日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 2」抜粋109

神のソドム殲滅から、神の怒りの本質を理解できるであろうか。神の怒りの中に、何か含まれているものはあるだろうか。神の怒りは、純粋であろうか。人間の言葉で言うと、神の怒りには混じり物はないだろうか。神の怒りの根底に、何か策略はあるだろうか。何か陰謀はあるだろうか。何か口に出来ない秘密はあるだろうか。わたしは断固として、厳粛にこう言える。神の怒りには、誰も疑う余地がない

神の怒りは、純粋で混じり物のない怒りであり、その他の意図や目的は無い。神の怒りの理由は純粋であり、一点の非も無く、非難する余地が無い。神の怒りは、いかなる創造物にも存在しない、神の聖なる本質の自然な明示である。これは神固有の義なる性質であり、創造主の本質と、創造物の本質との顕著な相違点である。

人間が他人の前で怒るか、あるいは陰で怒るかを問わず、人間には皆様々な意図と目的がある。このような人間達は、自分自身の信望を構築している場合や、自らの利益を守ろうとしている場合、自分の外聞や面目を保とうとしている場合などがあるであろう。自分の怒りをある程度抑えるよう努める者も居れば、全く抑えようとする様子が無く、好きなときに心ゆくまで怒りを露わにする者も居る。つまり、人間の怒りは、自分自身の腐敗した性質から生まれている。その目的が何であれ、怒りは人間の肉欲や本性に関連するものであって、正義や不正義とは無関係である。なぜなら、人間の本性や本質には、真理に相当するものが皆無だからである。したがって、腐敗した人間の感情と、神の怒りとは、同じ次元で議論してはならない。サタンにより腐敗させられた人間の行動は、例外なく腐敗を保護する願望から始まり、腐敗を基礎としている。したがって、人間の怒りと神の怒りは、理論上どれほどの妥当性があるように思われようと、同じ次元で議論すべきではない。神が怒りを示す時、邪悪な力が阻止され、邪悪な物事が破壊される一方、正義であり、肯定的な物事は、神の慈しみと保護を与えられ、存続が可能となる。神が怒りを伝えるのは、不正義で邪悪な物事が、正義で肯定的な物事の通常の活動と発達を妨害し、破壊するからである。神の怒りの目的は、神自身の地位や身分を守るためではなく、正義であり、肯定的であり、善良で美しい物事、そして人間の普通の存在における律法と秩序を守るためである。これが神の怒りの根底にある原因である。神の怒りは極めて適切であり、自然であり、神の性情の真の明示である。神の怒りの根底には、意図や虚偽、策略が無く、また腐敗した人間に共通する、欲望も狡猾さも悪意も暴力も邪悪も全く存在しない。神が怒りを伝える前に、神は既にあらゆる物事の本質を極めて明瞭かつ完全に把握しており、また正確かつ明瞭な定義と結論を導き出している。故に、神のあらゆる業の目的は、神の姿勢と同様、極めて明確である。神の心に混乱は無く、神は盲目でもなく、衝動的でもなく、軽率でも無く、そしてなによりも無原則ではない。これが神の怒りの実践的側面であり、この側面のため、人間は普通の存在を続けることができるのである。神の怒りが無ければ、人間は異常な生活条件へと陥るであろう。正義であり、美しく善良な物事が破壊され、消滅するであろう。神の怒りなくしては、創造を司る律法と秩序が破壊され、完全に転覆さえするであろう。人間が造られて以来、神は義の性質により人間の正常な生活を継続的に守っている。神の義なる性質に怒りと威厳が含まれているため、邪悪な人間や物事、人間の普通の生活を阻害し損なうあらゆる物事が、神の怒りによる罰を受け、制限され、破壊される。過去数千年にわたり、神は義なる性質により、神に反抗し、サタンの僕や手先となったあらゆる不浄な悪霊を、人間を経営する業の中で継続的に倒し、破壊して来た。したがって、人間に対する神の救いの働きは、常に神の計画に従って進行してきた。つまり、神の怒りの存在のおかげで、人間の中で最も義なる運動は、かつて破壊されたことが無い。

『言葉は肉において現れる』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 3」抜粋125

結婚:第4の節目 ある者が成長して成熟すると、自分の両親や自分が生まれ育った環境から離れて行き、自分の両親とは異なる、自分の人生の方向性と人生の目標を追究するようになる。この時、その者は両親を必要としないが、一緒に生活出来る者、すなわちその者の運命が密接な関連性を持つ、配偶者を必…

日々の神の御言葉「神を知ることこそ、神を畏れ悪を避ける道である」抜粋3

神の言葉を日々読み、場合によっては代表的な言葉を、最も貴重な財産として注意深く覚えようとしたり、その上随所で神の言葉を説教して言葉という手段で他者に備えを与え、援助することさえする人々が大勢居る。この種の人々は、こうした行動が神や神の言葉に対して証しすることであり、神の道に従うも…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 1」抜粋89

創造主の権威のもとでは、万物が完璧である鳥や魚、木や花、神により造られた物は、移動する物と移動しない物を含め、第六の日に造った家畜や昆虫や、野生動物を含め、すべて神にとって良いものであり、また神から見て、神の計画によれば完璧に達しており、神が望む基準を満たしていた。創造主は、自身…

日々の神の御言葉「唯一無二の神自身 6」抜粋156

サタンは科学という名のもとに、人間の好奇心や、科学を探究し、神秘を調査する欲望を満たします。またサタンは、科学の名のもとに、人間の物質的必要性と、生活の質を継続的に向上させる要求を満たします。したがって、サタンは科学という名のもとに、科学を手段として用いて人間を堕落させるのです。…