日々の神の御言葉「どのように地上の神を知るか」抜粋321

あなたがたは神に喜ばれることを大いに望んでいながら、神から非常にかけ離れている。何が問題なのか。あなたがたは彼の言葉だけを受け入れているが、彼による取り扱い、刈り込みは受け入れず、ましてや彼による一つ一つの采配を受け入れることも、彼を完全に信じることも尚更できない。では何が問題なのか。結局のところ、あなたがたの信仰は、ひよこを生むことのない空の卵である。というのは、あなたがたの信仰は真理やいのちをもたらすものではなく、代わりに架空の支えと希望という感覚をもたらした。あなたがたの神に対する信仰の目的は、真理といのちのためではなく、この希望と支援の感覚のためである。それゆえ、神に対するあなたがたの信仰とは、追従と恥知らずの心によって神に取り入る以外の何ものでもなく、決して真の信仰とはみなされないのである。このような信仰からどのようにひよこが生まれるであろうか。言い換えれば、そのような信仰からどんな実がみのるというのか。あなたがたの神への信仰の目的は、神を利用して自分の目的を果たすことである。それも神の性質に敵対していることの現れではないのか。あなたがたは天の神の存在を信じるが、地上の神の存在を否定している。しかし、わたしはそのような見方を認めない。わたしは足を地に着けて地上の神に仕えるものだけを賞賛し、地上のキリストを認識しないものは絶対に認めないのである。そのような人たちが天にいる神にどれほど忠実であっても、結局、邪悪な者を罰するわたしの手を逃れることはないのである。そのような人は邪悪な者である。彼らは神に逆らい、喜んでキリストに服従したことのない邪悪な者である。もちろん、これにはキリストを知らないもの、およびキリストを認めないものも含まれる。天の神に忠実である限り、キリストに対する行いはどうでもよいと思っている。それは間違いである。キリストに対する無知は、天の神に対する無知である。天にいる神にどれほど忠実だと言ったところで、それは単に無意味で偽りである。地上の神は真理とより深い認識を受ける人のための道しるべとして働くだけではなく、人間に対して有罪宣告し、その後邪悪なものを罰するための事実を押収するためには更に助けとなるからである。かかる恩恵および結果が分かっただろうか。これを体験したことはあるだろうか。この真理を理解できる日が一刻も早く訪れることを願っている。神を知るには天の神だけではなく、地上の神を知ることがもっと重要なのである。優先順位について混乱を招き、従属者が主役と取って代わるような考え方をしてはならない。神と本当に良好な関係を築き、神に近づき、心を神に近づけるには、この方法しかないのである。長年信仰を持ち、わたしと長く関わっていながら、未だにわたしから遠く離れているのであれば、あなたは度々神の性質に背いているのであり、あなたの最後は定かではない。わたしとの長年の関わり合いをもってしても人間性と真理を持つ人間とならず、代わりに邪悪な生き方が浸透しており、誇大妄想が倍増しているだけでなく、わたしに対する誤解が増加し、わたしを仲間としてしか見ないようであれば、あなたの苦しみは皮膚だけにとどまらず、骨にまで浸透してしまっている。その場合、為せるべきことは自らの葬儀の準備が整うのを待つことだけだ。その時になってあなたの神になってほしいとわたしに嘆願する必要はない。あなたは死に値する、赦されない罪を犯してしまったのであるから。例えわたしが慈悲を与えることができたとしても、天の神はあなたの命を取ることを主張するであろう。神の性質に対する罪は普通の問題ではなく、非常に深刻な性質のものだからだ。時が来たら、なぜ事前に説明しなかったのかとわたしを責めるな。すべては次のことにかかっている。地上の神であるキリストをただの人間と関連付け、この神が人間以外の何ものでもないと信じる時、あなたは滅びるであろう。これがわたしからのすべての人に対する唯一の忠告である。

『言葉は肉において現れる』より引用

神は真面目にキリストに仕える者だけを称賛する

神から喜ばれることをあなたがたは強く望むのに、神から遠く離れている。何が問題なのか。あなたがたは神の言葉だけを受け入れて、神の刈り込みも計画も受け入れず、まして神を完全には信じていない。ならば、何が問題なのか。あなたがたの信仰は決してニワトリを産まない卵のよう、それは真理もいのちももたらさず、支えと希望という錯覚をもたらしただけだから。あなたがたは天の神を信じ、地上の神を拒む。しかしわたしはあなたがたの見方を認めない。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。

あなたがたが神を信じる目的はいのちや真理のためでなく、自分の希望と支えのため。あなたがたの信仰は恥知らずで、神におもねろうとしているだけ、それは真の信仰とは決して見なされない。ならば、このような信仰がどうして実を結ぶだろう。あなたがたが神を信じるのは自分の目的を果たそうと神を利用しているだけ、これは神の性質に背いていないか。あなたがたは天の神を信じ、地上の神を拒む。しかしわたしはあなたがたの見方を認めない。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。彼らは神に反する悪人で、キリストに従わない。キリストを知らない人も、キリストを認めない人もそう。わたしは地上の神にまじめに仕える人を褒め、地上のキリストを認めない人は決して褒めない。わたしが悪人を罰するとき、どれほど天の神に忠実でも、彼らは逃れられない。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「働きと入ること(4)」抜粋192

人々のうちほとんど一人も神の差し迫った心を理解していない。なぜなら人々の力量はあまりにも低く、彼らの霊的感受性は非常に鈍く、彼らはみな神が何をしているか気づかないし、注意を払ってもいないからである。そこで神はあたかも人の野蛮な性質が今にも突出しないかと人について心配し続ける。これ…

日々の神の御言葉「自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか」抜粋285

当時のユダヤ人はみな旧約聖書を読んでいて、男の子が飼い葉桶の中で生まれるというイザヤの預言を知っていた。それにもかかわらず、なぜ彼らはイエスを迫害したのか。彼らの反抗的本性と聖霊の働きに対する無知のためではないだろうか。当時、パリサイ人は、イエスの働きは預言された幼児について彼ら…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十七章」抜粋64

天使たちがわたしを褒めたたえて音楽を奏でる時、わたしは人に対する同情をかき立てられずにはいられない。直ちに、わたしの心は悲しみで満たされ、わたしからこのつらい感情を取り除くことはできない。人から引き離され、その後再び結び合わされる喜びと悲しみの中で、わたしたちは感情を交わすことが…

日々の神の御言葉「神の国の時代は言葉の時代である」抜粋28

神の国の時代、神は言葉を用いて新たな時代を招き入れ、働きの手段を変え、その時代全体の働きを行う。これが神が言葉の時代に働く原則である。神は異なる観点から語る為に受肉し、肉となった言葉である神、その知恵と不思議とを人間が本当に見ることができるようにした。そうした働きは、人間を征…