876 神が人の痛みを経験することには深い意義がある

1 受肉した神がこのような形で行なう二段階の働きは完全です。最初の受肉と今回の受肉という二段階の働きによって、人類の一生の苦しみがすべて解消されたのです。では、神が肉となって自らその働きをしなければならないのはなぜですか。人間の生涯を通して経験する出生、死、疾病、老齢の苦痛は、何に由来するのでしょうか。これらの事が人間に発生する原因は何でしょうか。人間が最初に造られた時、こうした苦痛は人間に発生したか、というと、発生しなかったのではないでしょうか。それならば、こうした苦痛は、何に由来するものでしょうか。肉の苦痛や悩み、虚無感、この世における極度の悲惨さなどの物事は、人間の肉が堕落した後に発生しました。

2 サタンが人間を堕落させた後、人間は一層堕落してゆき、人間の病は深刻になり、人間の苦難は一層激しくなり、人間は空虚感や悲劇、この世で生存し続けることが不可能であることを一層感じるようになりました。人間が感じるこの世に対する望みは減り続けました。この苦難はサタンにより人間にもたらされたものであり、サタンにより人間が腐敗させられ、堕落した後になって初めて発生したものです。つまり、こうした苦しみはいまだサタンの支配下にあり、それが人間の致命的な弱さなのです。サタンは今でも自分が堕落させ、踏みにじったこれらの物事を利用することができます。それらは、サタンが人間に対して利用できるものなのです。

3 それゆえ、神は終わりの日に肉となり裁きの働きを行なったのであり、征服の働きをしながら人の代わりに苦しむ必要があるのです。苦しみの代価を払うことにより、受肉した神は人間の致命的な弱点を解消します。神が人の苦しみを味わうことで人を連れ戻すと、サタンはもはや人に対する術がなく、人は完全に神に立ち返ります。そのとき初めて人は完全に神のものになったと見なされます。それゆえ受肉した神はこの世の痛みを経験しているのであり、人の代わりにこの苦しみに耐えるのはかけがえのない、絶対に不可欠なことなのです。

『キリストの言葉の記録』の「神がこの世界の苦しみを経験することの意義」より編集

前へ: 875 神は受肉して人の代わりに苦しむ

次へ: 877 神は大きな屈辱に耐えて人間を救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索