日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 218

数千年に渡ってわたしが実行している働きは、終わりの日に完全に人に明らかにされるだけである。今だけ、わたしは、わたしの全計画の神秘の全てを開示した。人はわたしの働きの目的を知っていて、その上、わたしの神秘の全てを理解している。そして、わたしは人に彼らが懸念する目的地についての全てを伝えてきた。わたしはすでに、人のために5900年以上に渡って隠されたわたしの神秘の全てについて、明らかにした。ヤーウェとは誰か。メシヤとは誰か。イエスとは誰か。あなたはこれら全てを知っているべきだ。わたしの働きは、これらの名前のどれをとるかによって変わる。あなたはそれを理解しているだろうか。どのようにして、あなたはわたしの聖なる名を宣言すべきだろうか。あなたはわたしの名前を、どのようにして、わたしが関わる名前のどれもが求められてきた国に広げるべきだろうか。わたしの働きは、すでに拡大している、従ってわたしは、その全てをあらゆる民族に広げる。わたしの働きは、あなたがたの中で実行されてきたのだから、わたしは、あなたがたをヤーウェが、イスラエルのダビデの家の羊飼いを撃ったように撃つ。それにより、あなたがたは全ての民族に散らされる。というのは、終りの日には、わたしは、全ての国を粉々に砕き、その全ての人々を再配置する。わたしが帰る時、その国々は、わたしの燃える炎によって設定された境界によりすでに分断されている。その時、わたしは、灼熱の太陽のように、人にとって新たなものとして姿を現し、そして彼らが見たことのない聖なるものの姿として公に彼らの前に現われ、丁度、わたしヤーウェがユダヤ部族の間を歩いたように、全ての国々を歩く。その時から、わたしは地上で生きる人々を先導する。彼らは、そこでわたしの栄光を見、また、彼らを先導する空の雲の柱を見る。なぜなら、わたしは聖なる場所に現れるからだ。人は、わたしの義なる日々とわたしの栄光が現れるのを見る。このようなことは、わたしが地上全てで君臨して、多くの息子達を栄光に導く時に起こる。全ての者が、あらゆるところでひれ伏し、わたしの幕屋は、彼らの間に、わたしが今実行している働きという岩の上に建てられる。彼らは、神殿でわたしに仕える。汚らわしく、憎むべきものがつまった祭壇は、粉々に砕け、そして、わたしが新たなるものを再建する。聖なる祭壇は、最初に生まれた羊と子牛を積み上げる。現存する神殿を壊し、新しいものを再建する。今、建っている神殿は、忌まわしき人々がつまっており崩壊する。わたしが建てる神殿は、わたしに忠実な奉仕者によって満ちている。彼らは、再び、立ち上がり、わたしの神殿の栄光のためにわたしに仕える。あなたは、必ず、わたしのすばらしき栄光の日を見る。あなたは、わたしが神殿を壊し、新たなるものを再建する日を見る。あなたはまた、世界にわたしの幕屋が出現する日を見る。わたしは神殿を壊すと、世界に私の幕屋をもってくる、まさに人々がわたしが降臨するのを見るように。わたしが、全ての国々民族を破壊したら、彼らを新たに一同一緒に集める。そうして彼らがわたしの幕屋を建て、聖壇を作り、全てのものがわたしに生贄を捧げ、わたしに仕え、異邦人の国々で忠実に私の働きのために仕えるようにする。これは、イスラエル人が、丁度今行っているように行われる。すなわち、聖職者の服と冠、彼らの間に留まっているわたし、ヤーウェの栄光、彼らの上に覆いかぶさり、彼らと共にある私の威光とともに。異邦人の中でわたしの働きは、そのように実行される。イスラエルでのわたしの働きのように、異邦人の地でもわたしは同じであるだろう、なぜなら、わたしはわたしのイスラエルでの働きを大きくし、異邦人の地へ広げるからだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

