キリストが永遠に真理であることを認める

以前、主を信じたとき、私は真理の現実を知らず

真の指導者、偽の指導者、反キリストを区別できなかった

聖書の理論を解き明かせる者なら誰でも敬い、崇め、ついて行った

教会のために働き、大変苦労する者は誰でも良き指導者だと思った

その人たちについて行けば天国に入れるという甘い考えだった


裁きを経験して初めて、自分の考えの愚かさ、ばからしさを知った

人を真理ではなく常に観念と想像で判断していたのだ

指導者の言うことは何でもし、それで神に従っていると思った

地位と権力を崇めていた。心に神の居場所はまったくなく

今日初めて、自分の信仰の見当違いなあり方に気づく


今日私は、神を信じる上で真理といのちを得ることの難しさを実感する

神の裁きを経験し、真理を実践して初めて、真に神を知ることができる

神を知らなければ、いかに良い行いでも偽善でしかない

いかに良い観念や想像でも、それらは誤謬であり真理とは相容れない

神の言葉のみが真理であり、人を清め、救うことができる


神を信じるとき、私たちはキリストが真理であると信じるべきであり、人につき従ってはならない

真理を理解し、神を知るとき、異なる種類の人を自ずと判別できる

神を信じるとき、神の言葉の真理のみに従い、人には用心せねばならない

真理がなく、判別する力がなければ、惑わされ、我が身に滅びをもたらすことになる

キリストが永遠に真理であると認めて初めて、最後まで忠実につき従える

前へ: 悔い改め

次へ: 私の心の奥の痛み

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

神の働きは言葉を通して成し遂げられる

あなたがしばらく経験を積み 神の業とその各段階について知り 神の言葉が何を実現させ なぜ多くは果たされずにいるのかを知るなら また明確なビジョンを持ち これらすべてによく精通していたら 心配も不安もなく大胆に前進できる 神の働きの多くはどう成し遂げられるのか? それは神の言葉に…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう者…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索