日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 538

聖霊が人の中で働く第一歩は、まず何より人間の心を人々や出来事や物事から引き離して神の言葉へ導き入れ、神の言葉には疑いの余地が一切なく完全に真実であることを、人が心の中で信じるようにすることである。神を信じているのであれば、神の言葉を信じなければならない。長年にわたり神を信じてきたのに、聖霊が歩む道に気づかないままなら、あなたは本当に信者なのか。正常な人間生活、つまり神との正常な関係がある正常な人間生活を実現するには、まず神の言葉を信じなければならない。聖霊が人の中で行なう働きの第一歩を、あなたが達成していないのであれば、あなたには何の基盤もない。最も小さな原則にさえ達することができなければ、あなたはどうやって前途を歩むつもりか。神が人間を完全にする正しい道に足を踏み入れることは、聖霊による現在の働きの正しい道に入るという意味であり、聖霊が歩む道に足を踏み入れるという意味でもある。目下のところ、聖霊が歩む道とは、神の現在の言葉である。このように、聖霊の道に足を踏み入れるのであれば、その人は受肉した神の現在の言葉に従い、それを飲み食いしなければならない。受肉した神が行なう働きは言葉の働きであり、あらゆることが受肉した神の言葉から始まり、すべては受肉した神の言葉の上、その現在の言葉の上に築かれる。受肉した神について確信することであれ、あるいは受肉した神を知ることであれ、その一つひとつが受肉した神の言葉により多くの努力を注ぐことを求めている。さもなければ、人は何一つ成し遂げることができず、その人には何も残らない。神の言葉を飲み食いすることを基礎とし、それによって神を知り、神を満足させるようになることでのみ、人は徐々に神との正常な関係を築くことができる。人にとって、神の言葉を飲み食いし、それを実践すること以上に、神とのよりよい協力は存在しない。このような実践を通じ、人々は神の民の証しにおいてもっともよく立つことができる。神の現在の言葉の本質を理解し、それに従えるとき、その人は聖霊によって導かれる道を生きており、神が人を完全にする正しい軌道に乗っている。それまでは、ただ神の恵みを求めていれば、あるいは安らぎと喜びを求めていれば、人は神の働きを得ることができた。しかし今は違う。受肉した神の言葉がなければ、その言葉の現実がなければ、人は神の承認を得ることができず、神によって一人残らず淘汰される。正常な霊的生活を実現させるには、まず神の言葉を飲み食いし、それを実践に移してから、それを基に神との正常な関係を確立させなければならない。あなたはどのように協力するのか。神の民の証しにおいてどうしっかり立つのか。神との正常な関係をいかに築くのか。

 次に挙げるのは、日常生活においてあなたが神と正常な関係にあるかどうかを確かめる方法である。

 1.あなたは神自身の証しを信じているか。

 2.神の言葉は真実であり、絶対に誤りがないと、あなたは心の中で信じているか。

 3.あなたは神の言葉を実践する人か。

 4.神が託す使命に忠実か。神が託す使命に忠実であるべく、あなたは何をするべきか。

 5.あなたが行なうすべてのことは、神を満足させ、神に忠実であるためのものか。

 上に挙げた各項目により、自分が現段階において神と正常な関係にあるかどうかを検討することができる。

 神から託された任務と約束を受け入れ、聖霊の道に従うことができるなら、あなたは神の旨に従っている。あなたの中で聖霊の道は明瞭だろうか。現在、あなたは聖霊の道に従って行動しているか。あなたの心は神に近づいているか。聖霊の最新の光と歩調を合わせたいと望んでいるか。神に得られたいと願っているか。地上における神の栄光の現われになりたいと望んでいるか。神が自分に求めることを成し遂げる決意があるか。神の言葉が語られるとき、あなたの中に協力する決意、神を満足させる決意があれば、そしてそれがあなたの心構えであれば、神の言葉があなたの中で実を結んだことを意味する。あなたにそうした決意がなく、何の目標もないのであれば、あなたの心がいまだ神によって感動していないということである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「働きと入ること(7)」抜粋194

人間は、自らに欠落しているものが霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを現在になってようやく認識した。人類の歴史や古代の文化について完全に無知であるために、人間は神の働きについても認識がない。人間は皆、心の奥深くで神を慕いう…

日々の神の御言葉「神はすべての被造物の主である」抜粋207

現在、神がどのような新しい働きを始めたかまだ理解していない人々がいる。神は異邦人の諸国で新たな働きを始め、別の時代を始め、別の働きを始め、モアブの子孫の間で働きを行っている。これは神の最新の働きではないか。遠い昔から誰もこの働きを経験せず、聞いておらず、ましてや正しく認識しなかっ…

日々の神の御言葉「あなたは神への忠誠を保たなければならない」抜粋471

終わりの日における神の働きでは、ヨブの確信さえも超える、途方もなく強い確信が必要とされる。確信がなければ、人は経験を得続けることも、神によって完全にされることもできない。大いなる試練の日が来るとき、教会を去る人がそこかしこにいるだろう。それまでの追求が極めて順調で、なぜ信仰を止…