神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

人が神を知ることができないようにするのは、どの勢力だろうか?

なぜ彼らは神を寄せつけず、決して神の意志に従わないのだろうか?

なぜ彼らは神の背後で神に抵抗することを選ぶのだろうか?

これが彼らの忠誠なのか?これが彼らの神への愛なのか?

人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

なぜ人は決して悔い改め、生まれ変わることができないのか?

なぜ彼らは泥のない所ではなく、泥沼に住むことを望むのか?

神が人々を不当に扱ったことがあるか?彼らに間違った道を示したか?

神が彼らをまっすぐ地獄へ連れて行くことなどあろうか?

人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

人々は「地獄」の方を好む。光が来る時、彼らの目は盲目になる。

なぜなら、人が持つものは全て地獄から来るからだ。しかし、人々はそのことを知らない。

彼らは「地獄の祝福」を楽しみ、胸に抱きしめる。

彼らは、神がそれらのもの、すなわち「存在の拠り所」を取り去ることを恐れている。

人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

人々は神を恐れるので、

神が地に来る時、

彼らは神に近づこうとしない。

彼らは自身に困難をもたらすことを嫌い、

平和な家族生活を愛し、

この世の「幸せ」を楽しむ。

人間の本性は変わらないままだ。

彼らの心の中にあるものは神の意志に沿わない。

それは神が人から求めるものではない。

神が最も忌み嫌うのは人が頑固に同じ悪を重ねることだ

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第二十七章」より編集

前へ: 神が寛容であろうと自分を甘やかしてはならない

次へ: 人間はとても救いがたい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索