神は侵害を容赦しない

神の義なる性質を理解するため、人間は最初に神の感情、神が嫌い、憎む物事や好む物事を理解する必要がある。人間は、神が寛容に扱う人々、慈悲深く扱う人々、そうした慈しみを受けるのがどのような種類の人間であるかを知る必要がある。これが、知っておくべき要点のひとつである。さらに、神が如何に愛に満ちていたとしても、人間に対する神の慈悲と愛が如何に深かったとしても、神の地位や身分、威厳を害する者に対しては容赦しないということを理解する必要がある。神は人間を愛しているが、人間を甘やかすことは無い。神は人間に愛情と慈しみを与え、人間を寛容に扱うが、人間に迎合することは一切無い。神には、神の原則と限界がある。

あなたがどれほど神からの愛を感じていたとしても、その愛がどれほど深かったとしても、他の人間のように神と接してはならない。神は人間を神に親しい存在として扱うことは本当であるが、人間が神を他の人間として、あるいは友人や崇拝対象など、他の創造物であるかのようにみなした場合、神はそうした人間の前から姿を消し、そうした人間を見捨てる。これが神の性質であり、神は、こうした事柄に対する注意を怠って神に接する人間を容赦しない。神は人間を愛しているが、人間を甘やかすことは無い。神は人間に愛情と慈しみを与え、人間を寛容に扱うが、人間に迎合することは一切無い。神には、神の原則と限界がある。

この神の性質は、神の言葉でしばしば述べられている。あなたが神のためにどれほど多くの道を歩み、どれほど働き、どれほど堪え忍んできたとしても、あなたが神の性質を害すると、神はあなたに対し、あなたがしたことに応じて報いを与える。人間が神を害した場合、それは1回の行動あるいはひと言の発言が原因であるとは限らず、むしろその人間の態度や状態が原因である。これは極めて恐るべきことである。したがって、神が人間をどのように取り扱うか、人間のことをどのように思うかを問わず、神の身分、権威、地位は決して変わらないということを忘れてはならない。人間にとって、神は常に万物の主であり、創造主であるのだ。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 7」より編集

前へ: 神の性質に背かない方法

次へ: 神が行うすべてのことは義である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索