日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋97

創造主の権威は不変であり侵害不可能である。

1.言葉を用いて万物を創造する神

(創世記1:3-5)神は「光あれ」と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。

(創世記1:6-7)神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。そのようになった。

(創世記1:9-11)神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。

(創世記1:14-15)神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。

(創世記1:20-21)神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。

(創世記1:24-25)神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。

2.言葉を用いて人間との契約を立てる神

(創世記9:11-13)「わたしがあなたがたと立てるこの契約により、すべて肉なる者は、もはや洪水によって滅ぼされることはなく、また地を滅ぼす洪水は、再び起らないであろう」。さらに神は言われた、「これはわたしと、あなたがた及びあなたがたと共にいるすべての生き物との間に代々かぎりなく、わたしが立てる契約のしるしである。すなわち、わたしは雲の中に、にじを置く。これがわたしと地との間の契約のしるしとなる。」 

3.神の祝福

(創世記17:4-6)「わたしはあなたと契約を結ぶ。あなたは多くの国民の父となるであろう。あなたの名は、もはやアブラムとは言われず、あなたの名はアブラハムと呼ばれるであろう。わたしはあなたを多くの国民の父とするからである。わたしはあなたに多くの子孫を得させ、国々の民をあなたから起そう。また、王たちもあなたから出るであろう。」

(創世記18:18-19)「アブラハムは必ず大きな強い国民となって、地のすべての民がみな、彼によって祝福を受けるのではないか。わたしは彼が後の子らと家族とに命じてヤーウェの道を守らせ、正義と公道とを行わせるために彼を知ったのである。これはヤーウェがかつてアブラハムについて言った事を彼の上に臨ませるためである」。

(創世記22:16-18)ヤーウェは言われた、「わたしは自分をさして誓う。あなたがこの事をし、あなたの子、あなたのひとり子をも惜しまなかったので、わたしは大いにあなたを祝福し、大いにあなたの子孫をふやして、天の星のように、浜べの砂のようにする。あなたの子孫は敵の門を打ち取り、また地のもろもろの国民はあなたの子孫によって祝福を得るであろう。あなたがわたしの言葉に従ったからである」。

(ヨブ記42:12)ヤーウェはヨブの終りを初めよりも多く恵まれた。彼は羊一万四千頭、らくだ六千頭、牛一千くびき、雌ろば一千頭をもった。

 これら3つの聖句から分かったことは何であろうか。神が権威を行使する際には原則があることを理解したであろうか。たとえば、神は虹を用いて人間との契約を立てたが、その時、神は雲間に虹を置き、神が洪水で世界を破壊することは二度と無いことを人間に知らせた。現在見られる虹は、神の口で述べた虹と、同じものであろうか。虹の性質や意味は変わったであろうか。当然そのようなことは無い。神は自身の権威によりこの業を行い、神が人間に立てた契約は、現在も継続しており、この契約が改正される時期は、言うまでも無く、神次第である。神が「雲の中に、にじを置く」と述べた後、神は常にその契約を遵守し、今日に至っている。このことから何が分かるであろうか。神には権威と力があるものの、神は自身の業に対して厳格であり、原則を固守し、言葉の通りにしている。神の厳格さと神の業の原則では、創造主が侵害不可能であること、そして創造主の権威が無敵であることが示されている。神には至高の権威があり、万物が神の支配下にあり、神には万物を支配する力があるが、神は、かつて自身の計画を害したことも混乱させたことも無く、神が権威を行使する時は、常に神自身の原則に厳密に従い、神の口で述べた言葉に従い、神の計画の段階と目的に従っている。神により支配されている万物もまた、神が権威を行使するときの原則に従っており、神の権威の定めの例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物が一切存在しないことは、言うまでも無い。神の観点から見ると、祝福された者は、神の権威により多くの財産を受け、のろわれた者は神の権威による罰を受ける。神の権威の支配下においては、神の権威行使の例外となる人間や物は存在せず、神の権威が行使される際の原則を変更できる人間や物も一切存在しない。創造主の権威は、いかなる要素の変化によっても変更されず、同様に、神の権威が行使される際の原則は、いかなる理由によっても変更されない。天と地に大規模な変動が発生する可能性もあるが、創造主の権威は不変であり、万物が消滅する可能性もあるが、創造主の権威は決して消滅しない。これが創造主の不変であり侵害不可能な権威であり、まさに創造主固有のものである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 2」抜粋104

(創世記19:1-11)そのふたりのみ使は夕暮にソドムに着いた。そのときロトはソドムの門にすわっていた。ロトは彼らを見て、立って迎え、地に伏して、言った、「わが主よ、どうぞしもべの家に立寄って足を洗い、お泊まりください。そして朝早く起きてお立ちください」。彼らは言った、「いや…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋17

人間の運命は、神に対する人間の姿勢で決定される  神は、生きている神であり、人間が様々な状況に対して様々な方法で対応するように、そうした行動に対する神の姿勢も異なる。なぜなら、神は操り人形でも、空気のような存在でもないからである。神の姿勢について知ることは、人間にとって追究の意義…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋74

神が受肉して人間の中で生活した時、神がその身体で経験した苦難には、どのようなものがあるであろうか。それを真に理解する者が居るであろうか。一部の人々は、神は大いに苦しみ、イエスは神であるにもかかわらず、人々は神の真髄を理解せず、イエスを人間として扱い、それが原因でイエスは感情を害し…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 2」抜粋109

神のソドム殲滅から、神の怒りの本質を理解できるであろうか。神の怒りの中に、何か含まれているものはあるだろうか。神の怒りは、純粋であろうか。人間の言葉で言うと、神の怒りには混じり物はないだろうか。神の怒りの根底に、何か策略はあるだろうか。何か陰謀はあるだろうか。何か口に出来ない秘密…