日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋8

神の道を歩む:神を畏れ、悪を避けよ

心に留めるべき格言がある。この格言は極めて重要だと思う。なぜなら、わたしはこの格言を毎日何度も思い出すからである。それは何故であろうか。それは、誰かと会う度、そして誰かの経験談や神への信仰の証しを聞く度、必ずわたしはこの格言を用いて、その者が、神が求め、好むような人間であるかを測るからである。それでは、その格言とは何であろうか。皆それを聞こうと気が早るであろう。わたしがこの格言を述べると、あなた方はおそらく落胆するであろう。なぜなら、今までこの格言を口先だけで言う者が多数いたからである。しかし、わたしは口先だけでこの格言を述べることは決して無い。この格言はわたしの心の中で生きている。その格言とは何であろうか。それは「神の道を歩みなさい。神を畏れ、悪を避けよ」である。これは極めて簡潔な言葉ではないだろうか。しかし、この格言は簡潔でありながら、この格言を深く理解する者は、この格言は非常に重みがあり、実践する際に価値が高く、真理の現実が含まれるいのちの言葉であり、神に満足してほしいと望む者にとって一生涯の努力目標であり、神の趣意を配慮する全ての者にとって一生涯の道である、と感じるであろう。あなた方はどう思うだろうか。この格言は真理であろうか。この格言にはそうした重要性があるであろうか。おそらく、この格言について、考えて理解しようとする者と、疑念を抱く者がいるであろう。この格言は極めて重要であろうか。これは極めて重要であろうか。この格言は、強調する必要と価値のあるものであろうか。おそらく、神の道をこのひと言の格言に集約するというのは簡略化しすぎであると考え、それが理由でこの格言がそれほど好きでは無い者もいるであろう。神の言葉全てをひと言に集約するというのは、神を軽視しすぎでは無かろうか。この格言は、そうしたものであろうか。あなた方のうち、殆どの者がこの言葉に隠された重大な意味を完全に理解していないかも知れない。あなた方はこの格言を書き留めたが、この格言を心に留めるつもりはなく、単に書き留め、後で時間があるときに、もう一度よく考える程度だ。この格言を覚えようともせず、ましてや活用しようと努力することなど無いという者もいる。しかし、わたしがこの格言について話をするのは、何故であろうか。あなた方の観点や、あなた方が何を考えるかを問わず、この格言について話をする必要がある。なぜなら、この格言は神が人間の結末を決定する方法に極めて密接に関係しているからである。あなた方が現在この格言をどのように理解し、取り扱っているかを問わず、あなた方に伝えることがある。ある者がこの格言を正しく実践して神を畏れ悪を避ける基準を満たすことが出来るとしたら、その者の生存と好ましい結末は保証される。この格言で定められた基準に達せなかった場合、あなた方の結末は不明であると言える。したがって、心の準備をするため、また神があなた方を評価する時に用いる基準を知ることが出来るようになるために、あなた方にこの格言を伝える。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 3」抜粋130

富と名声を追究した人生は、人間を臨終時に途方に暮れさせる創造主による統治と定めのために、影形の無いものとして誕生した孤独な魂は、両親と家族を得、人類の一員となる機会、そして人間の生活を体験して世界を見る機会を得る。またその魂は、創造主による統治を経験する機会、創造主による創造の素…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 5」抜粋148

サタンはいかに科学を用いて人間を堕落させるか 科学とは何ですか。ほぼすべての人の考えにおいて、科学は威信のあるもので、深いものとみなされていませんか。(はい、そうです。)科学と言うと、「それは一般人には把握できなくて、科学研究者か専門家だけが触れることのできる話題だ。我々のような…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋12

神に付き従う時、人間は、神の趣意を配慮したり、神の考えや神の人間に対する姿勢に留意したりすることが、ほぼ無い。あなた方は神の考えを理解していないので、神の趣意や性質に関する質問をされると、混乱し、確信するのが極めて困難になり、推測したり予想したりする。その姿勢は何を意味するであろ…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 10」抜粋200

神が人類にもつよう求める神への態度実際のところ、神は人間にさほど多くを求めておらず、少なくとも人間が想像するほど多くを求めてはいません。神が何の言葉も発することなく、自身の性質や業を表わしていなければ、あなたがたが神を知ることは極めて難しくなるでしょう。なぜなら、人は神の意図と旨…