日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋95

 一部の人々は推測したがったり想像したがったりするが、人間の想像力は、どの程度まで達することができるだろうか。人間の想像力はこの世界を超越できるだろうか。人間は、神の権威の信ぴょう性と正確さを推測したり想像したりすることができるだろうか。人間の推測や想像により、神の権威の認識を得ることが可能になるだろうか。人間の推測や想像により、人間は神の権威を真に理解してそれに服従することが可能となるだろうか。人間の推測や想像は人間の思考の産物でしかなく、神の権威に関する認識に資することは一切無いことが、事実により証明される。SF小説を読んだ後、月や星がどのようなものかを想像することができる人々がいる。しかしそれは、人間が神の権威について何らかの認識を持っていることを意味するものではない。人間の想像は、単に想像でしかない。こうした事柄、つまり神の権威との関連性に関する事実のうち、人間が理解できる事は、全く無い。それでは、実際に月へ行ったことがある場合は、どうであろうか。それは、神の権威を多次元的に理解していることを示すものであろうか。それは、神の権威と力の範囲を想像できることを示すものであろうか。人間の推測や想像により、神の権威の知識を得ることは不可能であるが、それでは人間はどうすべきであろうか。推測や想像を避けるのが最も賢明である。すなわち、神の権威を知ることに関して、人間は想像や推測に依存してはならない。ここでわたしが言わんとしていることは何か。神の権威や力、神に固有の身分、神の本質に関する認識は、人間の想像に依存して得られるものではない。あなた方は神の権威を知る上で想像に依存できないのであれば、どのようにしたら神の権威に関する真の認識を得られるであろうか。神の言葉を飲食すること、フェローシップ、そして神の言葉を体験して、神の権威に関する漸進的な経験と確認を得ることにより、神の権威に関する漸進的理解を得、累進的な知識量が得られるだろう。神の権威に関する認識を得る近道は存在せず、この方法によるほか無い。想像の回避を要求することは、何もせず受動的に破壊を待つようにさせることや、あらゆる行動を禁止することとは違う。自分の頭脳で考え、想像するのを避けるということは、論理を用いて推測するのを避け、知識を用いて分析するのを避け、科学を根拠とせず、その代わりに、自分が信じる神に権威があること、神が自分の運命を支配していること、神の力により常に神が神自身であることが証明されていることを、神の言葉、真理、自分が人生で経験するあらゆる物事により理解し、確認することを意味する。誰であれ神に関する理解を得ることができる方法は、これしかない。一部の者は、この目的を達成する簡単な方法を見つけ出そうとするが、そのような簡単な方法は思い当たるだろうか。考えるまでも無く、それ以外の方法は存在しない。神が述べたひとつひとつの言葉や行なった業の全てにより、神の中にある物事や神の存在を丁寧に、確実に知ることが、唯一の方法である。神を知る方法は、これしかない。神の中にある物事や神の存在、そして神の全ては空虚ではなく、実在するものである。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 10」抜粋189

あらゆる魂にとって、その生まれ変わり、生涯における役割、生まれる家庭、そしてその人生がどのようなものかは、その魂の前世と密接に関連しています。ありとあらゆる人々が人間界に現れますが、その人たちが果たす役割も、行う務めもそれぞれ異なります。それでは、その務めとは何ですか。中には…

日々の神の御言葉「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」抜粋6

人間が持つ信仰は真理の代替とはなり得ない  一部の人々は、苦難に耐え、代償を払い、表面上の行動も極めて良好であり、尊敬されて皆から賞讃されている。あなた方はどう思うだろうか。こうした表面上の行動は、真理を実践しているとみなせるだろうか。この者は神の趣意を満たしていると言えるであろ…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 3」抜粋62

 ここでは、神が人間を創った時点以降における神の旨と考え、そして行動についてまとめ、天地創造から恵みの時代の開始時点までに神が行った行為について検討する。その後、神の考えのうち、人間に知られていないものがどれかを知ることが出来るようになり、そうした未知の考えから、神の経営計画の秩…

日々の神の御言葉「神の働き、神の性質、そして神自身 2」抜粋31

神は人を創造した後、すぐに人と関わって人に話しかけ、その神の性質は人間に現され始めた。つまり、神が最初に人と関わったときから、神は自身を人間に対し開かれた存在とし、自身の本質、自身の持っているものと自身が何であるかを絶えず示した。端的に言うと、当時の人々、あるいは今日の人々がそれ…