日々の神の御言葉「どのように地上の神を知るか」抜粋321

あなたがたは神に喜ばれることを大いに望んでいながら、神から非常にかけ離れている。何が問題なのか。あなたがたは彼の言葉だけを受け入れているが、彼による取り扱い、刈り込みは受け入れず、ましてや彼による一つ一つの采配を受け入れることも、彼を完全に信じることも尚更できない。では何が問題なのか。結局のところ、あなたがたの信仰は、ひよこを生むことのない空の卵である。というのは、あなたがたの信仰は真理やいのちをもたらすものではなく、代わりに架空の支えと希望という感覚をもたらした。あなたがたの神に対する信仰の目的は、真理といのちのためではなく、この希望と支援の感覚のためである。それゆえ、神に対するあなたがたの信仰とは、追従と恥知らずの心によって神に取り入る以外の何ものでもなく、決して真の信仰とはみなされないのである。このような信仰からどのようにひよこが生まれるであろうか。言い換えれば、そのような信仰からどんな実がみのるというのか。あなたがたの神への信仰の目的は、神を利用して自分の目的を果たすことである。それも神の性質に敵対していることの現れではないのか。あなたがたは天の神の存在を信じるが、地上の神の存在を否定している。しかし、わたしはそのような見方を認めない。わたしは足を地に着けて地上の神に仕えるものだけを賞賛し、地上のキリストを認識しないものは絶対に認めないのである。そのような人たちが天にいる神にどれほど忠実であっても、結局、邪悪な者を罰するわたしの手を逃れることはないのである。そのような人は邪悪な者である。彼らは神に逆らい、喜んでキリストに服従したことのない邪悪な者である。もちろん、これにはキリストを知らないもの、およびキリストを認めないものも含まれる。天の神に忠実である限り、キリストに対する行いはどうでもよいと思っている。それは間違いである。キリストに対する無知は、天の神に対する無知である。天にいる神にどれほど忠実だと言ったところで、それは単に無意味で偽りである。地上の神は真理とより深い認識を受ける人のための道しるべとして働くだけではなく、人間に対して有罪宣告し、その後邪悪なものを罰するための事実を押収するためには更に助けとなるからである。かかる恩恵および結果が分かっただろうか。これを体験したことはあるだろうか。この真理を理解できる日が一刻も早く訪れることを願っている。神を知るには天の神だけではなく、地上の神を知ることがもっと重要なのである。優先順位について混乱を招き、従属者が主役と取って代わるような考え方をしてはならない。神と本当に良好な関係を築き、神に近づき、心を神に近づけるには、この方法しかないのである。長年信仰を持ち、わたしと長く関わっていながら、未だにわたしから遠く離れているのであれば、あなたは度々神の性質に背いているのであり、あなたの最後は定かではない。わたしとの長年の関わり合いをもってしても人間性と真理を持つ人間とならず、代わりに邪悪な生き方が浸透しており、誇大妄想が倍増しているだけでなく、わたしに対する誤解が増加し、わたしを仲間としてしか見ないようであれば、あなたの苦しみは皮膚だけにとどまらず、骨にまで浸透してしまっている。その場合、為せるべきことは自らの葬儀の準備が整うのを待つことだけだ。その時になってあなたの神になってほしいとわたしに嘆願する必要はない。あなたは死に値する、赦されない罪を犯してしまったのであるから。例えわたしが慈悲を与えることができたとしても、天の神はあなたの命を取ることを主張するであろう。神の性質に対する罪は普通の問題ではなく、非常に深刻な性質のものだからだ。時が来たら、なぜ事前に説明しなかったのかとわたしを責めるな。すべては次のことにかかっている。地上の神であるキリストをただの人間と関連付け、この神が人間以外の何ものでもないと信じる時、あなたは滅びるであろう。これがわたしからのすべての人に対する唯一の忠告である。

『言葉は肉において現れる』より引用

神は真面目にキリストに仕える者だけを称賛する

神から喜ばれることをあなたがたは強く望むのに、神から遠く離れている。何が問題なのか。あなたがたは神の言葉だけを受け入れて、神の刈り込みも計画も受け入れず、まして神を完全には信じていない。ならば、何が問題なのか。あなたがたの信仰は決してニワトリを産まない卵のよう、それは真理もいのちももたらさず、支えと希望という錯覚をもたらしただけだから。あなたがたは天の神を信じ、地上の神を拒む。しかしわたしはあなたがたの見方を認めない。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。

あなたがたが神を信じる目的はいのちや真理のためでなく、自分の希望と支えのため。あなたがたの信仰は恥知らずで、神におもねろうとしているだけ、それは真の信仰とは決して見なされない。ならば、このような信仰がどうして実を結ぶだろう。あなたがたが神を信じるのは自分の目的を果たそうと神を利用しているだけ、これは神の性質に背いていないか。あなたがたは天の神を信じ、地上の神を拒む。しかしわたしはあなたがたの見方を認めない。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。彼らは神に反する悪人で、キリストに従わない。キリストを知らない人も、キリストを認めない人もそう。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の働きと人間の実践」抜粋155

経営の業は、人間が原因となって行う。つまり、それは人間の存在により生み出される。人間が登場する以前、あるいは天と地と万物が造られた時、経営は存在しなかった。神の業全てにおいて人間に有益な実践が無かったならば、すなわち神が腐敗した人間に適切な要求を行わなかったならば (神が行った業…

日々の神の御言葉「神の心にかなうように仕えるには」抜粋454

イエスが神の任務――全人類を贖う業――を完了することができたのは、イエスが神の心に全ての注意を払い、彼には個人的な計画や思慮がなかったからである。だからイエスも神と心を一つにする者であった――神自身であった。それは、あなたたち皆がとてもよく理解しているとおりである。(実際、イエス…

日々の神の御言葉「信者はどのような観点をもつべきか」抜粋392

かつて、多くの人たちは野心や観念、そして自分たちの希望のために追求した。これらの事を今ここで議論はしない。あなたがた一人一人が神の前で正常な状態を維持することができ、サタンの支配の足かせから次第に自由になることができる実践方法を見つけることが鍵である。そうすれば、あなたは神に得ら…

日々の神の御言葉「今日の神の働きを知ること」抜粋141

今日神の働きを知るということは、大方は、終わりの日の受肉した神を知ること。神の主要な務めが何であるか、何をするために地上に来たかを知ることである。わたしは以前、神は(終わりの日に)地上に来、去る前に模範を示すと述べた。神はどのように模範を示すのか。言葉を発し、地のいたるところ…