日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 5」抜粋147

 サタンはいかに知識を用いて人間を堕落させるか

 最初に知識について話し合います。誰もが知識を好ましいものとみなすのではないでしょうか。あるいは、少なくとも人は「知識」という言葉の言外の意味は否定的というよりは肯定的だと考えます。それではなぜ、サタンは人間を堕落させるために知識を用いるとわたしたちはここで言っているのですか。進化論は知識の一側面ではありませんか。ニュートンの科学的法則は知識の一部ではありませんか。地球の引力は知識の一部ですね。(はい。)それではなぜ、人類を堕落させるためにサタンが用いるものの項目のうちに知識が挙げられるのですか。皆さんはこのことをどうとらえますか。知識はその中に少しでも真理を含んでいますか。(いません。)では、知識の本質は何ですか。(真理に背きます。)人間が学ぶ知識は何の基盤の上に習得されますか。それは進化論にもとづいていますか。人間が探索した知識、その総括は、無神論にもとづいていませんか。(もとづいています。)この知識のうちの何かに神とのつながりがありますか。それは神を崇拝することとつながっていますか。真理とつながっていますか。(いいえ。)では、サタンは人間を堕落させるためにどのように知識を用いるのでしょうか。わたしはたったいま、この知識のうちの何も神を崇拝することや真理につながっていないと言いました。このことについて、「真理とは関係ないかもしれないが、人を堕落させることはない」と考える人もいます。皆さんはこれをどうとらえますか。人の幸福は人が自らの手で作り出すものに左右されると、あなたは知識から習いましたか。人間の運命は自らの手にあるとあなたは知識から習いましたか。(はい。)これはどのような話ですか。(それは戯言です。)その通り。これは戯言です。知識は、話し合うには複雑なものです。知識のある部分は知識以上の何ものでもないと簡単に言うことができます。それは、神を崇拝しないことと、神が万物を創造したという認識の不在にもとづいて習得される知識の部分です。このような知識を学ぶとき、人は神が万物を支配しているものとして見ず、神が万物を監督、管理しているものとして見ません。代わりに人がすることは、その分野の知識をひたすら研究し、探索し、知識にもとづいた解答を求めるだけです。けれど、もし人が神を信じず、代わりにただ研究を行なうだけならば、決して真の解答を見つけ出すことはありません。そうですね。知識は、人がひもじい思いをしないように、生活の糧を与えるだけ、仕事を提供するだけ、収入をもたらすだけです。しかし、それは決して人に神を崇拝させることはなく、人を悪から遠ざけることはありません。知識を学べば学ぶほど、神に反抗し、神について調べ、神を試し、神に逆らいたくなります。それでは今、知識が人に教えているのは何であるとわかりますか。これはすべてサタンの哲学です。堕落した人類の中にあるサタンの哲学と生存の法則は、真理と何かのつながりがありますか。(ありません。)真理とはまったく無関係ですし、実のところ、真理の反対です。「生きていることは動いていることである」と人はよく言いますが、これはどのような話ですか(それは戯言です。)「人は鉄で、米は鋼である。食事を抜くと人は飢えたように感じる」とよく人は言いますが、これは何ですか。これはさらに酷い虚偽で、それを聞くと吐き気を催します。人のいわゆる知識に、サタンはその人生哲学と思想をかなり浸み込ませています。またサタンはそれをしつつ、人間にサタンの思想、哲学、視点を取り入れさせて、人間が神の存在を否定するように、神の万物の支配と人間の運命の支配を否定するようにしむけようとします。だから、人間の勉学が進むにつれ、人間はさらに知識を習得し、神の存在が曖昧になるのを感じ、神は存在しないとまで感じることもあります。サタンが人間の頭脳に視点、観念、思想を追加するにつれ、これらの思想を人間の頭脳に入れ、人間はこれにより堕落させられるのではありませんか。(そうです。)そのとき人間の生活の基盤は何ですか。人間はその知識に本当に依存していますか。いいえ。人間はその知識に隠されたサタンの思想、視点、哲学を自らの生活の基盤としています。ここがサタンによる人間の堕落の核心が起こるところであり、これがサタンの目的で、人間を堕落させる方法なのです。

