創造主だけがこの人類にあわれみを持つ


創造主だけが

とめどない愛とあわれみの絆を人と分かち合う

創造主だけが

創造主だけが全ての創造物を慈しむ

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために


神は心の奥底で人の行いの全てを感じる

人の背きは神の義憤と悲しみを呼び覚ます

悔い改める者は神の赦しを得て

神を喜ばせる

神は常に駆け巡り

いつどこにでも存在する

いつもいつも人のため

神は全ての感情と命の全ての瞬間を捧げる

そして神は無言のまま

命の全てを犠牲にする

すべて人のために


神は自分の命を不憫に思うことはなく

人を慈しむ

創造主はその手で人という奇跡を形造った

あわれみと寛大さを無条件に授ける

報われるかなど考えもせず

人が神に見守られて生き続けることができるように

そして彼らはいつの日か服従し

神こそが人を養う者であると認めるのだ

神こそがその者であると⋯

神は創造物の命を満たす

すべての創造物の命を

すべての創造物の命を

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために

すべて人のために

『言葉は肉において現れる』より

前へ: 神の本質は本当に存在する

次へ: 人への神のあわれみ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索