日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋170

神の性質のすべては六千年の経営(救いの)計画を通して表わされた。それは恵みの時代もしくは律法の時代だけに現れたのではなく、もちろん終わりの日のこの時期だけに現れるのでもない。終わりの日になされる働きは、裁き、怒り、刑罰を表す。終りの日になされる働きは、律法の時代の働きや、恵みの時代の働きに取って代わることはできない。しかし、三段階は互いに繋がって一つの実体となり、それはひとつの神によってなされる働きのすべてである。当然、この働きの遂行は別々の時代に分けられている。終わりの日になされる働きはすべてに終わりをもたらし、律法の時代になされた働きは始まりであり、恵みの時代になされた働きは贖いである。この六千年の経営(救いの)計画全体の働きのビジョンに関しては、誰も識見を得ることも、理解することもできない。そのようなビジョンは常に神秘的であった。終わりの日に、言葉の働きだけが、神の国の時代へと導くためになされるが、それはすべての時代を現してはいない。終わりの日は終わりの日以上のものではなく、神の国の時代以上のものでもなく、恵みの時代や、律法の時代を現してはいない。終わりの日とは単に六千年の経営(救いの)計画のすべての働きがあなたがたに現されるときである。これは奥義の覆いを取り除くことである。奥義の覆いは、人が取り除くことはできない。人が聖書についてどんなに深い理解を持っていても、人は聖書の本質を理解していないので言葉以上の何物でもない。人が聖書を読むとき、何らかの真理を受け取り、言葉の幾つかを説明したり有名な聖句や引用を綿密に調べ上げたりするかもしれないが、それらの言葉に含まれている意味を取り出すことはできないだろう。というのは、人が見ているのは死んだ言葉であり、ヤーウェやイエスの働きの場面ではなく、人はそのような働きの奥義を解明することはできないからである。よって、六千年の経営(救いの)計画の奥義はもっとも偉大な奥義であり、最も隠されていて、人には全く理解できないものである。もし神自身が説明し、明かすのでないなら、誰も神の心を直接理解することはできない。そしてそれらは永遠に人間には謎のままで、封印をされた奥義のままであり続けるであろう。宗教関係者たちのことは気にしないように。もし今日あなたがたに伝えなかったなら、あなたがたも理解することはできなかったであろう。

『言葉は肉において現れる』より引用

唯一の神が行う三段階の働き

神の性質は全て恵みの時代や律法の時代、終わりの日だけでなく、六千年の救いの計画により明らかにされた。終わりの日の働きは裁き、怒り、刑罰だ。

終わりの日の働きは律法の時代や恵みの時代の働きと替えられないが、この三つは結びつき一体となる。これらは神が別々の時代に行ったことだ。始まりは律法の時代の働き、贖いは恵みの時代の働き、そして終わりの日の働きが全てを締めくくる。異なる時代、異なる場所の三段階の働きは、唯一の神と一つの霊の働きであり、それらを分割する者は神に敵対する者だ。

ヤーウェからイエス、そして今に至るまでの三段階は切れない一本の糸のように、神の救いの計画の全域に及び、全て一つの霊により行われる働きだ。世界の創造以来、神はいつも人間を導いてきた。神は始めであり終わりであり、神は最初であり最後であり、神によって一つの時代が始まりそして終わる。始まりは律法の時代の働き、贖いは恵みの時代の働き、そして終わりの日の働きが全てを締めくくる。異なる時代、異なる場所の三段階の働きは、唯一の神と一つの霊の働きであり、それらを分割する者は神に敵対する者だ。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第十四章」抜粋366

わたしは日々、宇宙の上に立ち、観察し、人間の生活を経験するために、わたしのすみかに謙虚に身を隠し、人間の行いすべてをよく観察する。誰一人、本当に自身をわたしに捧げたことがない。誰一人、真理を追求した者はない。誰一人、わたしに良心的であった者はない。誰一人、わたしの前で誓いを立て、…

日々の神の御言葉「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」抜粋301

人の性質が堕落するのは、サタンによってむしばまれ、踏みにじられ、サタンが人の考え方、倫理観、見識、理知にひどい被害を与えることを根源としている。まさに人のこうした根本的事柄がサタンによって堕落させられ、神がもともと造ったものとは完全に違ってしまったため、人は神に反対し、真理を…

日々の神の御言葉「すべては神の言葉が達成する」抜粋35

神は主に自身の言葉を話すために地上に来た。あなたが関りをもつのは神の言葉である。あなたが知るのは神の言葉である。あなたが聞くのは神の言葉である。あなたが従うのは神の言葉である。あなたが経験するのは神の言葉である。そしてこの肉となった神は、人を完全にするのに、主として言葉を用いる。…

日々の神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋263

初めて社会科学の考えを持つようになってから、人の精神は科学と知識に占領されてしまった。それからすぐ、科学と知識は人類を支配する道具となり、もはや人が神を礼拝する充分な余地はなくなり、神を礼拝する好ましい条件もなくなった。人の心の中で占める神の位置はどこまでも低められていった。…