日々の神の御言葉「彼らが本分を尽くすのは、自分を際立たせるためでしかない……(一)」抜粋257

神は真理を表現するときに、自身の性質と本質を表現します。神による真理の表現は、人類が認識している各種の肯定的な物事や所説の、人類による要約に基づいているわけではありません。神の言葉はあくまで神の言葉であり、神の言葉は真理です。それらは人類の存在の拠り所となるべき土台と法則であり、人間を出所とするいわゆる教義は、神によって断罪されます。それらが神から承認されることはなく、ましてや神が発する言葉の源、あるいはその土台となることなどあり得ません。神は自身の性質と本質を自身の言葉によって表わします。神の表現によって生まれるすべての言葉は真理です。なぜなら、神には神自身の本質があり、神こそ肯定的な物事すべての現実だからです。堕落した人類が神の言葉をどのように位置づけたり定義したりしても、あるいは見方や理解の仕方がどのようなものであっても、神の言葉が真理であるという事実は決して変わることがありません。神が語ってきた言葉の数に関係なく、また、堕落した、罪深い人類がどんなに強くそれらを非難して拒んでも、変えることのできない一つの事実が残ります。つまり、そうした状況でさえも、人類が価値を置くいわゆる文化や伝統は、肯定的なものとはなり得ず、真理になることはできない、という事実です。これは変えることができないのです。人類の伝統的な文化や存在のあり方が、時代の変化や時間の経過によって真理になることはありません。また、人類から非難を受けたとか、人類が忘れやすいなどという理由で、神の言葉が人の言葉になることもありません。この本質は不変であり、真理は常に真理なのです。ここにあるのはどういった事実ですか。人類が要約するそうした言葉はすべてサタンに由来するのです。そうした言葉は人の想像や観念であり、人の肉から生じるもので、肯定的なものとは何ら関係がありません。他方、神の言葉には、神の本質と地位が表現されています。神はなぜ言葉を発するのでしょうか。わたしはなぜそれが真理だと言うのでしょうか。それは、神が万物のすべての法則、原理、根本、本質、現実、そして奥義を支配しており、それらが神の手中にあり、神だけがこれらの由来と、その根本が実際に何であるかを知っているからです。ですから、神の言葉で言及されている万物の定義だけが最も正確であり、また神の言葉の中で人類に求められていることこそが、人類にとって唯一の規準、すなわち、人類が存在の拠り所とする唯一の規準なのです。

『反キリストを暴く』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」抜粋337

わたしはこのようにあなたがたの中で働き、話した。わたしは多くの力と努力をつぎ込んだが、あなたがたはわたしがはっきりと語った言葉に耳を傾けたことがあっただろうか。あなたがたはどこで全能者であるわたしにひれ伏したか。なぜあなたがたはわたしをこのように扱うのか。なぜあなたがたが話すこと…

日々の神の御言葉「神の働きのビジョン(3)」抜粋39

恵みの時代はイエスの名と共に始まった。イエスが自身の職分を始めたとき、聖霊はイエスの名に対する証しを始め、ヤーウェの名はもはや語られなかった。その代わり、聖霊はおもにイエスの名のもとに新しい働きに着手した。神を信じる人たちの証しはイエス・キリストのためになされ、彼らが行なった働き…

日々の神の御言葉「三位一体は存在するのか」抜粋297

三つの段階の働きがこの三位一体の概念に従って評価されるならば、それぞれが行う働きは同じではないので、三つの神がいなければならない。あなたたちの中の誰かが三位一体は実際存在すると言うならば、この三位格で一つの神とは一体何か説明してみたまえ。聖なる父とは何か。子とは何か。聖霊とは何か…