日々の神の御言葉: 神を知る | 抜粋 102

創造主の身分は固有のものであるので、多神主義的に考えてはならない

 サタンの技能は人間の技能よりも優れており、サタンは人間には不可能な事が可能であるものの、サタンの行為を羨んだり望んだりするかどうか、またサタンの行動を憎んだり嫌悪したりしているか、またサタンの行動が理解できるかどうか、サタンがどの程度のことを達成するか、サタンが何人の者を騙してサタンを崇拝させたり祭ったりさせることができるか、あなたがサタンをどのように定義するかを問わず、サタンには神の権威と力があると言うことはできない。神は神であり、神はひとりしか存在しないこと、そしてそれ以上に、唯一神にのみ権威があり、万物を支配する力があることを認識する必要がある。人間を欺く能力がサタンにあるから、サタンは神になりすますことができるから、神の業のしるしや奇跡を模倣することができるから、神と似たようなことをしているからといって、あなたは、神が唯一の存在ではない、複数の神が存在する、それらの複数の神の技能は多かったり少なかったりする、行使できる力に差があるなどといった誤解をする。そうした神々の偉大さを、登場する順番や年齢で決めたり、唯一の神以外に神格が存在すると誤解し、神の権威と力は固有のものではないと考えたりする。あなたがこうした考えを持っている場合、神が唯一の存在であることを認めていない場合、神のみに権威があることを信じていない場合、多神主義的に考えている場合、わたしはあなたに人間くずである、サタンの化身である、邪悪の権化であると言わざるを得ない。ここでわたしが説明しようとしていることを、あなた方は理解できるだろうか。時間、場所、あなた方の経歴を問わず、あなたは神と、人間、物事を混同してはならない。神の権威を知ることや、神の権威や神自身の本質に近づくことが、どれほど困難であると感じているか、またあなたの考え方や想像がどの程度サタンの行動や言葉と一致するか、そうした行動や言葉にあなたがどの程度満足しているかを問わず、あなたは愚かであってはならず、それらの概念に惑わされてはならず、神の地位と存在を否定してはならず、心の中の神を排除して、神の代わりにサタンを受け容れて、サタンを崇拝してはならない。そのようなことをした場合、どのような結末が待っているかは、あなた方に想像できることであると、わたしは確信している。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉: 神を知る | 抜粋 64

神が所有するものと神そのものについてもっと理解したいと望むなら、旧約聖書や律法の時代で立ち止まることはできず、神がその働きのなかで辿った段階にしたがい先へと進む必要があります。ゆえに、神は律法の時代を終えて恵みの時代を始めたのですから、わたしたちもそのあとを追い、恵みと贖いに満ち…

日々の神の御言葉: 神を知る | 抜粋 26

神が世界を洪水で滅ぼそうと考え、ノアに箱舟を作るように命じる (創世記 6:9-14)ノアの系図は次のとおりである。ノアはその時代の人々の中で正しく、かつ全き人であった。ノアは神とともに歩んだ。ノアはセム、ハム、ヤペテの三人の子を生んだ。時に世は神の前に乱れて、暴虐が地に満ちた。…

日々の神の御言葉: 神を知る | 抜粋 123

成長:第二の節目 人間は、生まれた家庭により異なる様々な環境で育ち、自分の両親から様々な教えを受ける。これにより、ある者が成長して大人になるまでの条件が決定され、成長は個人の人生における第二の重要な節目となる。この節目においても、人間には選択の余地が無いことは言うまでも無い。こ…

日々の神の御言葉: 神を知る | 抜粋 136

神の権威に服従することを望む者の適切な姿勢と行動 神の権威と、神が人間の運命を統治しているという事実を、人間はどのような姿勢で知り、扱うべきであろうか。これはあらゆる者が経験する難題である。実生活の問題に対処する時、神の権威と神による統治をどのように知り、理解すべきであろうか…