日々の神の御言葉「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」抜粋504

もし人々が神を畏れる心で神を信じ、神の言葉を経験するなら、そうした人々には神の救いや神の愛がもたらされる。そうした人々は神を証しすることができ、真理に生き、真理、神であるすべて、神の性質について証しし、神の愛に包まれ、神の愛を知っている。もし神を愛したいと願うのなら、神の愛すべきことを経験し、神の愛すべきことを理解しなければならない。そうしてはじめて、神を愛する心、忠実に神に仕えようという思いが生じる。神は文字、あるいは想像力に訴えて人々が神を愛せよとはさせない。神は自身を愛することを人々に強いない。むしろ、人々が自ら進んで神を愛するようにするのだ。自分の働きと言葉の内にその愛すべきことを見るようにし、その後で、神への愛が生まれるようにするのだ。そのようにしてはじめて、人々は真に神を証しできる。人々は、他人からそうするように駆り立てられて神を愛するのではない。また、一時的な感情の衝動に動かされて愛するのでもない。人々が神を愛するのは、神の愛すべきことを見たからであり、神には人々が愛するに値するものが数多くあること、神の救いと知恵、驚くべき業を見、その結果、心から神を讃え、心から神を求め慕い、神を自分のものとしなければ生きて行けないほどの掻き立てられた情熱が芽生えるのだ。真に神を証しする人々は、神についての真の認識と心から慕う気持ちとが土台にあるからこそ、素晴らしい証しをできるのである。これは、感情に突き動かされているのではなく、神とその性質についての認識によっている。その人々は神を知るようになり、まことに神を証しし、神を求めるすべての人々に神のことを知らせ、神の愛すべきことと神の実際を知るようにしたいと感じているからである。人々の神への愛同様、その人たちの証しは自発的で真実であり、本物の意義と価値がある。これは受動的なものでも、虚しく無意味なものではない。真に神を愛する者だけが最も価値ある意義深い人生を送ることができ、そうした人々だけが真に神を信じているというのは、その人たちが神の光の中で生きており、神の働きと計画のために生きることができるからだ。彼らは闇の中で生きているのではなく、光の中で生きている。無意味な生を生きているのではなく、神の祝福を受けた生を生きているからだ。神を愛する者だけが神を証しでき、彼らだけが神の証人であり、彼らだけが神の祝福を受け、彼らだけが神からの約束を受け取る。神を愛する者は神と親しい者であり、神に愛され、神と共に幸いを享受できる。こうした人々だけが永遠に生き、また、こうした人々だけが神の顧みと守りの下、永遠に生きる。神は愛するべき対象であり、人々に愛されるにふさわしい対象だが、すべての人が神を愛せるわけではない。誰もが神を証しして、神と共に力をもつわけでもない。神を証しできるので、すべての努力を神の働きに捧げられるので、真に神を愛する者は天下のどこを歩いてもあえて敵対しようとする者がいない。また、地において力を振るい、神の民みなを支配できる。こうした人々は世界中からやって来る。話す言葉は違い、肌の色も異なっているが、その存在は同じ意味を持っている。彼らには神を愛する心があり、みな同じ証しをし、同じ決意を持ち、同じことを願っている。神を愛する者は世界中を自由に歩くことができ、神を証しする者は、全宇宙を旅できる。こうした人々が、神の愛する者であり、その人たちは神の祝福を受けており、神の光の中で永遠に生きる。

『言葉は肉において現れる』より引用

神を知る者だけが神のために証しできる

神を証しする者が強い証しをするのは、神への真の認識と神を慕う心に基づく、証しは感情の気まぐれではなく、神とその性質への認識からくる。

神を知り証し人となった者は神を慕う、人に神と神の愛しさと現実性を知らせねばと思う。

神への愛と同じ証しも自発的で、現実的で価値があり、意義深いもの、受動的でも空疎でも、無意味なものでもない。神を証しする者が強い証しをするのは、神への真の認識と神を慕う心に基づく、証しは感情の気まぐれではなく、神とその性質への認識からくる。

神を真に愛する者だけが、最も価値のあるものを持ち、神の光の中で生きているので神を信じる。

彼らは神の働きと経営のために生き、無意味ではなく、祝福された生活を送る。

暗闇の中ではなく、光の中で生きる。

神を証しする者が強い証しをするのは、神への真の認識と神を慕う心に基づく、証しは感情の気まぐれではなく、神とその性質への認識からくる。暗闇の中ではなく、光の中で生きる。神を証しする者が強い証しをするのは、神への真の認識と神を慕う心に基づく、証しは感情の気まぐれではなく、神とその性質への認識からくる。神とその性質への認識からくる。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「神は人間のいのちの源である」抜粋258

あなたが泣き声を上げてこの世にやって来るその瞬間から、あなたはあなたの本分を果たし始める。あなたは、神の計画と神の定めにおいてあなたの役割を担う。あなたは人生の旅路を始めるのである。あなたのこれまでの背景がどうであろうと、あなたのこれからの旅路がどのようなものであろうと、天が備え…

日々の神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋215

神がソドムを滅ぼしたときの聖書の場面を思い出してみるがよい。ロトの妻がどうして塩の柱になったかも考えてみるがよい。ニネベの人々が荒布をまとい、灰の中に座していかに罪を悔い改めたかを思い返し、二千年前にユダヤ人たちがイエスを十字架に釘づけにしたあと何が起きたかを思い起こしてみるがよ…

日々の神の御言葉「あなたは本当に神を信じる人なのか」抜粋325

一部の人々は真理を喜ばず、裁きとなればもっと喜ばない。むしろ、人々は権力と富に喜びを見出すのであり、そのような人々は俗物と見なされる。彼らはもっぱら、影響力を持つ世界中の宗派や、神学校から来た牧師や教師を探し求める。真理の道を受け入れたにもかかわらず、彼らはどこまでも懐疑的で、…

日々の神の御言葉「受肉した神の職分と人間の本分の違い」抜粋159

あなたたちは神の働きのビジョンを知り、神の働きが一般的にどの方向に向かっているかを把握しなければいけない。これが正しくいのちの道に入るということだ。ひとたびビジョンの真理を正確に理解したなら、あなたがその過程を歩み始めるのは確かである。神の働きがどのように変化しようと、あなたの心…