創造主だけがこの人類にあわれみを持つ

創造主だけが

とめどない愛とあわれみの絆を人と分かち合う

創造主だけが

創造主だけが全ての創造物を慈しむ

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために

神は心の奥底で人の行いの全てを感じる

人の背きは神の義憤と悲しみを呼び覚ます

悔い改める者は神の赦しを得て

神を喜ばせる

神は常に駆け巡り

いつどこにでも存在する

いつもいつも人のため

神は全ての感情と命の全ての瞬間を捧げる

そして神は無言のまま

命の全てを犠牲にする

すべて人のために

神は自分の命を不憫に思うことはなく

人を慈しむ

創造主はその手で人という奇跡を形造った

あわれみと寛大さを無条件に授ける

報われるかなど考えもせず

人が神に見守られて生き続けることができるように

そして彼らはいつの日か服従し

神こそが人を養う者であると認めるのだ

神こそがその者であると⋯

神は創造物の命を満たす

すべての創造物の命を

すべての創造物の命を

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために

すべて人のために

『言葉は肉において現れる』より

前へ: 神の本質は本当に存在する

次へ: 人への神のあわれみ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索