神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人が神を知ることができないようにするのは、どの勢力だろうか?

なぜ彼らは神を寄せつけず、決して神の意志に従わないのだろうか?

なぜ彼らは神の背後で神に抵抗することを選ぶのだろうか?

これが彼らの忠誠なのか?これが彼らの神への愛なのか?


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


なぜ人は決して悔い改め、生まれ変わることができないのか?

なぜ彼らは泥のない所ではなく、泥沼に住むことを望むのか?

神が人々を不当に扱ったことがあるか?彼らに間違った道を示したか?

神が彼らをまっすぐ地獄へ連れて行くことなどあろうか?


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人々は「地獄」の方を好む。光が来る時、彼らの目は盲目になる。

なぜなら、人が持つものは全て地獄から来るからだ。しかし、人々はそのことを知らない。

彼らは「地獄の祝福」を楽しみ、胸に抱きしめる。

彼らは、神がそれらのもの、すなわち「存在の拠り所」を取り去ることを恐れている。


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人々は神を恐れるので、

神が地に来る時、

彼らは神に近づこうとしない。

彼らは自身に困難をもたらすことを嫌い、

平和な家族生活を愛し、

この世の「幸せ」を楽しむ。


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十七章」より編集

前へ: 罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

次へ: 神の言葉を実践しない人は取り除かれるだろう

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなかっ…

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索