神の幕屋が世に降臨した

わたしが再来するとき、わたしの燃える炎によって定められた境界線に沿って国々は分断されているだろう。わたしは焼け付く太陽、聖なる者として現れ、ヤーウェがユダヤ諸部族の中を歩いたように、諸国の中を歩く。雲の柱によって人を生活の中で導く。人々はわたしの栄光を見る。聖なる地にわたしが現われるから。人々はわたしの義なる日、栄えある出現を見る。わたしが地球を統治し、子らを栄光に至らせる時。

人はひれ伏し、人々の間に幕屋が建てられる。わたしが今日為している業という岩の上にわたしは汚れた祭壇を打ち壊し、新たに建てる。人は神殿でわたしに仕え、子羊と子牛が祭壇に積まれる。あなた方はわたしが大いなる栄光を受ける日を、わたしが神殿を倒して新たに建てる日を見る。わたしの幕屋が地上に来るのを見る。それはわたしが降りてくるのを人が見る時と同様である。

わたしは国々を打ち砕いたあと新たに集め、神殿を建てて祭壇を作る。誰もがいけにえを捧げてわたしに仕え、異邦人の国々の中でわたしの働きに自らを捧げる。彼らはみな今日のイスラエルのようになる。祭司の衣と冠を身につけ、彼らのただ中にはわたしの栄光がある。わたしの威厳が彼らと共に、共にある。

人はひれ伏し、人々の間に幕屋が建てられる。わたしが今日為している業という岩の上にわたしは汚れた祭壇を打ち壊し、新たに建てる。人は神殿でわたしに仕え、子羊と子牛が祭壇に積まれる。あなた方はわたしが大いなる栄光を受ける日を、わたしが神殿を倒して新たに建てる日を見る。わたしの幕屋が地上に来るのを見る。それはわたしが降りてくるのを人が見る時と同様である。

わたしはイスラエルの地で働いたのと同じように異邦人の国々中で働く。わたしはイスラエルでの働きを広げ、異邦人の国々に広げるから。

人はひれ伏し、人々の間に幕屋が建てられる。わたしが今日為している業という岩の上にわたしは汚れた祭壇を打ち壊し、新たに建てる。人は神殿でわたしに仕え、子羊と子牛が祭壇に積まれる。あなた方はわたしが大いなる栄光を受ける日を、わたしが神殿を倒して新たに建てる日を見る。わたしの幕屋が地上に来るのを見る。それはわたしが降りてくるのを人が見る時と同様である。わたしが降りてくるのを見るその時に、わたしが降りてくるのを見るその時に、その時にわたしが降りてくるのを見るその時に、その時に。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「キリストの初めの言葉:第三十五章」抜粋55

七つの雷が玉座から発せられ、宇宙を揺るがし、天と地をくつがえし、その響きは空を貫く。轟音は耳をつんざき、人々は逃げることも隠れることもできない。稲妻と雷鳴が発せられると、たちまち天地は変化し、人々は死の淵に立たされる。すると電光石火の速さで、宇宙全体が天から降り注ぐ激しい暴…

日々の神の御言葉「聖霊の働きとサタンの働き」抜粋445

日常生活で自分に何かが起きる際、それが聖霊の働きに由来するものなのか、サタンの働きに由来するものなのか、どのように識別すべきだろうか。状態が正常であれば、その人の霊的生活と肉における生活は正常であり、理知も正常で秩序がある。このような状態にあるとき、彼らが経験し、自分の中で知る…

日々の神の御言葉「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」抜粋346

数多くの業や言葉が、あなたに対して全く効果が無いのであれば、神の業を広める時が来ると、あなたは自分の本分を尽くせずに辱められ、屈辱を感じるであろう。この時、あなたは神に対して多大な負債があり、神に関する自分の認識が極めて表層的であると感じるであろう。現在、神が業を行っている間に、…

日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 141

今日神の働きを知るということは、大方は、終わりの日の受肉した神を知ること。神の主要な務めが何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来、去る前に模範を示すと述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地のいたるところ…