 初めに、この題目の最も表面的な部分について話し合います。語学の授業の文法や単語は人を堕落させることができますか。単語が人を堕落させられますか。(できません。)単語は人を堕落させません。単語は人が話せるようにする道具であり、人が神と意思疎通するのに用いる道具です。さらに、言語と言葉は、現在神が人と意思疎通する方法であり、それらは道具であり、必要なものです。1+1=2、これは知識ですね。2x2=4、これも知識ですね。でも、これが人を堕落させることができますか。これは常識であり規則ですから、人を堕落させることはできません。では、どのような知識が人を堕落させるのでしょうか。それは、サタンの視点と思想が混ざり込んだ知識です。サタンはこれらの視点や思想を、知識を通して人類に浸み込ませようとします。例えば、随筆において、そこに書かれた語句に何か問題がありますか。(ありません。)問題はどこにあるのでしょうか。著者が随筆を書いたときの視点と意図、そして著者の思想の内容、これらは霊的な物事ですが、これらは人を堕落させることができます。例えば、もしテレビ番組を観ていたとして、その中のどのようなことが人の意見を変えることができますか。出演者が言ったこと、その台詞そのものが人を堕落させることができますか。(できません。)どのようなことが人を堕落させられますか。番組の核心的な思想と内容で、製作責任者の意見を反映しているであろうもの、そしてそれらの意見に込められた情報が人々の心と頭脳を揺さぶることができるでしょう。そうですね。(はい。)サタンが知識を用いて人を堕落させる話において、皆さんはわたしが何を指しているか知っていますか。(はい、知っています。)皆さんは誤解しないでしょう。そうですね。ではまた小説か随筆を読むとき、そこに表現されている思想が人類を堕落させるか否か、人類に貢献するか否かを判断することができますか。(少しできます。)これはゆっくり学習し経験しなければならないことで、ただちに容易に理解するものではありません。例えば、ある知識の分野の研究や学習をするとき、その知識の肯定的な側面が、その分野についての常識と人が避けるべきことについて理解する助けになることがあります。例えば、「電気」を取り上げましょう。これは知識の一分野ですね。もし電気は人を感電させることがあることを知らなかったなら、あなたは無知ということになります。そうですね。けれど、一旦この部分の知識を理解すれば、不注意に電気に触れなくなり、電気の使い方を覚えます。これらはどちらも肯定的なことです。知識が人を堕落させることについて、わたしたちが何を話し合っているかはっきりしていますか。この世において学習される知識には多くの種類があり、それらを皆さんが自分で区別するには時間をかけなければならないからです。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋40

神と聖書によるヨブの評価  (ヨブ記 1:1)ウヅの地にヨブという名の人があった。そのひととなりは全く、かつ正しく、神を恐れ、悪に遠ざかった。  (ヨブ記 1:5)そのふるまいの日がひとめぐり終るごとに、ヨブは彼らを呼び寄せて聖別し、朝早く起きて、彼らすべての数にしたがって燔祭を…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋65

 そのころ、ある安息日に、イエスは麦畑の中を通られた。すると弟子たちは、空腹であったので、穂を摘んで食べはじめた。(マタイによる福音書 12:1)  「あなたがたに言っておく。宮よりも大いなる者がここにいる。『わたしが好むのは、あわれみであって、いけにえではない』とはどういう意味…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 1」抜粋25

神は動物の毛皮を使ってアダムとエバのために着る物を作られる  (創世記 3: 20-21)さて、人はその妻の名をエバと名づけた。彼女がすべて生きた者の母だからである。ヤーウェ神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた。  この「ヤーウェ神は人とその妻とのために皮の…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 10」抜粋187

物質世界では、ある種の物事や現象を理解できなければ、人はそのたびに関連する情報を探したり、様々な方法を使ってそれらの原因や背景を調べたりすることができます。しかし、本日話をするそれ以外の世界、すなわち物質世界の外に存在する霊界について言えば、人間にはそれについて何かを知る手段…