日々の神の御言葉「神の働きと人の働き」抜粋176

聖霊の働きはすべて、人々が利益を得るのを可能にすることである。すべて人々を啓発することである。人々の利益にならない働きは何もない。真理が深かろうと浅かろうと、また、真理を受け入れる人々の力量がどうであろうと、聖霊がすることはなんであれすべて人々に有益である。しかし、聖霊の働きは直接行うことはできず、協力をしてくれる人々を通して実行されなければならない。このようにしてのみ、聖霊の働きの成果が得られる。もちろん、それが聖霊の直接的働きであれば、混ぜ物は全く入っていない。しかし、人という媒体を使うと、かなり混ぜ合わされ、聖霊本来の働きではなくなる。このようにして、真理の程度は異なったものに変化する。信奉者は、聖霊の本来意味するものではなく、聖霊の働きと人の経験および認識の結合したものを受け取る。信奉者が受け取る聖霊の部分の働きは正しいが、彼らが受け取る人の経験と認識は、働き手たちが異なるので変化する。いったん聖霊から啓発と導きを受けると、働き手は引き続き、この啓発と指導に基づいて経験をする。これらの経験の中で、人間性の本質のみならず、人の精神と経験も結合され、その後、得るべき認識と見識を獲得する。このようにして、人は真理を経験した後に実践へと進む。だが、人の経験は同じではないし、人々が経験する事柄も同じではないので、この実践方法はいつも同じとは限らない。こうして、聖霊の啓発は同じでも認識や実践が異なる結果になるのは、啓発を受けとる人々が異なるからである。実践中にあまり間違いを犯さない人もいれば、大きな間違いを犯す人もいるし、なかには間違いしか犯さない人もいる。これは人々の理解力の差であり、実際の力量も異なるからである。メッセージを聞いた後こう理解する人もいれば、真理を聞いたあとああ理解する人もいる。少し逸れる人もいれば、真理の本当の意味をまったく理解しない人もいる。したがって、どのように理解しているかで、その人が他人をどのように導くかが決まる。これがまさしく本当であるのは、その人の働きがその存在を表しているからである。真理を正しく理解している人に導かれた人々は、やはり真理を正しく理解するだろう。誤った理解をする人もごくわずかいるが、すべての人が誤った理解をするわけではない。真理を誤って理解している人々に導かれると、明らかに間違えてしまい、これらの人々は言葉のあらゆる意味において間違える。信奉者の中で、真理を理解する程度は主に働き手によって決まる。もちろん、神からの真理は正しく、間違いはなく、完全に確かである。しかし、働き手は完全に正しいわけではなく、完全に信頼できるとは言えない。働き手が非常に実際的な真理の実践方法を持っていれば、信奉者も実践方法を持つだろう。働き手が真理の実践方法を持たず、教義しか持ち合わせていなければ、信奉者は現実性を全く持たないだろう。信奉者の力量と本性は生まれながらに決められていて、働き手との関連性はない。しかし、信奉者がどの程度真理を理解し、神を知るかは働き手次第である(これは一部の人々に限られる)。働き手がどのような人であるかによって、彼の導く信奉者がどのようになるかが決まる。働き手が表すことは彼自身の存在であり、留保条件はない。働き手が信奉者に出す要求は、彼自身が達成したいこと、達成できることである。働き手のほとんどは、人々がまったく達成できないことが多々あるにもかかわらず、自分がすることに基づいて信奉者に要求を出す。人々が達成できないことは彼らの成長の障害になる。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「悪人は必ず罰を受ける」抜粋329

以前、神が天にいたとき、人は行動において神を騙そうとした。今日、神は人の中にいるのに――どのくらいかは誰も知らないが――人は依然として神のために形だけのことはし、神を騙そうとする。人は極端に考え方が遅れているのだろうか。ユダと同じである。イエスが来る前、ユダは彼の兄弟姉妹に嘘をつ…

日々の神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋215

神がソドムを滅ぼしたときの聖書の場面を思い出してみるがよい。ロトの妻がどうして塩の柱になったかも考えてみるがよい。ニネベの人々が荒布をまとい、灰の中に座していかに罪を悔い改めたかを思い返し、二千年前にユダヤ人たちがイエスを十字架に釘づけにしたあと何が起きたかを思い起こしてみるがよ…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第十二章」抜粋61

東から稲妻が走るとき──これはまた、わたしが話し始める、まさにその瞬間である──稲妻が光るその瞬間、天空全体が照らされ、すべての星々が変化し始める。全人類に正しい清めと分類が行われているかのようだ。東からの光芒の下、人間はみな本来の形を現し、目がくらみ、混乱し、動きがとれずにいる…

日々の神の御言葉「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋589

造り主はすべての被造物を指揮することを意図している。あなたは神がすることは何であれ、放棄したりそむいたりしてはならないし、神に反抗すべきではない。神がする働きは、最終的には神の目的を達成し、それによって神が栄光を受ける。今日あなたはなぜモアブの子孫だとか、赤い大きな竜の子であると…