キリストの裁きを経験する証し

キリストの裁きの座の前における経験の証し

大きな白い御座の前における終わりの日の裁きが始まった。全能神、すなわち終わりの日のキリストは真理を表し、人類を裁いて清める働きを行なってきた。神の言葉の暴きと裁きにより、神の選民は自分たちのサタン的堕落という事実に段々と気づき、サタンの権勢から逃れて救いを得る道を探し、自身のいのちの性質の変化を徐々に見つつある。こうした実際の経験は、全能神による裁きの働きが人類を徹底的に清めて救う働きであることを証ししている。