神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人が神を知ることができないようにするのは、どの勢力だろうか?

なぜ彼らは神を寄せつけず、決して神の意志に従わないのだろうか?

なぜ彼らは神の背後で神に抵抗することを選ぶのだろうか?

これが彼らの忠誠なのか?これが彼らの神への愛なのか?


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


なぜ人は決して悔い改め、生まれ変わることができないのか?

なぜ彼らは泥のない所ではなく、泥沼に住むことを望むのか?

神が人々を不当に扱ったことがあるか?彼らに間違った道を示したか?

神が彼らをまっすぐ地獄へ連れて行くことなどあろうか?


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人々は「地獄」の方を好む。光が来る時、彼らの目は盲目になる。

なぜなら、人が持つものは全て地獄から来るからだ。しかし、人々はそのことを知らない。

彼らは「地獄の祝福」を楽しみ、胸に抱きしめる。

彼らは、神がそれらのもの、すなわち「存在の拠り所」を取り去ることを恐れている。


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ


人々は神を恐れるので、

神が地に来る時、

彼らは神に近づこうとしない。

彼らは自身に困難をもたらすことを嫌い、

平和な家族生活を愛し、

この世の「幸せ」を楽しむ。


人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十七章」より編集

前へ: 神が寛容であろうと自分を甘やかしてはならない

次へ: 人間はとても救いがたい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索