キリスト教の歌「受肉の神は最も愛すべき方」日本語字幕

2020年5月8日

ご不明な点がありましたら、ご連絡ください。

Messenger:https://m.me/godfootstepsjp

神が肉となり

人類の間で人間生活を自ら経験し

当時の人類の堕落や

人間生活の状況を目の当たりにした後

受肉した神は

人類がいかに無力で嘆かわしく

哀れであるかを深く感じました

肉において生活していた際

自身が有していた人間性

および肉体としての本能のために

神は人間の状況により共感を覚え

その結果、自身に付き従う人への懸念を

さらに強く感じました

神の心の中では

自分が経営して救おうとしている人間が

最も重要であり

神はこの人類を他の何より大切にしています

たとえ彼らのために

大きな代価を支払ってきたとしても

また彼らに絶えず傷つけられ

反抗されたとしても

神は彼らを決して見捨てず

不満を言うことも後悔することもなく

自身の働きをひたすら続けます

と言うのも、人々が遅かれ早かれ

自身の呼びかけで目覚め

自身の言葉によって動かされ

神が創造主であることを認めて

神のもとへ戻ることを

神は知っているからです

と言うのも、人々が遅かれ早かれ

自身の呼びかけで目覚め

自身の言葉によって動かされ

神が創造主であることを認めて

神のもとへ戻ることを

神は知っているからです

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

#ワーシップ #讃美歌 #ゴスペル #賛美 歌

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル