神が人の痛みを経験することには深い意義がある

受肉した神がこのような形で行なう二段階の働きは完全です。最初の受肉と今回の受肉という二段階の働きによって、人類の一生の苦しみがすべて解消されたのです。では、神が肉となって自らその働きをしなければならないのはなぜですか。人間の生涯を通して経験する出生、死、疾病、老齢の苦痛は、何に由来するのでしょうか。これらの事が人間に発生する原因は何でしょうか。人間が最初に造られた時、こうした苦痛は人間に発生したか、というと、発生しなかったのではないでしょうか。それならば、こうした苦痛は、何に由来するものでしょうか。肉の苦痛や悩み、虚無感、この世における極度の悲惨さなどの物事は、人間の肉が堕落した後に発生しました。


サタンが人間を堕落させた後、人間は一層堕落してゆき、人間の病は深刻になり、人間の苦難は一層激しくなり、人間は空虚感や悲劇、この世で生存し続けることが不可能であることを一層感じるようになりました。人間が感じるこの世に対する望みは減り続けました。この苦難はサタンにより人間にもたらされたものであり、サタンにより人間が腐敗させられ、堕落した後になって初めて発生したものです。つまり、こうした苦しみはいまだサタンの支配下にあり、それが人間の致命的な弱さなのです。サタンは今でも自分が堕落させ、踏みにじったこれらの物事を利用することができます。それらは、サタンが人間に対して利用できるものなのです。


それゆえ、神は終わりの日に肉となり裁きの働きを行なったのであり、征服の働きをしながら人の代わりに苦しむ必要があるのです。苦しみの代価を払うことにより、受肉した神は人間の致命的な弱点を解消します。神が人の苦しみを味わうことで人を連れ戻すと、サタンはもはや人に対する術がなく、人は完全に神に立ち返ります。そのとき初めて人は完全に神のものになったと見なされます。それゆえ受肉した神はこの世の痛みを経験しているのであり、人の代わりにこの苦しみに耐えるのはかけがえのない、絶対に不可欠なことなのです。


『キリストの言葉の記録』の「神がこの世界の苦しみを経験することの意義」より編集

前へ: 神は受肉して人の代わりに苦しむ

次へ: 神は大きな屈辱に耐えて人間を救う

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索