キリスト教の歌「神が悲しまないことがあろうか」歌詞付き

キリスト教の歌「神が悲しまないことがあろうか」歌詞付き

212 |2020年4月18日

おすすめ動画

キリスト讃美歌「神は人類が生き続けるのを願っている」神の愛は確かなものだ https://www.youtube.com/watch?v=qsLDOxjIfjU

キリスト教会讃美歌「神は人の将来を嘆き悲しむ」https://youtu.be/rbT18oKLzEk

神は甘さ 酸っぱさ 苦さ 辛さ

人間体験のあらゆる味を味わい

風の中に来て雨の中を行く

神は家族の迫害や人生の浮き沈み

体から離れる時の苦痛も経験した

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

このように終わってしまう

そのためだけに神は肉となったのだろうか?

なぜ人は神を愛さないのだろうか?

なぜ人は神の愛に憎しみで報いるのか?

神がこのように苦しんでもよいのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

人々は神が地上で受けた苦難のゆえ

同情の涙を流し

神が受けた不幸な仕打ちに抗議した

誰が神の心を真に知っていただろうか?

誰が神の気持ちを察することができるだろうか?

かつて人は神に深い愛情を抱き

夢の中で神を慕った

しかし地上にいる者は

どうしたら神の意志を理解できるのだろうか?

神が地上に来た時

受けた苦難のために

人は歓迎する代わりに

神の善意を「ていねいに」断った

どうしてそれが神を苦しませ

悲しませないことがあろうか

『小羊従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル