日々の神の御言葉: 人類の堕落を暴く | 抜粋 337

わたしはこのようにあなたがたの中で働き、話した。わたしは多くの力と努力をつぎ込んだが、あなたがたはわたしがはっきりと語った言葉に耳を傾けたことがあっただろうか。あなたがたはどこで全能者であるわたしにひれ伏したか。なぜあなたがたはわたしをこのように扱うのか。なぜあなたがたが話すことすることすべてがわたしの怒りを呼び起こすのか。なぜあなたがたの心はそれほど頑ななのか。わたしはあなたがたを撃ったか。なぜあなたがたはわたしを悲しませ心配させることしかしないのか。あなたがたはわたしヤーウェの怒りの日があなたがたに及ぶのを待っているのか。あなたがたの不服従により呼び起こされた怒りをわたしがあらわすのを待っているのか。わたしがするすべてのことはあなたがたのためではないのか。それなのにあなたがたはいつもわたしヤーウェをこのように扱ってきた。わたしの捧げ物を盗み、わたしの祭壇のいけにえを家に持って帰り、オオカミの巣にいる子や孫を養った。「人々」は互いに戦い、怒りに満ちたまなざしで、剣と槍を持って向かい合い、全能者であるわたしの言葉を便所に投げ込み、排泄物のようにけがれたものにしてしまった。あなたがたの人格はどこにあるのか。あなたがたの人間性は獣性になってしまった。あなたがたの「心」はずっと前に石になってしまっている。あなたがたは、わたしの怒りの日が来るときこそ、今日あなたがたが全能者であるわたしに対して行う悪をわたしが裁くときであることを知らないのか。このようにわたしをだまし、わたしの言葉を沼地に投げ込んで耳を傾けず、わたしの背後でこのようにふるまって、わたしの怒りの目を逃れられると思うのか。あなたがたがわたしのいけにえを盗み、わたしの物を欲しがったとき、あなたがたはわたしヤーウェの目に既に見られていたことを知らないのか。あなたがたがわたしのいけにえを盗んだとき、それはいけにえが捧げられた祭壇の前であったことを知らないのか。このようにわたしをだませるほど自分たちが賢いなどとなぜ思うのか。あなたがたの憎むべき罪からどうやってわたしの怒りをそらせるだろうか。どうしてわたしの怒りがあなたがたの悪行を見逃せるだろうか。あなたがたが今日行う悪は、あなたがたに逃げ道を用意することはなく、あなたがたの明日に刑罰を積み重ねる。それは、あなたがたに対して全能者であるわたしの刑罰を招く。あなたがたの悪行と悪しき言葉が、どうしてわたしの刑罰から逃れられるだろうか。どうしてあなたがたの祈りがわたしの耳に届くだろうか。どうしてあなたがたの不義に、わたしが逃げ道を用意するだろうか。どうしてわたしに逆らって行うあなたがたの悪行をそのままにしておけるだろうか。蛇の舌のように毒に満ちたあなたがたの舌を切らずにいられるだろうか。あなたがたは自分の義のためにわたしに依り頼まず、自分の不義の結果としてわたしの怒りを積んでいる。どうしてわたしがあなたがたを赦せるだろうか。全能者であるわたしの目には、あなたがたの言葉と行いは汚れている。全能者であるわたしの目は、あなたがたの不義を無限の刑罰とみなす。どうしてわたしの義なる刑罰と裁きがあなたがたから離れるだろうか。あなたがたがわたしにこれを行い、わたしを悲しませ怒らせるのに、わたしがあなたがたをわたしの手から逃れさせ、わたしヤーウェがあなたがたを罰し、呪う日から離れさせることなどできようか。あなたがたのすべての悪しき言葉が、すでにわたしの耳に届いていることを知らないのか。あなたがたの不義がすでにわたしの聖なる義の衣を汚したことを知らないのか。あなたがたの不服従がすでにわたしの激しい怒りを呼び起こしたことを知らないのか。あなたがたがわたしを怒ったまま長いこと放置し、わたしの忍耐をずっと試してきたことを知らないのか。既にあなたがたがわたしの肉体をぼろぼろに傷つけたことを知らないのか。わたしはこれまで我慢してきたが、わたしはわたしの怒りを解放し、あなたがたに対してもはや寛大ではいない。あなたがたの悪行がすでにわたしの目に届き、わたしの叫びがすでにわたしの父の耳に届いていることを知らないのか。どうして彼が、あなたがたがわたしをこのように扱うことを許すだろうか。わたしがあなたがたに行うすべての働きはあなたがたのためではないか。それなのにあなたがたのうち誰が、わたしヤーウェの働きをさらに愛するようになっただろうか。わたしが弱いために、わたしが受けた苦しみのために、わたしの父の心に忠実でないことができるだろうか。わたしの心が分からないのか。わたしはヤーウェがしたのと同じようにあなたがたに話す。あなたがたのためにわたしは多くを捧げたではないか。わたしが父の働きのためにこの苦しみすべてに喜んで耐えるとしても、わたしの苦しみの結果としてあなたがたの上にもたらす刑罰を、どうしてあなたがたが免れられるだろうか。あなたがたはわたしの多くを享受したではないか。今日、わたしはわたしの父によってあなたがたに与えられた。あなたがたは、わたしの気前の良い言葉より、はるかに多くを享受していることを知らないのか。わたしの命が、あなたがたの命とあなたがたが享受する事柄と引き換えられたことを知らないのか。わたしの父がサタンと戦うためにわたしの命を使い、またわたしの命をあなたがたに与えて、あなたがたが百倍も受けるように、多くの誘惑を避けられるようにしたことを知らないのか。あなたがたが多くの誘惑と、また多くの火の刑罰を免れたのは、ただわたしの働きによってであることを知らないのか。あなたがたがこれまで楽しむことをわたしの父が許していたのは、ただわたしの故であることを知らないのか。どうしてあなたがたの心は、たこができてしまったかのように、頑ななままでいられるのか。あなたがたが今日行う悪が、わたしが地上から去った後に来る怒りの日を、どうして逃れられるだろうか。これほど心の頑なな者を、どうしてヤーウェの怒りから逃れさせることができるだろうか。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉: 受肉 | 抜粋 110

受肉した神は神の本質を有し、受肉した神は神による表現を有する。神は人間の姿になるので、なすべき働きを打ち出し、神は人間の姿になるので、自分が何であるかを表して、人に真理をもたらし、人に命を与え、人に進むべき道を示すことができる。神の本質を含んでいない肉体が受肉した神ではないことは…

日々の神の御言葉: 宗教的観念を暴く | 抜粋 295

わたしは人々の間で多くの働きをしてきた。わたしがその間に発した言葉は数多くある。これらの言葉は人間の救済のためで、人間がわたしと融和するようにと発したものである。しかし、わたしと融和する者は、地上ではほんの数名しか得ていない。だから、人間はわたしの言葉を重んじないとわたしは言う。…

日々の神の御言葉「キリストの初めの言葉:第三十六章」抜粋56

全能なる真の神、玉座の王たる神は、全宇宙を支配し、すべての国と民に向き合っており、天下のあらゆるものは神の栄光を受けて光り輝く。宇宙、そして地の隅々に暮らすすべての生物が見るだろう。山々、川、湖、陸地、海、そしてすべての生き物は、真の神の顔貌が放つ光の中で自らの幕を開けた。…

日々の神の御言葉「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」抜粋588

人は今日の働きも将来の働きも多少理解できるが、自らの終着点を理解していない。被造物として、人はその本分を果たすべきである。つまり、人は何をする場合にも神に従うべきで、わたしがあなたがたに示す方向がどのようであれ、その方向に進むべきである。あなたは自分のための取り計らいの方法を知ら…