日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 192

人々のうちほとんど一人も神の差し迫った心を理解していない。なぜなら人々の力量はあまりにも低く、彼らの霊的感受性は非常に鈍く、彼らはみな神が何をしているか気づかないし、注意を払ってもいないからである。そこで神はあたかも人の野蛮な性質が今にも突出しないかと人について心配し続ける。これはさらに、神が地上に来ることは大きな誘惑を伴っていることを示している。しかし、一団の人々を完成させるために、神は栄光に満ちて、人に何も隠さず、すべての意図を告げた。神はこの集団を完成しようと堅く決心していた。従って、困難や誘惑が来ようと、神は目をそらしてそのすべてを無視する。神は、いつか神が栄光を得た時、人は神を知ると堅く信じて、また、人が神によって完成されたとき、完全に神の心を理解するだろうと信じて、静かに自分の働きを行なう。現時点では神を誘惑したり、誤解したり、責めたりする人々がいるだろう。神はそうしたものを何も気にしない。神が栄光の中に降りていくと、人々は皆、神がすることはすべて人類の幸福のためであることを理解し、人々は皆、神がすることはすべて人類のよりよい生き残りのためであることを理解するだろう。神の到来には誘惑がつきものであり、神は威厳と怒りも伴って来る。人のもとを去るときまでには神はすでに栄光を獲得し、栄光と戻る喜びをたっぷり担って去っていくだろう。地上で働く神は人々がどんなに神を拒絶しても物事を重く受け止めない。神はただ自分の働きを行なっている。

 神の天地創造は何千年も前にさかのぼり、神は計り知れないほどの量の働きを行うために地上に来て、人間世界の拒絶や中傷を十分経験した。誰も神の到着を歓迎しない。すべての人は神を冷たい視線を投げやるだけである。この数千年に値する苦難の過程で、人の行動はかなり前から神の心を打ち砕いていた。神はもはや人々の反逆には注意を払わず、その代わりに人を変革し、浄化する別の計画を立てている。愚弄、中傷、迫害、苦難、磔刑の苦しみ、人による排斥など、神が肉体で経験したこと――神はこれらを十分に味わった。肉体の神は人間世界の苦難に徹底的に苦しんだ。天の父なる神の霊はずっと以前にこのような光景は耐えがたいと思い、首を反らし、目を閉じ、愛する子が戻って来るのを待った。神が望むのは、すべての人々が耳を傾け、従い、人となった神の前で大いに恥を感じ、神に逆らわないようになることだけである。神が望むのはすべての人々が神の存在を信じることだけである。大きすぎる代償を支払ってきたので、神はかなり前から人に多大の要求をすることをやめたが、人は呑気に構えており、神の働きを全く心にとどめていない。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の切なる願いは人が神に聞き従うこと

数千年前、神が世界を創造してから、地上でたくさん働きをした。神は最もひどい人の拒絶を受け苦しみ、たくさんの侮辱を経験した。皆が神を冷たく無視した。地上へ降りた神を誰も歓迎しなかった。神は何千年も困難に苦しんだ。遠い昔人の行いに神の心は引き裂かれた。神はもう人の反抗には目を向けないが、人を創り変え清めることを考えた。神の切なる願いは人が神に聞き従うこと。肉となった神の前で自分を恥じ抵抗しないこと。今日神が人に望むことはただ神の存在を信じること。

肉となった神はもう充分に嘲笑を浴び、疎外と十字架を体験した。神は最もひどい人の世の扱いにも耐えた。天の父は見るに耐えられず、神は顔をそむけ目を閉じて、自分の愛する子が戻って来るのを待った。神の切なる願いは人が神に聞き従うこと。肉となった神の前で自分を恥じ抵抗しないこと。今日神が人に望むことはただ神の存在を信じること。遥か昔には神は人に多くを望まなくなった。神が払った代価はあまりに高い、それなのに人はなお気楽でのんびりとしている。神の業には見ないふりをする。皆が神を冷たく無視した。地上へ降りた神を誰も歓迎しなかった。神の切なる願いは人が神に聞き従うこと。肉となった神の前で自分を恥じ抵抗しないこと。今日神が人に望むことはただ神の存在を信じること。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「極めて深刻な問題──裏切り(2)」抜粋362

サタンにより堕落させられた魂はすべて、サタンの領域に囚われている。キリストを信じる者のみが分離され、サタンの軍勢から救われ、今日の神の国へと導かれた。これらの人々は、もはやサタンの影響下にはいない。それでもなお、人間の本性は人間の肉に根ざしている。つまり、あなたがたの魂は救われて…

日々の神の御言葉「もっと現実に集中しなさい」抜粋431

あなたがたはもっと現実的な教訓を学ぶ必要がある。人々が感服するような、大げさで空虚な話は必要ない。認識について語ることについては、各人が次々と上達しているにもかかわらず、皆がいまだに実践の道を得ていない。実践の原則を理解している者は何人いるだろうか。実際に教訓を学んだ者は何人いる…

日々の神の御言葉「教会生活と実生活についての議論」抜粋436

正常な人間らしさを取り戻すには、つまり正常な人間性を獲得するには、ただ言葉で神の歓心を買うだけではいけない。そのようにしても自分自身を害するだけで、自分の入りや変化に役立つことはない。したがって変化を達成するには、少しずつ実践しなければならない。時間をかけて入り、少しずつ追求と…