創造主だけがこの人類にあわれみを持つ


創造主だけが

とめどない愛とあわれみの絆を人と分かち合う

創造主だけが

創造主だけが全ての創造物を慈しむ

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために


神は心の奥底で人の行いの全てを感じる

人の背きは神の義憤と悲しみを呼び覚ます

悔い改める者は神の赦しを得て

神を喜ばせる

神は常に駆け巡り

いつどこにでも存在する

いつもいつも人のため

神は全ての感情と命の全ての瞬間を捧げる

そして神は無言のまま

命の全てを犠牲にする

すべて人のために


神は自分の命を不憫に思うことはなく

人を慈しむ

創造主はその手で人という奇跡を形造った

あわれみと寛大さを無条件に授ける

報われるかなど考えもせず

人が神に見守られて生き続けることができるように

そして彼らはいつの日か服従し

神こそが人を養う者であると認めるのだ

神こそがその者であると⋯

神は創造物の命を満たす

すべての創造物の命を

すべての創造物の命を

神のひとつひとつの思いは

いつもいつも人のため

神の喜怒哀楽は人の生存と絡み合う

神の存在と性質の表れは人のため

すべて人のために

すべて人のために

『言葉は肉において現れる』より

前へ: 神のメッセージ

次へ: 神の本質は本当に存在する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉とな…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索