神は人の世の不義を正す

神は玉座を移す、玉座を地上に移す。

神は自らの両手で働きを行い、

サタンが神の民を傷つけたり、

敵が意のままにするのを許さない。

神は地上の王となる。

神は敵を地面に倒す。

敵は神の前で悪事を告白する。

悲しみと怒りで、神は宇宙を踏みつけ、

すべての敵の心を恐怖に落とし入れる。

神は地上の王となる。

神は全地を荒れ果てさせ、

もはや敵が人間を堕落させないように、

敵を荒廃させる。

神は世の不義を正す。

神は地上の王となる。

神の計画はすでに決まり、

誰も変えることはできない、誰であろうと。

神が宇宙の上を堂々と歩き回ると、

すべての人間が新たにされ、すべてがよみがえる。

神は地上の王となる。

人がもう嘆かなくなり、もはや神の助けを叫び求めない時、神の心は喜ぶ

人びとは戻ってきて神を褒め、

全宇宙が歓喜でわき立つ。

神は地上の王となる。

神は成し遂げるべき働きを今なしている。

神は人の間を動き回って、計画にある全ての働きをする。

人は神の意志にのみ従いさまざまな国を分裂させている。

神は世の不義を正す。

神は地上の王となる。

人間は自分の終着点に注目する。

その日が迫り、天使のラッパが鳴り響いているから。

遅れることはなく、すべての被造物は

そのとき歓喜して踊りだす。

神は地上の王となる。

誰が意のままに神の日を延ばせるのか?

どんな人間、天使、天の星にもそれはできない。

神がイスラエルの民を救うため声を発すれば、

神の日が全人類の上に迫る。

神は地上の王となる。

人類はイスラエルの再建を恐れる。

それが神の栄光の日、そして

すべてが変えられ生まれ変わる日。

神は世の不義を正す。

神は地上の王となる。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十七章」より編集

前へ: 人間は自分の運命を左右できるか

次へ: 神は人間の苦難を経験する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索