに協力したがらないのか。わたしの日の到来は、本当は人間の死の瞬間なのか。わたしはほんとうに、わたしの国が建てられるとき、人間を全滅することになるのか。なぜ、わたしの経営(救いの)計画の全体を通して、誰一人、わたしの意図を把握していないのか。なぜ、人間は、わたしの口から出た言葉を大事にするのではなく、嫌い、拒むのか。わたしは誰をも罪に定めない。ただ、すべての人を穏やかにさせ、自省の働きをさせるだけだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

なぜ人は心から神を愛さないのか

わたしは万物と人を造り、今日人の間に降りた。だが人はわたしにやり返す。御業は役に立たないのか。わたしは人を満たせないのか。なぜ人はわたしを拒むのか。なぜ人は冷たく無関心か。なぜ地は「屍」だらけなのか。これが人のためわたしが創った世界か。なぜわたしが豊かさを与えても、人は空の手を差し出すのか。

なぜ人は、わたしが発した言葉を大切にしないのか。なぜ人は、わたしが発した言葉を拒むのか。わたしは咎めるのではなく彼らを静め反省させたいだけだ。

わたしは万物と人を造り、今日人の間に降りた。だが人はわたしにやり返す。御業は役に立たないのか。わたしは人を満たせないのか。なぜ人はわたしを真に愛さず、なぜ人はわたしの前に来ないのか。御言葉が全て無駄だったというのか。御言葉は水の熱のように消えたのか。なぜ人はわたしと協力する気がないのか。

なぜ人は、わたしが発した言葉を大切にしないのか。なぜ人は、わたしが発した言葉を拒むのか。わたしは咎めるのではなく彼らを静め反省させたいだけだ。Ⅲわたしの日は死の瞬間となり、わたしの国が築かれたら人は滅びるのか。なぜ誰もわたしの経営計画の最中、御旨を把握しなかったか。

なぜ人は、わたしが発した言葉を大切にしないのか。なぜ人は、わたしが発した言葉を拒むのか。わたしは咎めるのではなく彼らを静め反省させたいだけだ。

わたしは咎めるのではなく彼らを静め反省させたいだけだ。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神はすべての被造物の主である」抜粋206

過去のふたつの時代の働きのうちのひとつの段階はイスラエルで、もうひとつの段階はユダヤで起きた。一般的に言って、この働きのどちらの段階もイスラエルを出なかった。それらは最初の選民の間で行われた働きの段階だった。したがって、イスラエル人の考えではヤーウェ神はイスラエル人だけの神である…

日々の神の御言葉「あなたがたは人格が卑しすぎる」抜粋340

あなたがたの信仰はとても美しい。あなたがたは喜んで自分の一生をわたしの働きのために費やし、自分の生命をそのために捧げると言う。しかし、あなたがたの性質はあまり変わっていない。実際の振る舞いは惨めそのものなのに、あなたがたはただ傲慢に語る。まるで、人の舌と唇は天国にあるが、足は遥か…

日々の神の御言葉「堕落した人類には受肉した神による救いの方が必要である」抜粋123

受肉した神の働きは最も意義深い。それは働きについての語りであり、最終的に働きを終えるのは受肉した神であって、霊ではない。神はいつか地上に来て、人間に姿を見せ、誰一人も逃さず人を一人一人試みつつ、全人類を自ら裁くと信じている人々がいる。このように考える者は、この受肉の働きの段階を知…