日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 194

人間は、自らに欠落しているものが霊的いのちの供与と神を知る経験だけでなく、それ以上に重要な事として、自らの性質の変化であることを現在になってようやく認識した。人類の歴史や古代の文化について完全に無知であるために、人間は神の働きについても認識がない。人間は皆、心の奥深くで神を慕いうることを望む。しかし、人間の肉は過度に堕落しており、また無感覚で愚鈍なため、そのせいで神について何も認識できずにいる。今日、神が人間の元に来る目的は、人間の思想や精神、そして人間が心の中に数百万年にわたり抱いてきた神の像を変化させるために他ならない。神はこの機会を利用して、人間を完全にする。つまり、神についての人間の認識を用いて、神を知るようになる方法と神への態度を変化させ、神を知ることで人間に輝かしい再出発を図らせ、人間の心と霊が一新され、変化されるようにする。取り扱いと鍛錬は手段であり、目的は征服と革新である。漠然とした神について人間が抱いてきた迷信的思想を払拭することが神の永遠の心意であり、それは最近になって神の喫緊の課題となった。この状況を考えるにあたり、あらゆる人が長期的な視点をもつことが望まれる。この神の喫緊した心意が早急に実現し、地上における神の働きの最終段階があますところなく完成するように、各人は経験の方法を変えなければならない。あなたがたが示すべき忠義を神に示し、最後にもう一度神の心に安らぎをもたらしなさい。この責任を回避したり、その身振りだけをしたりする兄弟姉妹が誰もいないことを願う。今回、神が受肉して来るのは、招かれてのことであり、人間の状態に的確に答えてのことである。つまり、神は人間が必要とするものを人間に授けるために来るのである。神は要するに、素質や育ちを問わず、人間が神の言葉を理解できるようにし、神の言葉から神の存在と顕現を理解し、神による人間の完全化を受け入れられるようにする。それにより、人間の思想と観念が変化し、神の本来の素顔が人間の心に深く根付くようになる。神の地上における望みはこれだけである。人間の持って生まれた本性がどれほど偉大であろうと、人間の本質がどれほど貧しかろうと、人間の過去におけるふるまいがどのようなものであろうと、神はそうした事を考慮しない。神はただ、人間が自らの心に抱く神の印象を一新し、人類の本質を知るようになり、よって人間の思想的な観点を変化させ、神を心から待ち望むことができるようになり、神に永遠の愛慕を寄せることを願っているだけである。これが神の人間への唯一の要求である。

『言葉は肉において現れる』より引用

神が地上で願う唯一のこと

今、神が肉として来るのは招きによるもの、人の状態を考えて必要なものを与えるため。

神が来るのは人がどんな素質、教養であっても神の言葉を見て、神の存在と現れを見るためで、言葉で神が与える完全さを受け入れるためだ。神が望むのは人がその思想と観念を変えること、そうすれば神の本当の顔が人の心に植えつけられるだろう。これが神が地上で願う唯一のこと。

人の本性がいかに偉大でも、本質が貧しくても、神は目を留めない。人の過去の行いがどうであれ、心にある神の姿を変えることを神は望んでいる。神が望むのは人がその思想と観念を変えること、そうすれば神の本当の顔が人の心に植えつけられるだろう。これが神が地上で願う唯一のこと。

神は人が人の本質を知り、見解を変えることを望む。人が神を深く慕い、永遠の愛情を抱くことを望む。これは神が人に求める全て。神が望むのは人がその思想と観念を変えること、そうすれば神の本当の顔が人の心に植えつけられるだろう。これが神が地上で願う唯一のこと。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「あなたは全人類がこれまでどのように発展してきたかを知らねばならない」抜粋148

聖霊の働きは常に自発的になされている。聖霊が自身の働きを計画するときはいつでも、聖霊がそれを実行する。聖霊の働きは現実的なものであり、常に新しく、決して古くなく、そして常に最も新鮮だとわたしが述べるのは、なぜだろうか。神の働きは世界が創造されたときにすでに計画されていた訳で…

日々の神の御言葉「神を知らない人はすべて神に反対する人である」抜粋294

神の働きの目的を理解しない者は誰でも神に敵対する人々であり、神の働きの目的が分かっているのに神を満足させようとしない人々はなおさら敵対する。荘厳な教会で聖書を読む者たちは毎日聖書を暗唱するが、一人として神の働きの目的を理解しない。一人として神を知ることができない。さらに、一人とし…

日々の神の御言葉「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」抜粋301

人の性質が堕落するのは、サタンによってむしばまれ、踏みにじられ、サタンが人の考え方、倫理観、見識、理知にひどい被害を与えることを根源としている。まさに人のこうした根本的事柄がサタンによって堕落させられ、神がもともと造ったものとは完全に違ってしまったため、人は神に反対し、真理を…

日々の神の御言葉「受肉の意義に関する第二の側面」抜粋253

神がなすことはすべて実践的で、空虚なものはなく、そのすべてを自ら経験する。神は人類の終着点と引き換えに、苦痛を体験するという代価を払う。これは実践的な働きではないか。親が子のために真剣な代償を払うのは誠実さを表す。受肉した神は当然、そうすることで人類に最も誠実で信実である。神の本…